Youtube初めました!

↓詳細はこちら

くりりんちゃんねる

布団を叩くのは逆効果!?ダニ取りに最適な方法とは?

実は、布団を叩くのはよくないんです。

布団に残ったダニとかとるために、布団を叩くことってありますよね。

でも、実は、布団を叩くのってよくないんです。というか、むしろ逆効果なんだそう。

わざわざ、エネルギー使って布団叩いてるのに、布団をさらに悪い状態にしてるってショックですよね。

ダニを取る上で大事なのは、ダニの生態を知ることです。

今回は、

布団を叩くのがよくない理由
布団のダニの除去方法

についてお伝えします。


布団を叩くのが逆効果な理由



なぜ、布団を叩くのがよくないかというと、

布団を叩くと、ダニが分解して、布団の中に残ってしまうためです。

また、布団を叩くと、表面のほこりは取れるものの、布団の中のダニの死骸やフンなどは、表面に浮き出てきます。



しかも、生きてるダニはびっくりして、布団の奥に逃げるんだそうです。



そのため、布団を叩くとアレルギーやハウスダストが、余計に悪化することも起こりかねないんですね。

また、叩くことで布団自体が劣化してしまうという点もあります。

そうすると、布団のクッション性や、保熱、断熱性能も落ちる原因ともなります。

え?それなら、布団叩く意味なくない?

ダニ粉砕されるし、布団劣化するし、いいことなくないじゃん!って思いますよね。



そうなんです。布団を叩くのってほぼデメリットしかないんですね。表面のほこりがとれるかな、くらいですね。

近所迷惑にもなりますし。



それなら、布団の中のダニを取るにはどうすればいいのでしょうか?

続いては効果的に布団のダニを取る方法について見ていきたいと思います。


布団のダニを取る方法

ダニは掃除機をつかって、ズゴォォォ〜と吸えば、たくさんとれる気がしますよね。

あんな、ちっちゃいやつ、掃除機の吸引力で十分!そう思ってる方も多いかと思います。

確かに、ダニの死骸やフンは掃除機でも吸うことはできます。

ですが、生きてるダニというのは、掃除機では吸いきれないんです。

なんでかっていうと、掃除機に吸われそうになると、ダニは布団の繊維にしがみつくからです 。

ダニってなにげに粘り強いやつなんです。

でも、掃除機に吸われないように、しがみついてるのを想像するとちょっと可愛く思えてきました 笑

いやいや、ダニは健康を害するものだから、そんなことも言ってられません。

ちなみに、掃除機によるダニの除去率の調査結果では、表面のダニは40〜80%程度除去できたものの、内部のダニは0.01〜0.06%しか除去できなかったそうです。

内部のダニは驚くほど取れてないんです。
みんな、しがみついてるからですね。
0.01〜0.06%って!
めっちや、少な!

というかほぼ取れてないですね 笑

しかも、ダニって暗いとこが好きなんで、布団の中の方がダニが多いんですね。内部のダニの数は表面の1000倍なんだとか。

数がやばいですね。

なんで、布団の表面より中のダニを、とる方が大事なんですね。

では、どうすればダニは取ることができるんでしょうか?

それには、ダニの生態を知ることが重要です。


ダニの生態を知れば除去方法が分かる!



実は、ダニってなかなか強力で生命力が強いんです。

その、強さがどれくらいかというと、

洗濯機で回しても生きてます
真空にして空気ない状態でも生きてます
冷凍しても生きてます
紫外線当てても生きてます
乾燥させても、湿度上がると復活します

こんな、強いやつなら倒すの無理じゃね?

と思いますが、大丈夫です。

ダニには弱点があります。

それは、高温です。
ダニは熱に弱いんです。

ダニは50〜60度になると死滅するんですね。

なんで、布団の温度を上げてやればいいんです。

そして、その後掃除機で吸います。
死んでしまったダニはしがみつくこともないので、掃除機で吸うことが可能です。

つまり、ダニをとる手順をまとめると

1.高温(50〜60度)で死滅させる
2.掃除機で吸引する

となります。

この根拠は、

・ダニの死骸やフンは掃除機で吸い取れる
・生きてるダニは、布団にしがみつくので取れない
・ダニは高温に弱い

ということから導き出されています。

そのため、

高温→掃除機

という順番が重要だと言えますね。

まずは、ダニを倒してから、掃除機で吸うことで、効果的にダニ取りが可能ということです。

では、ダニを高温で退治するにはどうすればいいのでしょうか?

そこで役立つのが布団乾燥機です。

わざわざ、布団乾燥機を使わなくても天日干しでもいいのでは?と思うかもしれません。

ですが、天日干しだと布団の内部までを高温にすることはできないんです。その結果、ダニは布団の内部へ逃げ込んでしまうんですね。

なので、布団内部まで温風が行き渡る布団乾燥機が必要となります。

布団乾燥機でダニを死滅させてから、
掃除機で吸う。

この手順が重要です。

それでは、まとめです。


まとめ



布団は叩くと逆効果。叩いてもダニは取れない。
叩くと、逆にダニの死骸や糞が表面に出てくる。また、生きてるダニは驚いて、布団の中に逃げてしまう。

生きてるダニは掃除機では吸えない。
なぜなら、ダニは掃除機で吸われそうになると、布団にしがみついて抵抗するから。

ダニは生命力が強いが高温に弱い。
そのため、熱を加えることでダニを死滅させることができる。

布団乾燥機はダニ退治に効果的。
その後、掃除機で吸うことで、布団のダニを除去することができる。

高温→吸引の手順が重要。


昔の僕は超ダメ人間でした。

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

[レビュー記事]アマゾンプライムビデオを実際に利用してみた結果・・・・

 

アマゾンプライムとか金もったいない。
登録するやついんの? 笑

と思ってた僕が利用してみました。

[レビュー]Amazonプライムビデオの良さを説明してみる

くりりんのプロフィール





はじめまして、くりりんです。

僕は情報の大切さを知ってから
人生が変わりました。

昔の僕は、バイトの面接に5回落ちる。人見知りのコミュ症。 就活でお祈りメールを大量にもらう。そんな残念な人でした。  

そんな、僕が今では、 富士山の登頂に成功し、ブログを100記事書き、youtubeで動画を20本とり、記事の指導をするまでになりました。  

僕が、変われたのはたった1つ、
「知った」からです。

それまでは、つまらない毎日を過ごし、自分に自信も持てませんでした。 そんな、僕がただ「知った」それだけで大きく変わりました。

  僕についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓ 22年間1%も自分に自信がなかった僕がたった1年で自信を身に着けられた理由~ReBirth~

フォローする