母の日に贈るトートバッグ!おすすめブランドはこれ!

母の日にトートバックを送りたい!

トートバッグと言っても、色々なブランドや形状がありますね。

ファッションに疎い人はもちろん、ファッションに興味のある人でも悩んでしまうのがバッグのプレゼント。



お母さんには感謝の気持ちを込めて良いバッグを贈りたい。



そんな親孝行の皆さんのために、おすすめトートバッグブランドを調べてみました。

スポンサーリンク


母の日におすすめトートバッグブランドは?

トートバッグも様々なブランドがありますが、母の日、ということで60代以上のシニア世代向けのブランドを調べてみました。


ダコタ

本革は高級感がありますし、使えば使うほど馴染み、良い色が出るので性別、世代問わず人気です。



ダコタは本革トートバッグが1万円台から販売されていますので、母の日のプレゼントにはぴったりではないでしょうか。


レスポートサック

特殊加工のナイロン素材で丈夫で軽く、お手入れも楽。もちろん軽量。

デザインは白または黒地に極彩色のイラストと大人かわいいポップさが目を引きます。

シックなコーデにも合いますよ。


コーチ

コーチは40代以上の層に人気のブランドですね。

上品なブランドロゴは、ちょっとお出かけにもきちんとした集まりにも合います。



ブランドロゴが並んだ柄が有名ですが、ロゴではなく花柄も最近は人気が出ています。


フェイラー

ドイツの伝統織物に独自の工夫を加えたシュニール織が特徴のフェイラー。

上品で温かみのある花柄が有名ですね。

今でも熟練の職人が丁寧に織り上げ、バッグはもちろん、エプロンやハンカチも人気です。


ロンシャン

パリジェンヌ定番のブランド、ロンシャン。

折りたためるので、旅行にもショッピングにも最適。

価格も1万円以下とかなり手頃です。

パリジェンヌだけではく、日本の女性からも愛されています。



バッグはナイロン素材のネイビーまたは黒、持ち手と蓋はレザーで、天馬のロゴが刻印されています。

このシンプルさは、コーデを選びませんね。



スポンサーリンク


母の日のトートバッグ、どんなブランドが求められる?

シニア層が求めるトートバッグは、デザインの良さはもちろんですが、軽くて容量があること。



バッグの重さなんて大したことない、と若い世代は考えがちですが、60を超えると意外とバッグの重さは堪えます。



また軽いけれども財布とスマホを入れたら満杯!というバッグはNG。

特に女性は何かと持ち物が多いので、細々とした物も全部入れれるバッグが求められます。



母の日に贈るのなら使うシーンでトートバッグのブランドを選んでも

トートバッグと一口で言っても、ブランドによっては素材やデザイン、値段もピンからキリまであります。



お財布と相談するのはもちろんですが、お母さんがどのようなトートバッグを欲しがっているかにも重点を置いてみましょう。



ほしいブランドを言ってくれると助かりますね。

「旅行に持って行けるバッグがほしい」

「友達とランチ会に持って行けるもの」

など、バッグの用途が決まっていれば、母の日の贈り物も決めやすいでしょう。


まとめ

バッグは女性の必須アイテムなので、どのブランドでもまず取り揃えていますね。

お母様の好きなブランドがあればそれを贈ってみても。



人気ブランドの特徴をまとめてみますと

ダコタ

・本革トートバッグが1万から2万円で買える

・柔らかな色合いと馴染みやすさで愛着が湧きやすい



レスポートサック

・丈夫で汚れがつきにくい、濡れても大丈夫

・一味違う大人可愛いデザイン



コーチ

・大人の女性定番のブランド

・花柄も人気



フェイラー

・上品でどこか温かみのあるシュニール織が特徴



ロンシャン

・シンプルで飽きのこないデザイン

・丈夫で折りたたみも可



母の日に贈るトートバッグの参考にしてください。

ブランドだけではなく、お母様のニーズに合った性能やデザインも考えると、選びやすいでしょう。



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト