ラーメンとタンメンの2つの違いは?なるほどそんな差があったのか!

ラーメンとタンメンの違いは何なのでしょうか?

 

中華屋さんではラーメンはお馴染みですが、タンメンがメニューにある店もありますね。

 

何気なくタンメンにするか、と頼んでみたら、見た目は野菜ラーメン、塩ラーメンじゃないの?と思ってしまいます。

 

ラーメンとタンメンの違い、ここではっきりとさせましょう!

知っていると、みんなに自慢できるかも?

 

スポンサーリンク



 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

ラーメンとタンメンの2つの違いは?なるほどそんな差があったのか!

ラーメンとタンメンの違いは中華料理か日本料理か

タンメンは、実は日本の麺料理の1つ。

中華ではなく、和食(日本食?)に入るのです。意外ですね!

 

タンメンの発祥は戦後の東京あるいは横浜。

タンメンは日本生まれ。ですから日本料理なのです。

関東で生まれたからか、今でも関東地方でよく食べられているそうです。

 

逆に西日本と北海道ではタンメンの知名度が低いと言われています。

私は西日本で生まれ育ちましたが、普通にタンメン知っていますし、食べたことありますけど…

 

ちなみにタンメンを「湯麺」と漢字で書くことがあります。

確かに「湯麺」は中華料理です。

しかし日本発祥のタンメンとは別の料理と考えた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク



 

ラーメンとタンメンの違いは作り方にもある

ラーメンとタンメンの違いは、単なる分類の違いだけではありません。

作り方にもラーメンとタンメンには違いがあります。

 

タンメンの作り方

キャベツ、ニラ、モヤシ、キクラゲ、玉ねぎ、豚肉などの具材を炒めた後、鶏ガラベースの塩スープで煮込み、茹でた中華麺にかけた麺料理。

 

野菜や肉などの具材を調理してスープに煮込むことがポイント。

 

現在では鶏ガラベースはそのままに、味噌味やトマト風味などのアレンジも登場しています。

 

ラーメンの作り方

茹でた中華麺にスープをかけ、ネギやチャーシューなどをトッピングした料理。

ラーメンのスープには様々なバリエーションがあり、麺料理というよりも、スープ料理に位置づけられています。

 

一口目はスープを飲んでほしいと言うラーメン店もいますね。

ラーメンはスープ料理なので、スープにこだわるのもあながち間違ってはいないのかもしれません。

 

ちなみに中華料理の「湯麺」ですが、そちらは塩スープの中華麺に炒めた野菜を乗せた麺料理です。野菜ラーメンに近い感じですね。

 

 

まとめ

ラーメンとタンメンの違い、分かりましたか?

・ラーメンは中華料理、タンメンは日本料理

・ラーメンは茹でた中華麺にスープをかけ、トッピングを乗せたもの

・タンメンは茹でた中華麺に炒めた具材と鶏ガラスープを煮込んでかけたもの

・ラーメンはスープ料理、タンメンは麺料理

 

塩ラーメンや野菜ラーメンは、具材を煮込んでいないし、スープと具材は別にしているので、タンメンとは違います。

 

中華料理屋に行った時、友人や同僚に話しちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました