家で勉強に集中できない学生必見!勉強に集中できないのは集中力がないから・・・ではない?

勉強するときに集中してやるのってなかなか難しいですよね。

途中で気が散ってしまったり。

気づくと遊んでしまっていたり。

はたまた部屋の掃除を始めてしまったり。



テスト期間中に自分の部屋で勉強していると

なぜか、部屋の掃除がはかどるんですよね。

不思議です。



僕はテスト期間になると毎回部屋の掃除、整理を

していた記憶があります。そして気づくと掃除に

夢中になっています。



掃除の話はいいとして、



多くの人は勉強に集中できないのは

自分に集中力がないからだ!と考える

のではないでしょうか。



僕自身もそう思っていましたが

実は、原因はそれだけではないんです。





集中力がないことは一つの要因であると思いますが

それとは別に集中を妨げているものがあります。



それは周りの「環境」です。



自分の周りを見回してみてください。

スマホ、漫画、テレビ、パソコンなどなど

気を引かれるものがたくさんありませんか。



そういったものは、知らず知らずのうちに

集中力をとぎれさせる原因となっています。



勉強してるときにちょっと疲れたから

スマホでラインしよーとか

ちょっとだけマンガみよーとか

といって勉強が全くできていないという

経験はだれしもあるのでは

ないでしょうか。



そのような誘惑があるために勉強に

集中できない環境というものができあがって

しまっています。



そのため、勉強するときはまず周りの誘惑となる

ものを排除し、勉強をする「環境」というものをつくり

あげることが大切になってきます。

最近はやっている断捨離に近い考え方ですね。



断捨離とは必要なものを断つ、または捨てることによって

物への執着から解放され、より良い人生を手に

いれようとする考え方です。



自分の周りには必要であるものだけを残し、いらない

ものはなくせということですね。



さすがに捨てるまではしなくてもいいと思いますが

スマホであれば見えないとこにおいたり、どこかに

しまったり、すぐに手にできないようなところに置く

といいと思います。



また、スマホの中の環境をかえるのも有効かもしれません。

僕の場合はスマホに入っていたいらないアプリなどを

すべて抹殺しました。最低限必要なものだけ残した

ことで気を引くものが少なくなりスマホを開いたとしても

長時間いじることがなくなりました。





僕は、数か月前までは暇があればスマホを

いじっていましたが最近はアプリを消したことにより

スマホ自体が誘惑の対象からうすれつつあるような

気がします。





◆まとめ

勉強に集中できない原因のひとつは環境

まずは、集中できる環境をつくる

そのために、スマホや漫画など誘惑となるものを

周囲におかない。



以上、くりりんがお送りしました。

オンライン暗記塾はじめました!

 

ちなみに、僕は現在

オンライン暗記塾を運営してます。

 

主に、高校生向けに暗記のやり方を

教えてる感じですね。

 

これまで、指導した高校生は

2400人以上です。

 

 

 

 

教えてる高校生はバシバシ成績伸ばしてます。

 

 

 

僕が教えてるのは暗記のやり方です。

 

正直、テストは暗記ができれば

どの教科ででも点数取れます。

 

 

 

実際僕の教え子は

いろんな教科で高得点をとってます。

暗記のやり方教えてるだけにも

関わらずです。

 

 

ちなみに、

これまでもらったテスト結果報告はこれ

 

・生物 54点→80点

・英語 24点→41点

・英語 50点→98点

・社会 60点→90点

・日本史 81点

・世界史 94点

・世界史 97点

・英語表現 88点

 

 

他にも、

過去最高得点取れたとか

学内順位100位上がったという

人もいましたね。

 

最近だと

「テストができすぎて怖い」

という報告をもらいました 笑

 

そこまで効果あるものなのだな〜と

改めて暗記法の強さを知りました。

 

 

やはり、暗記力つよしですね。

 

しかも、本質的な知識なので

教科をまたいで成績上がります。

 

 

ちなみに、僕はもともと

成績良かったわけではなくて

普通にテストで7点とかとってました 笑

 

 

そんな頭悪い状態でしたけど、

暗記のやり方を知ってから

98点とか取れたんですよね。

 

自分でもビビりましたけど 笑

 

 

そっから、大学にも現役で受かって、

国家試験も1発で取れました。

 

 

 

 

暗記力知ってると

知らないではまじでその後の

結果が大きく変わります。

 

 

これを知らないのは

僕は恐怖です。

 

 

 

暗記のやり方知らないと、

まずテストで点取れないんですよね。

 

あと、恐ろしいことに

勉強した時間全て無駄になることも

あるんですよ。

 

 

何でかというと、暗記力って覚える力

何ですけどそれ知らないとどんだけ

やっても忘れるということが起きるからです。

 

 

 

暗記力ないと、10時間勉強しても

その内容全部忘れるんですよ。

 

 

 

すると、テストで思い出せないんで、

赤点で追試になります。

 

結果、最悪学年上がれず

後輩と一緒に授業受けることになったり。

 

これ、地獄ですよね。。。

 

 

 

 

暗記力ないのってそれだけ

恐ろしいことなんですよね。

 

努力が全て無駄になるんですよ。

 

実際、昔の僕もそんな感じで

やってもやっても点数上がらん状態でした。

 

 

 

僕は他から見ればかなり優等生でした。

超真面目で授業もちゃんと受けますし、

黒板も完璧にノートに写します。

 

にも関わらず、テストは

いっつも赤点なです。

 

やばくないですか?

 

 

 

真面目に授業受けてるのに

赤点なんですよ。

 

 

これも、暗記力なかったから

起こってしまったことなんですね。

 

 

結果、自分に自信なくなって

精神的に病んでうつになりました。

 

 

あの時は、地獄だったな。。。。

生きてる価値を感じられなかったです。

自分のクソさに嫌気がさしてました。

 

 

 

 

でも、それもただ暗記のやり方

知らなかっただけだったんですけどね。

 

 

 

でも、残念なことに暗記のやり方って

学校とか塾では教えてくれないんですよね。

 

 

暗記は、脳の知識なので、

学校や塾ではまず知ることが

できないんです。

 

彼らは自分の専門教科は超

詳しいんですけど、脳科学の

知識は全くないんですよね。

 

まあ、当たり前ですけど 笑

 

 

僕も偶然、慶應の大学生から教えてもらって

気が付いたんですけど、まじで

えぐいですよ。

 

 

暗記力知ったらテストでいい点取れるし、

大学にも受かります。

 

しかも、おまけに国家試験でも

使えるとう神知識です。

 

 

 

で、僕の場合は成績伸びた結果

自分に自信もつきました。

 

僕はコミュ障で、女の子と話すの超苦手

何でしたけど、最近デートもできました。

 

僕は今26歳ですけど、

24歳の看護師の女の子とか、

25歳の社会人の女の子とか、

29歳の医療系で働いてる子とかと

デートしました。

 

 

昔の自分からしたらまじで信じられないです。

年齢=彼女いない、目を見て話せないとか

そういうレベルの人だったんで。

 

 

成績上がると

自分に自信ついて行動力も上がります。

だから、積極的になれるんですよね。

 

 

慶應の師匠、暗記力教えてくれて

まじであざっす!って感じです。

 

 

 

他にも自信ついた結果

富士山も登れましたし、

ブログの記事を200記事もかけました。

 

最近では、20代で人雇ったり、

ブログ運営したり、Youtubeで

暗記法の動画とったりもしてます。

 

コミュ障でYoutuberみたいなこと

やっててまじで意味不明ですね 笑

 

昔の僕が今の僕を

見たらビビるでしょうね〜

 

 

ちなみに、僕は今暗記のやり方を

公式LINEで教えてたりします。

 

今はライン追加者も2000人以上になりました。

 

教える人増えすぎてるので

そろそろ教えるのやめようかなとか

思ってます。キャパ的に厳しいので 汗

 

なので、知りたいなら

今のうちですよ〜

 

詳しい内容はこちら

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ゆう@暗記サポート】

公式ライン登録者数2333人

(2019年5月15日時点)

成績がアップする高校生続出!?

 

慶應生から学んだある【勉強法】とは?

 

詳しくはこちら↓

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー