旅行中なのに眠い!寝不足になりがちな旅先で快適な睡眠を手に入れる方法!

シェアする



旅行中の睡眠は普段と違う環境から、ついつい寝不足になりがちですよね。ベッドや掛け布団、枕が普段とは違い、なんだかしっくりこない。普段とは違う同室者との睡眠が気になる。昼間の非日常的な体験にテンションが上ってなかなか寝付けない。せっかく次の日も楽しいイベントがあるのに、夜に寝付けず、寝不足になってしまうのは、本当に辛いですよね。



旅先でもぐっすり睡眠を取り、翌日をスッキリ迎えるためには、睡眠前にしっかり眠るための体つくりをしておくことが大切です。体をきちんとした手順で睡眠モードに持っていくことができれば、環境に左右されずに、ぐっすり睡眠をとれるようになります。



今回は、


  • ぐっすり睡眠を取るためのカラダづくり
  • 旅先でも簡単にできる睡眠環境づくり
  • 注意しておきたい行動


についてお伝えします。



スポンサーリンク




良い睡眠を取るために必要なカダラの準備とは




寝るために必要なカラダの準備にはどのようなものがあるのでしょうか。人のカラダは外からの刺激だけでなく、気持ちの変化に対しても、様々な反応を示します。快適な睡眠を実現するためには、カラダにかかる負荷をなくすだけでなく、心と身体の両方をリラックスさせることが大切になります。


寝る前の良い入浴が良い睡眠を作る!?

睡眠前には、良い入浴を行うことが効果的です。とくにぬるめの湯船につかり、体温をコントロールすることで、良い眠りに繋がります。人の体は、身体の内部の温度が下がると自然と眠くなるようにできています。旅先でもお風呂にしっかりと浸かり、まずはカラダを温め、その後に落ち着いてベッドに入ることで、自然にカラダ内部の体温を下げることで、眠りやすいカラダをつくることができます。



また、ぬるめのお風呂に浸かることは心のリラックス効果もあります。お風呂に入る事で副交感神経が優位に働き、旅先で無意識に作られていた緊張をほぐすことができます。


眠れる環境を整えるために揃えておきたいもの

旅先でぐっすり眠るためには、自身のカラダだけでなく、寝るための環境を整えておくことも大切になります。旅先ではいつもと異なる環境に無意識的に心とカラダが反応してしまいます。ぐっすり寝るために、いつもの睡眠に使っているアイテムを旅行先にも持ち込み、睡眠環境を普段の環境に近づけましょう。



特に寝巻きや枕などカラダに密着するものを中心に普段の環境に近づけるのが効果的です。普段から香りのついたグッズを使っている人は同じ香りのするものを持ち込むのもオススメです。




旅行中についつい取ってしまう睡眠を妨げる行動

カラダや環境を整え、いざベッドに入ったときに注意をしておきたい行動があります。それは、ベッドの上でスマートフォンやパソコンなどを使うことです。液晶画面から出ているブルーライトと呼ばれる光は、睡眠に必要なホルモンと言われている「メラトニン」を減少させてしまいます。



旅先ではついつい眠る前に旅行中の様子をSNSに挙げてみたり、翌日の予定を再確認してみたり、とパソコンやスマホを使ってしまいがちです。メラトニンを減少させないためにも寝る1時間前からはブルーライトの発する液晶画面の視聴は控えるようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかりお風呂に入り、カラダを睡眠モードにする、睡眠環境を普段の環境に近づけて、無意識の警戒を解除する、このような旅先でもぐっすり眠るためのポイントを知っていれば、旅行中の睡眠で寝不足にならず、翌日のスケジュールに影響することなく、旅行をエンジョイすることができます。



スポンサーリンク

ご訪問いただいた読者の方へ


当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。

管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。



最後に、記事を読んでくださったお礼として、

僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で

まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。



以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識

となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。


僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!


1位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。

2位 1日の時間を増やす方法

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 記憶力を鬼上げる方法

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。

X位 番外編

ランキングに入らなかったけど、スーパー大事な知識が学べる記事を集めました






抽象具体思考プロジェクトついに始動!!


元慶応生・起業家(社長)から学んだ抽象具体思考を8日間で学べるコンテンツ作りました!(合計7000文字越え!)やばすぎて正直、教えたくないけど無料で公開します!


僕がこれまで学んだ中で最もえげつないと思った知識があります。

それが抽象具体思考です。

  

これはあらゆる情報を統括および統合できる知識です。

この知識を得るメリットは計り知れません。現在僕の根源を

支えてる超重要レベルの知識です。それを無料で公開しようと思います。
  

なお、この情報は応用が効く範囲が情報全てに
及ぶ知識です。

今後、予告なく非公開にする可能性もあります。

その点に関しましてはご了承ください。




抽象具体思考を身に着けることによって得られるメリットは、

・思考力が上がり頭がよくなる

・情報を多角的に俯瞰して捉えられる

・情報を相互に関連させられ理解力があがる

・理解力が上がることにより記憶力があがる

・論理的なスピーチが出来るようになる

などがあります。



簡単に言うと頭がよくなります。

そんな、抽象具体思考が8日間で学べるコンテンツを作成

しました。



詳細はこちら↓

抽象具体思考習得プロジェクト

これはやばい!僕がおすすめする超便利ツール


クレカはまじで最強のツール!知識があればリボ払いも怖くない!

僕はクレカめっちゃ恐ろしいカードだと思ってました。その理由はリボ払いという謎のシステム。でも、これ知識ないだけでした。実際使ってみたらクレカは超便利ツールで、リボ払いも怖くなかったです。

むしろクレカはもってないと損してることに気が付きました。知識ってやっぱり大事。知ってるか知らないかそれだけでも人生は変わりますよ。持ってない人はぜひ!


僕の実体験をもとにクレカについて紹介した記事がこちら↓

リボ払いが怖いならリボ払いにしなきゃいいだけだ!クレカはまじで最強のツールだ!