8時間睡眠で眠い!理想の睡眠時間説はウソなの?

8時間も睡眠をとっているのに眠いと、どうしていいかわからなくなりますよね。眠いならもっと睡眠時間を増やさないとだめなの?と考えてしまうかもしれません。しかし、8時間睡眠で眠い場合、時間とは別の原因が考えられます。

実はぐっすりと寝るためには、

睡眠時間の長さとは別にあるものが大事なんです。

今回は、

  • 8時間睡眠で眠い理由
  • 8時間が理想の睡眠時間説はウソなの?
についてお伝えします。

スポンサーリンク


8時間睡眠で眠い理由

8時間睡眠で眠い理由は、

睡眠の質が低いからです。



スッキリした睡眠に欠かせないものが2つあります。



それは、睡眠時間睡眠の質です。



例え睡眠時間が十分だとしても、眠りの質が悪いと、翌日に眠気が残ってしまうんですね。



睡眠においては、時間も大事ですが質も大事なんです。



睡眠の質を下げる要因は色々あります。
例えば、ストレスや寝る前の習慣です。



悩みなどがあり強いストレスを感じていると、リラックスできず、眠りが浅くなってしまいます。

また、寝る前にスマホなどを見ることも脳を覚醒状態にさせてしまい、眠りの質が悪くなってしまいます。



このように、8時間も寝てるのに眠いかたは睡眠の質を下げることを止めることが重要です。

そして、睡眠の質が上がれば眠りも深くなり朝に眠気を感じることもなくなります。



では、睡眠の質を高める方法にはどのようなものがあるのでしょうか?



続いては、睡眠の質を高める方法を紹介していきます。


睡眠の質を高める方法とは?

睡眠の質を高める方法もいろいろありますがここでは代表的ものを紹介します。

寝る前にスマホ、テレビを見ない

光というのは、寝る前に見ると眠りの質を下げます。人は明るくなったら起き、暗くなったら寝ます。当たり前のことですが、光が溢れている現代では、意識して暗い環境を作ることが大切です。

少なくとも寝る30分〜1時間前にスマホやテレビを見るのは避けた方がいいです。

寝る前は豆球にして部屋で過ごしたり、ベランダからで夜風に当たるのもいい方法です。

寝る1時間前にお風呂に入る

お風呂は睡眠の質を上げます。その理由は、体温を、下げるからです。お風呂は一時的に体温が上げ、その後、体温をより下げる効果があります。人は、夜に体温が急激に下がるほど眠りが深くなります。

そのため、体を温めるお風呂は、睡眠の質を上げることにつながります。

睡眠の質を上げる方法にはこれ以外にもあります。

より詳しく知りたいかたはこちら⬇︎

[A url=”http://kuririn007.net/archives/2036″]

8時間睡眠が理想なのはウソなの?

一般的に理想とされる睡眠時間は7〜9時間程度とされます。そのため、8時間が理想の睡眠時間と言われるのはウソではありません。

ただ、理想の睡眠時間は人によって違うため、一概に8時間がベストとは言い切れません。

なので、自分にとって最適な睡眠時間を見つけることが大切です。

こちらの記事の中で理想の睡眠時間の見つけ方を紹介しています⬇︎

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1940″]



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする