お盆なので登山初心者の僕が富士山に登ってきました!プリンスルート~吉田ルート

シェアする

ついに登頂に成功しました!標高3776mという日本一の高さを誇る富士山!

6月後半に友達が行くからという理由で登頂を決断しましたが、8月のお盆休みに無事登頂することができました。



スポンサーリンク







だいたい2ヵ月という期間で準備をしてなんとか登頂までこぎつけました。まさか、2ヵ月後に富士山に登ることになろうとはそのときは予想もしてませんでした。

きっけは友達が行くから、じゃあ一緒にいこう。とそんな軽いノリでした、これを逃すときっと一生富士山に登る機会はないと思ったんです。

だから、僕は即断即決で富士山登頂を決めました。数年前の僕ではきっとありえなかったことでしょう。富士山を登頂を決めれたのも、これまでさまざまな思考を身に着けた結果だと思います。

今回は特に、思いったら即行動するという思考がとても役立ちました。そして、ハードルを下げてやるという思考もとても助けとなりました。

富士山に登るというのは準備も大変ですし、なかなかすぐに決断することは難しいと思います。それでも僕が決めれたのはやはり、これまでつちかってきた思考のおかげだと思いました。

そもそも、僕は登山に対する知識は0の超初心者でした。富士山に登るとはいったものの、必要な用品はなんなのか?どうやって上るのか?などまったくの無知状態でした。

そこで、僕はやるべきことを細分化してハードルを下げて行うこととしました。

具体的には、

富士山に登るために必要な道具はなにか?

富士山にはどうやって上るのか?

どんなルートがあるのか?

何日かかるのか?

などです。



そして、調べていくうちに別の情報がでてきました。

必要な用具であれば

登山には三種の神器というものがあって

その3つはザック、登山靴、レインコートである。



富士山には登山ルートが4つありそれぞれ

吉田ルート、須走ルート、御殿場ルート、富士宮ルートである。

また、プリンスルートとよばれるルートもある。



富士山のトイレは特別な処理をしてるのでお金が必要。



途中に山小屋があり宿泊できる。

こういった情報が得られました。



そうして、こういった情報を集めていくうちにだんだんと富士山に登るイメージが

具体的になっていきました。抽象的ななんとなくの状態から具体的に登るイメージを

つかむことができるようになりました。



そして、なんとか1ヵ月で必要な用具、情報を調べることができました。



そして・・・富士山へ向かう初日に悲劇が起きました。

台風直撃です。



その日は前日に静岡のホテルまでいって宿泊する予定だったのですが、なんと当日になって、うろうろしていた台風が見計らったかのようにやってきました。そして、電車は運航中止となっていまったんです。

しかし、次の日台風がいい感じに過ぎ去ったので新幹線に乗り静岡、ではなく新富士へ行きました。台風を追いかける形でこれ登れるのか?という不安を抱えながら富士山へと向かいました。



↑台風直後の富士山。雲がやばい 笑

↑新幹線で新富士に到着、ここから登山バスに乗車

↑新富士駅からの富士山

新富士駅につくと、天気はくもりとちょっと晴れ。なんとかいけそうな感じでした。近くのコンビニで食料として、カロリーメイトにスニッカーズを購入しました。水分はポカリと水を500ML1本ずつ。

準備を整え、富士宮口5号名機のバスに乗り込みました。そして、ついにつきました富士宮ルートの登山口です。標高2400m。この高さでも眼下にはものすごい景色が広がっていました。そしてなんとなく酸素が薄く息苦しい感じもしました。深呼吸して息を整えつつ登山道へ向かいました。

↑富士宮口の登山口からの景色、すでに絶景

↑同じく、富士宮登山口。雲が下に見える

↑富士山をとりましたが山頂が見えない

↑登山道の入り口にある標高2400mの看板

登り始めて数十分、頭痛がし始めました。これが高山病か?と思いとりあえずすぐ近くにあった休憩所で休息をとることに。さっそくさっきかったカロリーメイトを食べ、しばらくやすむと頭痛はだいぶ楽になりました。

やはり、いきなり高度2500mまで上ると体がついていかないのかもしれません。

↑登り始めからすでに険しい山道でした。前を歩くのは一緒にいった友達 笑

↑登山道より。とにかく雲がすごい

↑経路の看板です

↑プリンスルートの宝永河口。なかなかのスケールです

↑宝永山頂付近でやばめの雲に遭遇、雲が上に吸い込まれていました

↑周りの雲が上空に吸い寄せられるように移動していました

とにかく早く逃げないと!と直感で感じました

↑宝永山山頂

↑山頂を示す看板。先はまだまだ長いです。

↑雨が降ってきたのでレインコートを装着

標高が高くなるにつれ、酸素が薄くなり体思うように動かなくなりました。体自体の疲労はあまり感じないのですが、すぐに息が切れてしまうような状態でした。5分休んでも1歩を踏み出すとすぐに息切れして動けないそんな状態でした。

そんな中でも、とにかく上るしかないので必死に登り続けました。



そして、ようやく山小屋に到着、途中で雨が降ってきたこともあり体はびしょ濡れでした。体が凍えて、思う手も動かない状態でした。まさか夏に手がかじかんでうまく手を動かせなくなるなんて思ってもみませんでした。

↑山小屋到着。しんどすぎて道中の写真をとる元気がなくなりました


↑山小屋からの景色。絶景です!

それから、山小屋で休息をとり、晩御飯のカレーを食べました。カレーはうれしいことに食べ放題だったので3杯もおかわりしてしまいました 笑

↑山小屋のカレー。ルーを入れるところを間違えたっぽいです 笑

カレーはとてもおいしかったです。

山小屋は横長の造りで手前が畳になっており奥の方に布団がひかれているような感じでした。

布団は横に長く一度に20人くらいは寝れるような大きさでした。

僕が止まった山小屋は人はそこまで多くなかったため3人分のスペースを友達と2人で使えました。スペースにはだいぶ余裕があったことで、そこまでストレスなく寝ることが出来ました。


↑山小屋の中。布団が横長にひかれています

↑カレーを食べてる最中に超大きな虹がでていました。

そして、次の日。

日が明ける前の深夜2時頃に山小屋を出発しました。日の出アタックというやつですね。

深夜の富士山は明かりもなく、あたりは真っ暗。あるのは月明かりと眼下に広がる夜景だけでした。ヘッドライトを頭に着け、その明かりを頼りに山頂を目指します。

↑深夜に山小屋を出発

↑夜景がすごかったです

↑富士山からの月明かり



そして歩くこと約2時間、ようやく山頂の到着しました。山頂に到着したもののそのときは霧がひどく、今日は曇って景色は見れなさそうな感じでした。

それでも、ようやく山頂にたどり着いたことで、とても安心しました。

↑山頂到着、霧がひどくうっすらと鳥居が見れます



そして、夜明け。

一応、ご来光が見られる位置に移動。

僕達以外にも、たくさんの登山者の方がいました。

↑ご来光を待ち望む登山者たち

しかし、あたりは霧がすごい。全く何も見えない状態でした。

誰もがあきらめかけていました。



・・・しかし、そのときすっとさっきまであった霧が急に晴れていきました。

そして、徐々にふもとの景色があらわになっていきました。

日本最高峰から見るふもとの景色に、僕は息をのみました。





それはもうすごい景色でした。息をのむ絶景です。

そして、それから一気に山頂の霧は晴れ、ついにご来光を望むことが

できました。



必死になって登ってきてよかった・・・そう思いました。



山頂からの景色はここで見てしまうともったいないと思いますので、

ここでは載せないでおきます。自分の目でその素晴らしさを

見にいってみてください!



後日談

富士山に登ったことで、僕は大きな自信を得ることができました。日本最高峰の山に登れたということだけでも、それは誇りに思えることだと思います。登るのは本当につらく大変でしたが、やはり登ってよかったと思いました。

これにて、僕の富士登山への道は終了しました。

ただ、もう一度富士山に登りたいかといわれると、もういいかなと思います 笑



スポンサーリンク





ご訪問いただいた読者の方へ


当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。

管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。



最後に、記事を読んでくださったお礼として、

僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で

まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。



以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識

となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。


僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!


1位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。

2位 1日の時間を増やす方法

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 記憶力を鬼上げる方法

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。

X位 番外編

ランキングに入らなかったけど、スーパー大事な知識が学べる記事を集めました






抽象具体思考プロジェクトついに始動!!


元慶応生・起業家(社長)から学んだ抽象具体思考を8日間で学べるコンテンツ作りました!(合計7000文字越え!)やばすぎて正直、教えたくないけど無料で公開します!


僕がこれまで学んだ中で最もえげつないと思った知識があります。

それが抽象具体思考です。

  

これはあらゆる情報を統括および統合できる知識です。

この知識を得るメリットは計り知れません。現在僕の根源を

支えてる超重要レベルの知識です。それを無料で公開しようと思います。
  

なお、この情報は応用が効く範囲が情報全てに
及ぶ知識です。

今後、予告なく非公開にする可能性もあります。

その点に関しましてはご了承ください。




抽象具体思考を身に着けることによって得られるメリットは、

・思考力が上がり頭がよくなる

・情報を多角的に俯瞰して捉えられる

・情報を相互に関連させられ理解力があがる

・理解力が上がることにより記憶力があがる

・論理的なスピーチが出来るようになる

などがあります。



簡単に言うと頭がよくなります。

そんな、抽象具体思考が8日間で学べるコンテンツを作成

しました。



詳細はこちら↓

抽象具体思考習得プロジェクト

これはやばい!僕がおすすめする超便利ツール


クレカはまじで最強のツール!知識があればリボ払いも怖くない!

僕はクレカめっちゃ恐ろしいカードだと思ってました。その理由はリボ払いという謎のシステム。でも、これ知識ないだけでした。実際使ってみたらクレカは超便利ツールで、リボ払いも怖くなかったです。

むしろクレカはもってないと損してることに気が付きました。知識ってやっぱり大事。知ってるか知らないかそれだけでも人生は変わりますよ。持ってない人はぜひ!


僕の実体験をもとにクレカについて紹介した記事がこちら↓

リボ払いが怖いならリボ払いにしなきゃいいだけだ!クレカはまじで最強のツールだ!