群雄割拠とは?意味·読み方·使い方·類義語·対義語まで覚えちゃおう!

「群雄割拠」って見てパッと読めますか?

私は漢字が4つ並んでいるだけで戦意喪失して目眩を起こしてしまいます(笑)

「ぐんゆうかっきょ」って読むんです!すぐに読めるとかっこいいですよね!

友人が「何て読むんだろう?」って困っていたら、後ろからそっと近づいて「ぐんゆうかっきょ だね。」っクールに決めちゃいましょう(笑)


=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

群雄割拠とは?意味·読み方·使い方·類義語·対義語まで覚えちゃおう!

 

群雄割拠の意味は?

四文字熟語じゃ分かりにくいときは、バラして考えてみましょう。

「群雄」ってなんとな~くイメージ湧きません?英雄の群れ?≒たくさんの英雄?みたいな感じがするでしょ?

「割拠」はちょっととっつきにくい···拠点を分割する?とか推理を立ててみましょう!

さて、この2つをくっつけて···肉付けすると「多くの英雄や実力者たちが各地に勢力を張り、互いに覇を競い合うこと」です。意味が分かるような分からないような···では、次にその使い方を見て理解を深めましょう!

意味を理解する上で肝心なのは使い方!

「こんな難しい言葉つかったことないよ~」っていう人多いんじゃないですか?

意外と簡単に使えますよ。


  1. 群雄割拠するチームは対立が絶えない
  2. 戦国の世は正に群雄割拠の時代だ
  3. 群雄割拠しながら、お互いに高め合いましょう

例を見て何となくイメージ湧きましたか?

実力を競い合って、対立しながら成長していくというニュアンスです。男として···いや「漢(おとこ)」としてカッコイイ言葉ですね~。

類義語と対義語

類義語は

竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)

竜騰虎闘(りゅうとうことう)

などです。類義語には当てはまらないのですが、使い方によっては「切磋琢磨」に置き換えてもいいと思います。

対義語は

明確な対義語は実はありません。

強いて、対義語を当てはめるとすると「協力同心(きょうりょくどうしん)」でしょうか。意味は「力と心を合わせ、一緒に目標達成のために努力すること。」です。もっと馴染み深い四字熟語に「一致団結(いっちだんけつ)」がありますね。

まとめ

実は日本などの資本主義社会であれば、群雄割拠な状態はそこら中に溢れています。互いに競い合い、切磋琢磨しながら、より高みを目指していくのが資本主義社会の根本ですからね。

更に、最近人気がでる少年、青年漫画に着目してみると、群雄割拠しながら成長していく主人公の姿を描いたものが多いのです。男性は、いつの時代も年代問わず、そういった姿に憧れるんでしょうね。

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました