感服の意味と類語、同義語を徹底調査!目上の人への正しい使い方とは?

「感服」という言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるぐらい日常的によく使われていますよね?でも、使ったことがある人ってどれぐらいいるのでしょうか?

正直なところ、私も使った経験はありません(笑)年齢が若いうちは、難しい言葉を使うのに抵抗があるんですよね。もうそんな事を言ってられない年齢にさしかかっているんですけどね(笑)

そこで、今回は、「感服」という言葉の意味や類語、目上の人に対する正しい使い方、別の言い換えができないかと同義語まで調べてみました!


感服の意味と類語、同義語を徹底調査!目上の人への正しい使い方とは?

感服の意味とは?

いきなり意味を答えて下さい!と言われて答えられる方はどれくらいいるのでしょう?よく使われる言葉だけに、さっと答えられるようにしましょう!

「感」は、「感じる。心に響く。心が動く。」などの意味があります。

「服」は、皆さんご存知の通り身につける物の他に「つき従う。従事する。」などの意味があります。

この2つを組み合わせ、「深く感心して、尊敬・尊重の気持ちを抱くこと。」です。

ここで注意してもらいたいのが、単純に「感動した。」って言う意味で使わないことです。そんな気軽なものじゃないんです!「尊敬」の気持ちが込められている事が大事なんです!!(おも~ 笑)

類語・同義語

類語・同義語として「褒め称える」「称賛する」「感銘を受ける」「脱帽」「敬服」などがあります。

どれも同じ意味なんですが、使い分けをしなければいけませんね。目上の人にはどれを使うのが適切か分りますか?

目上の人に使うときは?

「感服」という言葉は実は目下の人には使いません。使うと違和感があります。そりゃ、尊敬できる後輩だっていますけど、そういうことじゃないですからね(笑)

目上の人の感想や意見に対して

「おっしゃる通りです。感服致しました。」

「素晴らしいご意見です。感服致しました。」

などと使うのが普通です。

また、感服よりも丁寧な言い方は敬服です。併せて覚えておきましょう。

先程、紹介した類語・同義語の中で「褒め称えたいと思います」「称賛に値します。」「脱帽です」などは、目上の人に使ってはいけません。凄い上から目線の印象を受けます。

まとめ

難しい言葉は、なかなか使う勇気も使える場面に出会う機会もありません。

でも、それって意味がちゃんと分かってないからじゃないですか?意味が分かると使える機会はドーンと増えますよ。

もう一度おさらいしておきましょう!

意味は「深く感心して、尊敬、尊重の気持ちを抱くこと。」です。

類語・同義語には「褒め称える」「称賛する」「感銘を受ける」「脱帽」「敬服」などがあり、目上の人には「感服」もしくは「敬服」を使いましょう。

これでバッチリ使いこなせますね!しかし、あまり乱用すると言葉自体に価値がなくなってしまうのでご注意を(笑)要所で使うからこそ価値があるんです。

勉強法の公式ラインやってます!

 

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではないです。

 

「知識」がないからです
ただ、勉強のやり方を

「知らない」だけ。

 

僕が教えるのは、
学校では決して教えてくれない
勉強法です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

今だけ!ライン追加すると

「たった5分でできる高速記憶法」を

プレゼント中です!

 

・テストの成績上げたい!

・模試やセンター試験でいい点をとりたい!

・勉強が苦手

・覚えるのが苦手

・第一志望の大学に合格したい!

 

という方はライン追加お待ちしてます!

 

今だけライン追加すると

「5分でできる高速記憶法」を無料で

プレゼントしてます!

 

 

こちらは高校2年生からの感想です!

 

↓ラインはこちらから追加できます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー