左利きでab型の有名人は誰がいる!?その性格はとても○○!?





左利きでab型の有名人には

どんな人がいるのか、興味ありませんか?





左利きの人がいたら、

「左利きなんだ~」と言ったり、思ったりしますよね。





珍しいな、という印象があるんですよね。





そして、ab型も日本で言えば10%の割合しかおらず、

他の血液型と比べて、少ないです。





しかも、新人類とか言われていますよね。





そんな、ちょっと珍しい印象を持たれがちな

左利きとab型の両方を持ち合わせた人って、





なんだか、すごい人!って感じがしませんか?





実際に、左利きでab型の人って、

どんな人なのかを探ってみました!



スポンサーリンク






左利きab型の有名人をズラ~っとご紹介します!



 

左利きのab型って日本では1%しかいないんです!





やっぱり希少!!





そんな左利きab型の有名人は、こんな方々です!




  • 田口淳之介
  • 仁藤萌乃
  • 百田夏菜子
  • 小池栄子
  • 川村ひかる
  • 名倉潤
  • 水卜麻美
  • 松崎しげる
  • 伊倉愛美
  • 知念侑李
  • 本田圭佑
  • 澤穂希
  • 木村祐一
  • 坂上忍
  • オバマ大統領
  • レオナルドダヴィンチ




どうですか?





芸能人や有名人だと、

個性が強く、独特な方が多いので、

左利きとかab型とかはあまり関係ないのかな?



とも思いますが、そんな中でも、

特異な才能を持った方の名前も、目立ちますよね。




左利きの人は脳の使い方が違う!?



私の中では、左利きの人は頭の良いイメージがあります。

あくまでも、勝手なイメージなんですが・・・。





そんな、日本の左利きの人の割合は、全体の10%です。



なぜ左利きの人が生まれるのかは、まだ解明されていません。



先天的という説も、後天的と言う説もあります。




〇左利きと右利きで使う脳が違う?



右利きの人は左脳から、

左利きの人は右脳から、

命令が出ているって話は知っていますか?





だから、右利きの人は右脳よりも左脳が活性化している、

と言われています。





じゃあ、左利きの人は右脳が活発なんだ!と思ったら、

実はそうとも限らないようです!





左利きの人の中の多くは、実は両利き!という人が多い!





余談ですが、うちの息子も両利きです。

基本は左利きですが、お箸は左手でも右手でも使えます。





その程度でも、両利きと言えるようです。



スポンサーリンク


〇左利きの人にはなぜ両利きが多い?



世間ではほとんどのものが右利き用に作られていますよね。



そのため、左利きの人も、右手を使わざるを得ない状況、

というのが、多いんです。





昔だと、矯正されることも多かったですし。





そのため、左利きだけど両利き!という人が多いんですよ。





そして両利きとなると、右脳と左脳を

バランスよく使い分けている、ということになります。





それだけで、なんだか天才っぽく思えてしまう・・・。

そう思うのは私だけでしょうか?





左利きの人が天才なのか、

私が単純なのか・・・。



 

憧れの存在か、忌み嫌われるか!?天才肌のab型!



ab型も左利きと同じで、

日本では全体の10%の割合です。





血液型の起源を見てみると、



・A型は役2万5千年前



・B型は1万5千年前



・O型は4万年前



・AB型は1千年前





となっています。





ab型は、他の血液型と比べると

本当に新しい血液型なんですね~!





ab型の人は、ab型だと話したら、

意味もなく引かれた経験ありませんか?





もしくは、しばらく付き合ってから血液型の話になり、

ab型だと打ち明けると、それから見方を変えられてしまったり。





それはもう仕方がない、一般的なab型のイメージが、

「変わり者」だからかもしれません。





でも大丈夫です!

希少だからこそ、「なんかカッコいい!」と

憧れられることだってあります。





ab型は天才肌!とも言われますしね。





性格的には、クールで知的、二面性を持つと言われているab型。

美意識も高く、つかみどころがなくミステリアスなんて

言われることもありますよね。





器用だと言われる部分は、左利きと共通するところでしょうか。





左利きab型はこんな人!性格も独創的です!


〇左利きab型の人はこんな性格!



 

・直感的



頭の中では常に色々なことを考えていて、

ひらめくことも多いです。



ただ、次から次へと直感が働きひらめいているので、

そのひらめきを実現させることは、少ないようです。



実現させる前に、新しいことをひらめいてしまうんですね。





・理解するのに時間がかかる



これは、頭の良し悪しを言っているわけではありません。



左利きのab型は、ものごとの本質的なことに

こだわりを持つ特徴があるんです。



なので、周りが当たり前のこととして理解していることも、

深く掘り下げて考えてしまう。



それ故に、理解が遅くなってしまうということです。



例えば、「山」という感じがあれば、

みんなは読み方を覚えて、書き順を覚えるところを、



左利きのab型は、



「なぜこの形なんだろう?」というところまで、

疑問に思い、考えてしまうんです。





・理解したら応用力がすごい



基本的なことを疑問に思い、

考え過ぎてしまう左利きのab型ですが、

いちど理解してしまえば、かなり応用がききます。





得意なひらめきも相まって、

人が思いつかないようなことを考えだしたり、



逆に人があまり理解できないことを

理解するのが得意だったりもします。





・人を盛り上げるけど友達は少なめ



左利きのab型は一人の時間、一人の世界を大事にします。



でも、友達といればその場を盛り上げようとして、

明るく楽しく振る舞い努力します。



友達付き合いは、狭く深くなる傾向にあります。





・ボーっとしている



これ、ボーっとしているのではなく、

ボーっとしているように見えてしまうだけです。





本当は、頭の中で色んなことを考えて、

思考を張り巡らせているんです!



しかも、それが他の人よりも多い!



それが、

ボーっとしているように見えてしまうんですね。







こうしてみると、

やっぱり芸術家肌のような気がしますね。





〇結局左利きab型とはどんな人?



希少であり、ちょっと特異な印象を持つ、

左利きab型の人のイメージは、



「天才で変人」



です。



これは、とても良い意味で捉えていいのではないでしょうか!




まとめ

 

左利きab型の有名人をたくさん紹介しましたが、

後に紹介した性格的な部分を絡めて見てみると、

面白いかもしれません。





左利きab型が全体の1%しかいないというのも、

すごいですよね。





ちなみに、左利きの有名人や偉人を見てみると、



松本人志

小島よしお

二宮和也

小栗旬

国分太一

モーツァルト

ピカソ

ベートーヴェン

トーマスエジソン



などなど。



すごい名が並びましたね!





やはり、独創的な方が多いですね。





右利きでは刺激されない部分の脳を

存分に使っていることの違いでしょうか!?





そこに、天才とも変わり者とも言われる

ab型の特質が相まっている。





はい。やっぱり「すごい」イメージです!





科学的な根拠はないと言われても、

これは楽しめますね。





でも、有名人や偉人ですから、

やはり突出している方が多いのは

当たり前といえば当たり前。





実際にはどうなのか!

身近な左利きab型さんを見つけたら、





ちょっと、様子を見てみると

面白い発見があるかもしれませんよ!





この記事のタイトルの、



「左利きでab型の有名人は誰がいる!?その性格はとても○○!?」



○○に、あなたはどの言葉を入れますか?



「天才」?



それとも、



「変わり者」?



スポンサーリンク

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする