旅行中なのに眠い!寝不足になりがちな旅先で快適な睡眠を手に入れる方法!



旅行中の睡眠は普段と違う環境から、ついつい寝不足になりがちですよね。ベッドや掛け布団、枕が普段とは違い、なんだかしっくりこない。普段とは違う同室者との睡眠が気になる。昼間の非日常的な体験にテンションが上ってなかなか寝付けない。せっかく次の日も楽しいイベントがあるのに、夜に寝付けず、寝不足になってしまうのは、本当に辛いですよね。



旅先でもぐっすり睡眠を取り、翌日をスッキリ迎えるためには、睡眠前にしっかり眠るための体つくりをしておくことが大切です。体をきちんとした手順で睡眠モードに持っていくことができれば、環境に左右されずに、ぐっすり睡眠をとれるようになります。



今回は、


  • ぐっすり睡眠を取るためのカラダづくり
  • 旅先でも簡単にできる睡眠環境づくり
  • 注意しておきたい行動


についてお伝えします。



スポンサーリンク




良い睡眠を取るために必要なカダラの準備とは




寝るために必要なカラダの準備にはどのようなものがあるのでしょうか。人のカラダは外からの刺激だけでなく、気持ちの変化に対しても、様々な反応を示します。快適な睡眠を実現するためには、カラダにかかる負荷をなくすだけでなく、心と身体の両方をリラックスさせることが大切になります。


寝る前の良い入浴が良い睡眠を作る!?

睡眠前には、良い入浴を行うことが効果的です。とくにぬるめの湯船につかり、体温をコントロールすることで、良い眠りに繋がります。人の体は、身体の内部の温度が下がると自然と眠くなるようにできています。旅先でもお風呂にしっかりと浸かり、まずはカラダを温め、その後に落ち着いてベッドに入ることで、自然にカラダ内部の体温を下げることで、眠りやすいカラダをつくることができます。



また、ぬるめのお風呂に浸かることは心のリラックス効果もあります。お風呂に入る事で副交感神経が優位に働き、旅先で無意識に作られていた緊張をほぐすことができます。


眠れる環境を整えるために揃えておきたいもの

旅先でぐっすり眠るためには、自身のカラダだけでなく、寝るための環境を整えておくことも大切になります。旅先ではいつもと異なる環境に無意識的に心とカラダが反応してしまいます。ぐっすり寝るために、いつもの睡眠に使っているアイテムを旅行先にも持ち込み、睡眠環境を普段の環境に近づけましょう。



特に寝巻きや枕などカラダに密着するものを中心に普段の環境に近づけるのが効果的です。普段から香りのついたグッズを使っている人は同じ香りのするものを持ち込むのもオススメです。




旅行中についつい取ってしまう睡眠を妨げる行動

カラダや環境を整え、いざベッドに入ったときに注意をしておきたい行動があります。それは、ベッドの上でスマートフォンやパソコンなどを使うことです。液晶画面から出ているブルーライトと呼ばれる光は、睡眠に必要なホルモンと言われている「メラトニン」を減少させてしまいます。



旅先ではついつい眠る前に旅行中の様子をSNSに挙げてみたり、翌日の予定を再確認してみたり、とパソコンやスマホを使ってしまいがちです。メラトニンを減少させないためにも寝る1時間前からはブルーライトの発する液晶画面の視聴は控えるようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかりお風呂に入り、カラダを睡眠モードにする、睡眠環境を普段の環境に近づけて、無意識の警戒を解除する、このような旅先でもぐっすり眠るためのポイントを知っていれば、旅行中の睡眠で寝不足にならず、翌日のスケジュールに影響することなく、旅行をエンジョイすることができます。



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする