旅行中なのに眠い!寝不足になりがちな旅先で快適な睡眠を手に入れる方法!



旅行中の睡眠は普段と違う環境から、ついつい寝不足になりがちですよね。ベッドや掛け布団、枕が普段とは違い、なんだかしっくりこない。普段とは違う同室者との睡眠が気になる。昼間の非日常的な体験にテンションが上ってなかなか寝付けない。せっかく次の日も楽しいイベントがあるのに、夜に寝付けず、寝不足になってしまうのは、本当に辛いですよね。



旅先でもぐっすり睡眠を取り、翌日をスッキリ迎えるためには、睡眠前にしっかり眠るための体つくりをしておくことが大切です。体をきちんとした手順で睡眠モードに持っていくことができれば、環境に左右されずに、ぐっすり睡眠をとれるようになります。



今回は、


  • ぐっすり睡眠を取るためのカラダづくり
  • 旅先でも簡単にできる睡眠環境づくり
  • 注意しておきたい行動


についてお伝えします。



スポンサーリンク




良い睡眠を取るために必要なカダラの準備とは




寝るために必要なカラダの準備にはどのようなものがあるのでしょうか。人のカラダは外からの刺激だけでなく、気持ちの変化に対しても、様々な反応を示します。快適な睡眠を実現するためには、カラダにかかる負荷をなくすだけでなく、心と身体の両方をリラックスさせることが大切になります。


寝る前の良い入浴が良い睡眠を作る!?

睡眠前には、良い入浴を行うことが効果的です。とくにぬるめの湯船につかり、体温をコントロールすることで、良い眠りに繋がります。人の体は、身体の内部の温度が下がると自然と眠くなるようにできています。旅先でもお風呂にしっかりと浸かり、まずはカラダを温め、その後に落ち着いてベッドに入ることで、自然にカラダ内部の体温を下げることで、眠りやすいカラダをつくることができます。



また、ぬるめのお風呂に浸かることは心のリラックス効果もあります。お風呂に入る事で副交感神経が優位に働き、旅先で無意識に作られていた緊張をほぐすことができます。


眠れる環境を整えるために揃えておきたいもの

旅先でぐっすり眠るためには、自身のカラダだけでなく、寝るための環境を整えておくことも大切になります。旅先ではいつもと異なる環境に無意識的に心とカラダが反応してしまいます。ぐっすり寝るために、いつもの睡眠に使っているアイテムを旅行先にも持ち込み、睡眠環境を普段の環境に近づけましょう。



特に寝巻きや枕などカラダに密着するものを中心に普段の環境に近づけるのが効果的です。普段から香りのついたグッズを使っている人は同じ香りのするものを持ち込むのもオススメです。




旅行中についつい取ってしまう睡眠を妨げる行動

カラダや環境を整え、いざベッドに入ったときに注意をしておきたい行動があります。それは、ベッドの上でスマートフォンやパソコンなどを使うことです。液晶画面から出ているブルーライトと呼ばれる光は、睡眠に必要なホルモンと言われている「メラトニン」を減少させてしまいます。



旅先ではついつい眠る前に旅行中の様子をSNSに挙げてみたり、翌日の予定を再確認してみたり、とパソコンやスマホを使ってしまいがちです。メラトニンを減少させないためにも寝る1時間前からはブルーライトの発する液晶画面の視聴は控えるようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかりお風呂に入り、カラダを睡眠モードにする、睡眠環境を普段の環境に近づけて、無意識の警戒を解除する、このような旅先でもぐっすり眠るためのポイントを知っていれば、旅行中の睡眠で寝不足にならず、翌日のスケジュールに影響することなく、旅行をエンジョイすることができます。



スポンサーリンク

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする