シュウマイの皮と餃子の皮の違いはある? 調べてみてわかったことは…

 

「シュウマイの皮」と「餃子の皮」

 

スーパーの食品売り場に行くと、いつも棚に仲良く並んでいますよね。

 

見た目にはパッケージの大きさも同じくらい。

 

両方とも白くてペラペラの皮のはず…

 

どこか違いがあるのでしょうか?

 

早速、調べてみました!

 

そこでわかったこととは…?

 

スポンサーリンク



 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

シュウマイの皮と餃子の皮の違いは?

 

シュウマイの皮と餃子の皮では、大きな違いが2点見つかりました。

 
  • 皮の形
 
  • 皮の厚み
 

原材料も見てみたのですが、こちらは同じでした。

(主に小麦粉・食塩・油脂・でんぷん←打ち粉用)

 

では2点の違いを見比べていきたいと思います!

 

 

 

シュウマイの皮と餃子の皮の形の違いは?

 

 

さあ、パッケージを開けてみますよ!

 

シュウマイの皮は正方形ですね。

 

かたや餃子の皮は円形です。

 

餃子の形といえば円形を折った半円形が一般的ですね。

 

それに比べ、シュウマイの形は円柱状もしくは丸いのに皮はなぜ正方形なのでしょう?

 

これは調べてみましたが答えが見つからないのです!!

 

もしかしたらパッと見、餃子の皮との区別がつきやすいようになのかも?なんて(笑)

 

スポンサーリンク



 

シュウマイの皮と餃子の皮の厚さの違いは?

 

 

シュウマイの皮は薄いですね。

 

一方、餃子の皮は厚めです。

 

これには各々を味わう時の楽しみ方に理由があるのです!

 

シュウマイは蒸すのが主流のお料理ですね。

具や肉汁を味わうのがシュウマイの醍醐味、皮はその邪魔になってはいけません!

なのでシュウマイの皮は、極力薄くできているのです。

 

では餃子は?

日本では餃子は「焼き餃子」が多いですよね。

餃子は具を味わうのはもちろん、焼き上がった皮も美味しくいただきます。

餃子は具も皮も両方とも大事なのです!

なので餃子の皮は食べごたえも感じられる厚めなのです。

 

さらに水餃子になると、もっと厚めのモチモチするくらいの皮になります。

焼き餃子用の皮では、煮ると薄くて破けてしまうからです。

 

 

ちなみにシュウマイの皮の厚さは約0.5㎜

 

餃子の皮の厚さは約1.0㎜~1.5㎜程が目安となっています。

 

 

 

まとめ

 

ここまでおもに市販の「シュウマイの皮」と「餃子の皮」の違いを見てきました。

 

シュウマイの皮と餃子の皮の違いは2つ。

 

「皮の形」と「皮の厚み」です。

 

シュウマイの皮の形は正方形で

餃子の皮の形は円形

 

シュウマイの皮の厚さは約0.5㎜と薄く

餃子の皮の厚さは約1.0㎜~1.5㎜と厚めです。

 

お料理好きな方でしたら、皮から手作りされる方もいらっしゃいますよね!

皮の材料の小麦粉は「強力粉」と「薄力粉」の割合がだいたい1:1が基準です。

モチモチ感が欲しい時は強力粉の割合を多めにしてみましょう。

 

私は餃子はたまに市販の皮で手作りしますが、シュウマイは作ったこと無かったです…

今更ながら、なぜだったんだろう?と思っています(笑)

作ってみたら案外、正方形の謎が解けるかもしれませんね!?

 

スポンサーリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました