ホテルから自宅に荷物を送る方法!!郵送料金や伝票の書き方!!

ホテルから自宅に荷物を送れたら

すごく便利ですよね!



でも、

「そもそもホテルから送れるの?」

「料金はいくらかかるの?」

「ダンボールはホテルでもらえるの?」

といった点が気になりますよね。



どうもくりりん(25歳)です。

今回はホテルからの荷物の発送についてです。



電車や新幹線で旅行に行くと

荷物って結構邪魔ですよね。

泊まる日数が多いほど荷物も多くなりますし、

お土産も買わなきゃですよね。



でも、そんなたくさんの重い荷物持ちながら、

へとへとになって歩くのは辛いですよね。



そこで今回は、

  • ホテルから荷物を送れるのか
  • ホテルから荷物を送るには料金はいくらかかるのか
  • ダンボールはホテルでもらえるのか
  • 伝票の書き方
について調べてみました。





ちなみに、僕は関西住みですが

今度富士山に登る予定です。



そして登った後、東京観光するつもりなので、

荷物をどうするか悩んでいました。



そのまま持っていくとしんどいしなと

思っていました。



そんな中でふと

「ホテルから荷物送ればいいんじゃ?」

と思いつきました。



しかし、ネットを見ているとあまりちゃん

とまとまった情報が得られなかったので、

調べてまとめてみました。



スポンサーリンク




ホテルから自宅に荷物を送る方法!!郵送料金や伝票の書き方!!




初めに、結論からいいますね。


  • ホテルから荷物は送れます!
  • かかる料金は約1000~3000円(基本は送料のみ)
  • 宛名の依頼主は住所欄には同上、名前には本人と書く
  • ダンボールはホテルでもらえることもある!(無料or有料)



3つのホテルに直接電話して送れるか聞いてみた!



ホテルから家まで荷物送れるのか

実際に、3つのホテルに直接

電話して聞いてみました!







正直、コミュ症の僕としては、

電話は苦手なんですけどね・・・



でも、ネットみててもいまいち出てこないし、

聞いたほうがはやいな~と思って電話しました。





そして電話した結果、どのホテルでも

「送れますよ~」

といわれました。



ということで、ホテルから荷物は送れる!

ということです。



ただ、ホテルによっては送れないことも

あるかもなので、一度電話して確認しておくと

確実ですよ!


3つのホテルに電話をかけてみて感じた違いとは・・・!?



少し、話がそれますが、電話かけた時に

僕は3つのホテルで明らかに

違うことがありました。





なんだと思いますか?







・・・





・・・





・・・





3つのホテルの違い。

それは電話の対応の仕方です。



3つのホテルに電話した結果、その対応の仕方が

ビックリするほど違ったんです。



これは1つだけにかけただけではその違いに

あまり気づかなかったと思います。





で、僕が思ったのは電話の対応の仕方で

ホテルへの印象がほぼきまるな~ということです。



今回電話したホテルでは、それぞれ

・すごく対応がいい人

・対応に焦ってる人

・対応が悪い人

が受け答えをしました。



僕が受けた印象は次の通り。



・すごく対応がいい人

まず、電話対応に手馴れてる感があり

声のトーンも高い。声だけで、きっと

人柄のいい人なんだろうな~という印象をうけました。

懇切丁寧に質問に答えてくれました。



・対応に焦ってる人

ホテルから荷物を送れるか?という質問を

受けたことがないようで、他の人に聞きにいって

いました。

焦っているようでしたが、こちらの質問に

なんとか答えようという誠意が見え好印象。



・対応が悪い人

明らかに、だるそう。声だけでそれがつたわってきます。

質問に回答する答えも適当な感じ。



そして、僕は思ったんです。



・すごく対応がいい人

・対応に焦ってる人

ホテルに泊まりたいな~と。



そして、どれだけいいホテルでも

対応が悪い人のホテルには泊まりたくないと。



たった、1本の電話でホテルへの

泊まる候補に入るかが決定されてしまったんですね。



それだけ、電話の対応というのは非常に重要な

ものだと感じました。



たとえ、質問だけの電話だったとしても

そう思ってしまったんです。



このことから、電話の対応の仕方がどれだけ

重要なものかを実感しました。



どんなときも、誠心誠意相手のことを

思う。そういった気持ちが大切だと

改めて思いました。という話です。



スポンサーリンク





かなりそれたので、本題に戻ります。

荷物はホテルから自宅に送れる!



基本的にホテルでは宅配業者と提携している

場合が多いので荷物の受け取りや

発送サービスを行ってるとのこと。



そのため、

旅行の際にホテルから自宅に

荷物を送ることができます。







また、宅配業者はヤマト運輸と提携してることが多く荷物は宅急便で送ることとなります。

荷物は事前に家から送っておくこともできますし、ホテルから送ることもできます。



ただしホテルによっては配送サービスを行っていない場合もあるので事前に連絡して確認しておくほうがいいですね。

ホテルから荷物を送る場合はフロントにてその旨を伝えると対応してくれます。





僕はこれまでホテルから荷物を送るという

発想すらなかったのですが、

実は配送サービスがあったんですね!



しかも、事前に送ることもできるとのことです!







重い荷物を持ち運びながらの旅行はつらいので、

不要なものは先に家まで送っておくほうが

いいですよね。



特に、長期で連泊するときは荷物も多くなりますし、こういったサービスを積極的に利用することで旅行の充実度も上がると思います!



<追記>

僕は富士山ふもとのホテルに泊まりましたが、そのホテルから荷物を自宅に送ることができました。

僕の場合はカバンを送りましたが、とくに梱包などはせずそのまま送り、無事家まで配送されてきました。

自宅に届いたときはカバンにタグのようなものがついてありその中に伝票が入っていました。


ホテルから自宅まで荷物を送るとき料金はいくらかかる?


料金はサイズや送る場所によって変わりますが



おおよそ

1000~3000円程度

となります。



ホテルから荷物を送る場合にかかる料金は

配送料梱包費です。



梱包費は荷物を入れる段ボールやビニール袋

などで、ホテルで有料で買えたり、

無料でもらえることがあります。



配送の値段はヤマト運輸のサイトにある料金表を見れば調べることができます。



料金表

ヤマト運輸料金表



また、ホテルによっては手数料をとる場合もあるようですが、基本的にはかからないようです。



今回電話で聞いたいくつかのホテルでは

全て発送の際に手数料はかからず、

費用は配送費と梱包費のみだと言われました。



料金に関しては

北海道や沖縄に送る場合でなければ、

3000円もあれば十分たりますね。



<追伸>

僕はカバンを送りましたが、

梱包などはせず手数料も無料だったため

かかった料金は配送料だけです。



そのため、実際にかかった料金は、

約1700円(関東⇒関西までの配送)

でした。

配送料の目安(東京~大阪)


今回はヤマト運輸で東京~大阪間を配送する場合に、どのくらいの配送料がかかるかを紹介します。

料金は荷物の大きさによって価格が変わります。

以下はサイズごとでかかる配送料の一覧です。


・60サイズ 864円
・80サイズ 1080円
・100サイズ 1296円
・120サイズ 1512円
・140サイズ 1728円
・160サイズ 1836円




サイズの目安は、



お土産や手荷物など小さなものであれば

60〜100サイズ



カバンやスーツケースなど大きなものは

120サイズ以上です。



僕はかばんごと送ろうと思ってるので

120サイズ以上ですね。


梱包費

ダンボール 300~500円程度
ビニール袋 200円程度


手数料

500円程度

追伸

僕が送ったホテルでは無料でした。





スポンサーリンク


ダンボールはホテルでもらえる?




ダンボールやビニール袋は

ホテルのフロントや売店で買えたり、

無料でもらえる場合があります。





ホテルによって置いてない場合もあるので

事前に宿泊するホテルに聞いておくのが

いいですね。



ホテルにおいてない場合は自分で用意する

必要があります。





かばんやスーツケースなど大きい荷物は

そのまま送ることが多いようです。



汚れや傷が気になるかたはビニール袋でつつんで送ることもできます。ガムテープはホテルで無料で貸してくれることが多いようです。





なお、伝票はホテルのフロントで

もらうことができます。



※かばんは梱包せずそのままの発送が可能です。

ホテルからの配送方法


小さな手荷物、お土産等

→ダンボールで配送


大きなカバン、スーツケース

→そのまま発送、

もしくはビニール袋に包んで配送

ホテルから荷物を送るときにダンボールは必要?



配送のためにダンボールは必要ですが、

大きなカバンなどであればビニール袋などに

包むだけでも送れます。



カバンなどを梱包せずに送る場合は、

雨に濡れたり、汚れる可能性もあります。



なので、ビニール袋に包む方が

安心して送れます。



特に気にならないかたはそのまま送っても

構いません。

ホテルから荷物送るときの依頼主って誰?


いざ、ホテルから荷物を送るとなった場合

伝票(送り状)には何とかけばいいか

悩んでしまうと思います。



この章ではホテルから荷物を送る場合に

依頼主をはじめと記入の仕方を紹介します。



また、送り状はホテルでもらえます。

お届け先

お届け先には

自分が住んでいる家の住所

自分の名前

を書きます。

依頼主

発送するのは自分なので、

依頼主の住所欄には同上

名前には本人

と書いておきます。

お届け日、時間

発送の当日に変える場合は問題ありませんが、

荷物を送った後も旅行を続ける場合は配達日を

指定しておきましょう。



配達日を指定せず送ると

荷物を受け取れない可能性もあります。



旅行が終わって家帰る日以降で指定するといいですね。

また、時間指定もできますので、

必要であれば活用しましょう。

品名

品名は記載がないと配送ができなかったり、

送るのに時間がかかる場合があります。



また、製品名が曖昧すぎるのもよくないため、

ある程度具体的な製品名を書く必要があります。



われものやなまものの場合は

伝票に記載があるのでどちらかに

丸をつけておきます。



それでは、品名の記入例をいかに載せておきますね。

記入例

・食べ物のお土産

食べ物やお土産の場合は

お菓子、食品と書きます。



・スーツケース、カバン

スーツケース、カバンなどの場合

衣類、雑貨と書けばOKです。



割れやすい食べ物の場合は、

食品(割れ物)などと書くといいですね。



また次の章に書いてある

取り扱い注意の記入もすると

より確実です。



スポンサーリンク


壊れやすいものを送る場合


せんべいや陶器製品など壊れたり、

割れやすいものの場合は品名の下に

取り扱いに注意の記入をしておくと安心です。



取扱い注意の項目には以下のものがあり、

これらの記入がある場合は丁寧に商品を配達してくれます。

◇精密機器

カメラなどの精密機器が入ってることを

伝えます。

◇天地無用

逆さまや横に倒したりしてはいけないことを

示します。

◇下積厳禁

荷物の上にも物を置いてはいけないことを

示します。

キャリーバッグやスーツケースはどうやって送るの?

キャリーバッグやスーツケースは梱包せず

そのまま送ることもできます。



また、梱包せずに送る場合は取っ手部分に

配送情報がつけられます。



しかし、雨に濡れたり、傷や汚れがつくため

気になるかたは、梱包して発送することをお勧めします。



梱包して送ることで、壊れたりするなどの

トラブルが起こる可能性も低くなります。


えっ!?まだ作ってないの?無料で作っとくだけで旅行の費用をお得にする方法!






旅行では電車や新幹線での移動や、ホテル代、その他

飲食代などなど多額の出費が重なります。

ですので、できるだけ出費を抑えて節約したいところですよね。



僕は富士山に登ったときなんかめちゃくちゃお金かかりました。

登山用品に交通費、宿泊代、飲食代などなど、

合計で10万以上 汗



でも、とある物つかったんで、多少はましになりました。



そこで、続いては旅行の費用をよりお得にする方法を

紹介したいと思います。




実は、これ使ってない人は旅行にかかわらず、

何かの支払いをするたびに

お金を捨ててるようなものなんです。



ですので、今からでもすぐに行動しないと

もったいないですよ!


旅行の準備がだるい、めんどくさい!ときに使える知識



旅行の準備で何気にめんどくさいですよね。

着替えや歯磨き、酔い止め、ウォークマンなどなど

長期になるほど、持っていくものも多くなります。



そして、いろいろ考えて「うわ~だる~」

ってなるんですよね。



そんな時に使える記事がこちら



やる気の出し方の記事ですが、旅行の準備など

めんどくさいな~と思う時に使えます。

テンションが上がらない!!勉強のやる気がでない時に出す方法3つ!!



