「出で立ち」の意味・例文・使い方を徹底調査!類語や言い換えって?

「出で立ち」と聞いても「しっかりとした意味を答えないさい!」と言われると尻込みしてしまいますよね?でも、それが普通だと思いますよ。

簡単な言葉ほど、なんとな~く意味を覚えていたり、なんとな~く使ってしまっていることが多いんですよ。

そこで、今回は「なんとな~く覚え」を脱すべく、「出で立ち」の意味や例文を調べてみました!使い方や類語・言い換えの言葉も覚えて使いこなしちゃいましょう!!

 

スポンサーリンク



 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

「出で立ち」の意味・例文・使い方を徹底調査!類語や言い換えって?

 

意味は?

言葉のややこしいところは、意味が1つではないところにあります。一応4つの意味を列挙しますが、先に言っておきます!全部覚えないで下さい!その理由は後ほど。

意味は


  1. 装い。身なり。身支度。
  2. 旅行などに出発すること。
  3. 門を出たところ。門前。
  4. 旅立ちの前の食事。

覚えるのは、①と②だけで十分だと思いますよ。なぜか?って?ほとんどの人はせいぜいその2つの意味しか知らないからです(笑)

③、④の人に伝わりにくい意味で使ったところで、相手に伝わらなければ、わざわざ難しい「出で立ち」を使う意味がありませんからね。

例文から使い方を学びましょう

まずは①装い。身なり。身支度。


  1. 初デートに、彼女が予想だにしない出で立ちで現れたので、気持ちが冷めてしまった。
  2. 普段の彼からは想像できない出で立ちに驚かされた。

次に②旅行などに出発すること。


  1. 彼の出で立ちを皆で見送った。
  2. 妹の出で立ちを父は不安そうに見送っていた。

使い方によって意味が変わってくるので、注意しましょう。文面からどちらの意味で使っているのか推測しなければいけません。

類語と言い換え

類語や言い換え言葉も意味によって変わってきます。

まず①「装い。身なり。身支度。」は

「装い」「身なり」「身支度」「服装」「格好」

次に②「旅行などに出発すること。」は

「旅立ち」「門出」

などが使いやすい言葉ですね。

まとめ

「出で立ち」にはよく使う2つの意味があることを覚えておいてくださいね。「身なり」のことと、「旅行などに出発すること」の2つです。

また、類語や言い換えの言葉にも2通りあって「服装」などの外見を指すものと、「旅立ち」などの行動を指すものがあります。状況によって使い分けましょう。

でも、派手な服装に対して「出で立ち」って使うのはちょっと抵抗ありません?難しい言葉を使う相手には、それなりにキチンとした人の方が似合いませんか?

私?私の出で立ちは···違和感しか無いですね(笑)

 

スポンサーリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました