布団を叩くのは逆効果!?ダニ取りに最適な方法とは?

実は、布団を叩くのはよくないんです。

布団に残ったダニとかとるために、布団を叩くことってありますよね。

でも、実は、布団を叩くのってよくないんです。というか、むしろ逆効果なんだそう。

わざわざ、エネルギー使って布団叩いてるのに、布団をさらに悪い状態にしてるってショックですよね。

ダニを取る上で大事なのは、ダニの生態を知ることです。

今回は、

布団を叩くのがよくない理由
布団のダニの除去方法

についてお伝えします。


布団を叩くのが逆効果な理由



なぜ、布団を叩くのがよくないかというと、

布団を叩くと、ダニが分解して、布団の中に残ってしまうためです。

また、布団を叩くと、表面のほこりは取れるものの、布団の中のダニの死骸やフンなどは、表面に浮き出てきます。



しかも、生きてるダニはびっくりして、布団の奥に逃げるんだそうです。



そのため、布団を叩くとアレルギーやハウスダストが、余計に悪化することも起こりかねないんですね。

また、叩くことで布団自体が劣化してしまうという点もあります。

そうすると、布団のクッション性や、保熱、断熱性能も落ちる原因ともなります。

え?それなら、布団叩く意味なくない?

ダニ粉砕されるし、布団劣化するし、いいことなくないじゃん!って思いますよね。



そうなんです。布団を叩くのってほぼデメリットしかないんですね。表面のほこりがとれるかな、くらいですね。

近所迷惑にもなりますし。



それなら、布団の中のダニを取るにはどうすればいいのでしょうか?

続いては効果的に布団のダニを取る方法について見ていきたいと思います。


布団のダニを取る方法

ダニは掃除機をつかって、ズゴォォォ〜と吸えば、たくさんとれる気がしますよね。

あんな、ちっちゃいやつ、掃除機の吸引力で十分!そう思ってる方も多いかと思います。

確かに、ダニの死骸やフンは掃除機でも吸うことはできます。

ですが、生きてるダニというのは、掃除機では吸いきれないんです。

なんでかっていうと、掃除機に吸われそうになると、ダニは布団の繊維にしがみつくからです 。

ダニってなにげに粘り強いやつなんです。

でも、掃除機に吸われないように、しがみついてるのを想像するとちょっと可愛く思えてきました 笑

いやいや、ダニは健康を害するものだから、そんなことも言ってられません。

ちなみに、掃除機によるダニの除去率の調査結果では、表面のダニは40〜80%程度除去できたものの、内部のダニは0.01〜0.06%しか除去できなかったそうです。

内部のダニは驚くほど取れてないんです。
みんな、しがみついてるからですね。
0.01〜0.06%って!
めっちや、少な!

というかほぼ取れてないですね 笑

しかも、ダニって暗いとこが好きなんで、布団の中の方がダニが多いんですね。内部のダニの数は表面の1000倍なんだとか。

数がやばいですね。

なんで、布団の表面より中のダニを、とる方が大事なんですね。

では、どうすればダニは取ることができるんでしょうか?

それには、ダニの生態を知ることが重要です。


ダニの生態を知れば除去方法が分かる!



実は、ダニってなかなか強力で生命力が強いんです。

その、強さがどれくらいかというと、

洗濯機で回しても生きてます
真空にして空気ない状態でも生きてます
冷凍しても生きてます
紫外線当てても生きてます
乾燥させても、湿度上がると復活します

こんな、強いやつなら倒すの無理じゃね?

と思いますが、大丈夫です。

ダニには弱点があります。

それは、高温です。
ダニは熱に弱いんです。

ダニは50〜60度になると死滅するんですね。

なんで、布団の温度を上げてやればいいんです。

そして、その後掃除機で吸います。
死んでしまったダニはしがみつくこともないので、掃除機で吸うことが可能です。

つまり、ダニをとる手順をまとめると

1.高温(50〜60度)で死滅させる
2.掃除機で吸引する

となります。

この根拠は、

・ダニの死骸やフンは掃除機で吸い取れる
・生きてるダニは、布団にしがみつくので取れない
・ダニは高温に弱い

ということから導き出されています。

そのため、

高温→掃除機

という順番が重要だと言えますね。

まずは、ダニを倒してから、掃除機で吸うことで、効果的にダニ取りが可能ということです。

では、ダニを高温で退治するにはどうすればいいのでしょうか?

そこで役立つのが布団乾燥機です。

わざわざ、布団乾燥機を使わなくても天日干しでもいいのでは?と思うかもしれません。

ですが、天日干しだと布団の内部までを高温にすることはできないんです。その結果、ダニは布団の内部へ逃げ込んでしまうんですね。

なので、布団内部まで温風が行き渡る布団乾燥機が必要となります。

布団乾燥機でダニを死滅させてから、
掃除機で吸う。

この手順が重要です。

それでは、まとめです。


まとめ



布団は叩くと逆効果。叩いてもダニは取れない。
叩くと、逆にダニの死骸や糞が表面に出てくる。また、生きてるダニは驚いて、布団の中に逃げてしまう。

生きてるダニは掃除機では吸えない。
なぜなら、ダニは掃除機で吸われそうになると、布団にしがみついて抵抗するから。

ダニは生命力が強いが高温に弱い。
そのため、熱を加えることでダニを死滅させることができる。

布団乾燥機はダニ退治に効果的。
その後、掃除機で吸うことで、布団のダニを除去することができる。

高温→吸引の手順が重要。


シェアする

フォローする

関連記事

嵐の二宮和也主演!!ブラックペアンついに、放送開始!

嵐の二宮さん主演のドラマ、ブラックペアンがついに放送開始されました! 実は、そのブラックペアンというタイトルには隠された秘密があるのだとか・・・!?

詳細はこちら!

<閲覧回数12000回以上!!>

ブラックペアンに隠された意味とは・・・!?

<ご訪問いただいた読者の方へ>



当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。 管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか? あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。

  最後に、記事を読んでくださったお礼として、 僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。

  以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識 となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。

 

<僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!>

 

1位 記憶力を鬼上げる方法

<閲覧回数2000回以上>

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。  

2位 1日の時間を増やす方法

<閲覧回数1000回以上>

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

<閲覧回数700回以上>

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。