こういうのは、

一気に全部やろうとするから、

つらいんです。



だから、細かく分けてあげると

いがいと楽にできますよ。


まとめ


  • ホテルから荷物は送れる
  • 料金は配送料と梱包費で1000〜3000円程度
  • ダンボールはホテルにおいてる場合がある
  • 送り状(伝票)の依頼主欄の住所は同上、名前は本人と書く


今回の記事はいかがでしたでしょうか?



ホテルから荷物を送れるというのは
とても便利ですし、旅行自体も
快適にできてとてもいいですよね!





僕が富士山登った時は、
下山後に東京観光に行く予定でした。





なので、ぜひとも荷物を
送りたかったんです。





僕は今回の記事を書くまでホテルから
荷物を送れるということを
知りませんでした。





それまでは、そんなことが
できるなんて思っても
見なかったんです。
ホテルから荷物を送れる。

このことを知ってるだけでも、
旅行の快適度にかなりの差が
でますよね。
重たいカバンやスーツケース。
友人へのお土産。



正直、できれば
持ち歩きたくはないもの。



それらを
送って、身軽に旅行を
楽しめる。
最高ですよね!





僕は、ホテルから荷物を送れる。
という知識を得て本当によかったです。
つくづく、知識って大事だな
と思います。





僕はこのブログで知識の重要性を
伝えたいと思っています。

なぜかというと、僕は知識を
得たことで、別人に生まれ変わった
からです。





一番変わったところは、
自分に自信を持てるようになった
ことです。



昔の僕は、とにかくネガティヴで
自分の欠点だけに目がいく
人でした。



人見知り。話すのが苦手。
頭が悪い。などなど。



そして、いつも自己否定ばかり
していました。



そんな、僕が多くの知識を得たことで、
いろいろなことを達成できるように
なりました。



今回の富士山登頂も、その1つです。



知識があったからできました。



例えば、
登ろうと決断する知識。
気が進まないときでもやる気を
起こす知識。
考えたら即行動する知識。



など、精神的なことに関する知識。

また、富士山に登るために
必要な持ちものの知識。

登山ルートの知識。

登り方の知識。

などなど。
こういった、知識に支えられたことで、
富士山登頂を達成することができました。
そんな、経験もあり、
僕は知識というものをとても
大事にしています。

知識は、自分の人生を変えるのに
十分すぎるほどの可能性を
秘めています。
特に、精神面の知識は
かなり重要だと思っています。

精神的な知識を持てば
自分を思い通りに
動かすことができます。

あなたは、やらないと
行けないけど気分が
乗らなくてできなかった
経験はありませんか?





僕はたくさんあります 笑





嫌な感情が邪魔して、
動けないんです。
人は感情的な生き物ですから、
嫌だから行動できない、
ということが多々あります。

普通の人からしてみれば、
富士登山なんて自分には無理!

山登りとか辛そう!
と思うのが普通だと思います。
僕も、本心はあまり
やりたくない気持ちはありました。





でも、
登ればなにかが変わるかも知れない!
自分の限界に挑戦してみるのも面白いかも!
とりあえず登ろう!



と前向きに思えました。







それは、それまでに知り得た
精神を奮い立たせる知識が
あったからです。

細分化の知識。
やる気を起こす知識。
とりあえずやってみる思考。
ハードル下げ思考。
など。





精神を向上させる知識を
持っていれば普通の人から
してみれば難しいことでも
達成できたりするんです。





だからこそ僕は知識というものを
甘く見ていません。





自分が動けないときでも、
知識があれば自分を動かすことが
できます。





知識があれば富士山にも
登れます。

知識があれば、自信を
つけることができます。





知識があれば、自分を変える
ことができます。

知識があれば、
人生を変えられるんです!
現に僕は変わりました。





でも、変わるのは誰にだってできます。
だって知ればいいだけだから。

知識の重要性を知れば
いいだけだから。
ぜひ、この記事を読んでいるあなたには、
知識がいかに大事なものかを
知っていただければと思います。



ちょっと、書きすぎました。



長くなってしまい
申し訳ありませんでした。

おすすめ記事を下に乗せているので、
よければ見ていただければと思います。



スポンサーリンク





上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする