Youtube初めました!

↓詳細はこちら

くりりんちゃんねる

ラーメンとタンメンの2つの違いは?なるほどそんな差があったのか!

ラーメンとタンメンの違いは何なのでしょうか?



中華屋さんではラーメンはお馴染みですが、タンメンがメニューにある店もありますね。



何気なくタンメンにするか、と頼んでみたら、見た目は野菜ラーメン、塩ラーメンじゃないの?と思ってしまいます。



ラーメンとタンメンの違い、ここではっきりとさせましょう!

知っていると、みんなに自慢できるかも?



スポンサーリンク




ラーメンとタンメンの2つの違いは?なるほどそんな差があったのか!

ラーメンとタンメンの違いは中華料理か日本料理か

タンメンは、実は日本の麺料理の1つ。

中華ではなく、和食(日本食?)に入るのです。意外ですね!



タンメンの発祥は戦後の東京あるいは横浜。

タンメンは日本生まれ。ですから日本料理なのです。

関東で生まれたからか、今でも関東地方でよく食べられているそうです。



逆に西日本と北海道ではタンメンの知名度が低いと言われています。

私は西日本で生まれ育ちましたが、普通にタンメン知っていますし、食べたことありますけど…



ちなみにタンメンを「湯麺」と漢字で書くことがあります。

確かに「湯麺」は中華料理です。

しかし日本発祥のタンメンとは別の料理と考えた方が良いでしょう。



スポンサーリンク




ラーメンとタンメンの違いは作り方にもある

ラーメンとタンメンの違いは、単なる分類の違いだけではありません。

作り方にもラーメンとタンメンには違いがあります。



タンメンの作り方

キャベツ、ニラ、モヤシ、キクラゲ、玉ねぎ、豚肉などの具材を炒めた後、鶏ガラベースの塩スープで煮込み、茹でた中華麺にかけた麺料理。



野菜や肉などの具材を調理してスープに煮込むことがポイント。



現在では鶏ガラベースはそのままに、味噌味やトマト風味などのアレンジも登場しています。



ラーメンの作り方

茹でた中華麺にスープをかけ、ネギやチャーシューなどをトッピングした料理。

ラーメンのスープには様々なバリエーションがあり、麺料理というよりも、スープ料理に位置づけられています。



一口目はスープを飲んでほしいと言うラーメン店もいますね。

ラーメンはスープ料理なので、スープにこだわるのもあながち間違ってはいないのかもしれません。



ちなみに中華料理の「湯麺」ですが、そちらは塩スープの中華麺に炒めた野菜を乗せた麺料理です。野菜ラーメンに近い感じですね。





まとめ

ラーメンとタンメンの違い、分かりましたか?

・ラーメンは中華料理、タンメンは日本料理

・ラーメンは茹でた中華麺にスープをかけ、トッピングを乗せたもの

・タンメンは茹でた中華麺に炒めた具材と鶏ガラスープを煮込んでかけたもの

・ラーメンはスープ料理、タンメンは麺料理



塩ラーメンや野菜ラーメンは、具材を煮込んでいないし、スープと具材は別にしているので、タンメンとは違います。



中華料理屋に行った時、友人や同僚に話しちゃいましょう!



スポンサーリンク


昔の僕は超ダメ人間でした。

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

[レビュー記事]アマゾンプライムビデオを実際に利用してみた結果・・・・

 

アマゾンプライムとか金もったいない。
登録するやついんの? 笑

と思ってた僕が利用してみました。

[レビュー]Amazonプライムビデオの良さを説明してみる

くりりんのプロフィール





はじめまして、くりりんです。

僕は情報の大切さを知ってから
人生が変わりました。

昔の僕は、バイトの面接に5回落ちる。人見知りのコミュ症。 就活でお祈りメールを大量にもらう。そんな残念な人でした。  

そんな、僕が今では、 富士山の登頂に成功し、ブログを100記事書き、youtubeで動画を20本とり、記事の指導をするまでになりました。  

僕が、変われたのはたった1つ、
「知った」からです。

それまでは、つまらない毎日を過ごし、自分に自信も持てませんでした。 そんな、僕がただ「知った」それだけで大きく変わりました。

  僕についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓ 22年間1%も自分に自信がなかった僕がたった1年で自信を身に着けられた理由~ReBirth~

フォローする