大学の通学時間が2時間は普通?一人暮らしすべき?

シェアする

大学ともなると家から距離が遠くなることも多いため、通学時間が長くなりがちだと思います。今回は通学時間が2時間は普通なのか?



またバイトなどはできるのかについてお伝えしていきます。



ちなみに僕は大学では通学に1時間30分かかりました。社会人の今も通勤は1時間30分かかっています。

スポンサーリンク


大学の通学時間が2時間は普通?






通学時間が2時間はやや長いですね。僕が大学に行ってた時でも、2時間かかる人は少なかったですね。ただ、まったくいないわけではありませんでした。


通学時間1時間程度の人が多かった



僕の学科では通学に1時間以上かかる人が多い印象でした。中には30分程度の人もいますし、2時間くらいかけてきている人もました。



僕はサークルなどはせずバイトだけをしていましたが、中にはバイトもやって部活やサークルもやっている人も多くいました。

僕の学部の平均的な通学時間は1時間〜1時間30分くらいだと思います。単位が足りなくて学年が上がれなかった人はあまり見かけませんでしたね。

単位がとれないのは通学時間が長いというよりは本人のやる気次第だと思います。


通学時間2時間は辛い?

2時間は辛いです。僕が1時間30半でまあまあしんどかったんで。2時間になるとなかなかハードだと思います。ですが、通えないことはないです。



僕は理系大学に通っていましたが大学までは1時間30分かかっていて、毎日辛かったものの休まず通うことはできていました。

遠いな~と思いつつも単位を1つも落とすことなく卒業することができました。


大学の1限目は9時スタート






基本的に大学の1限目は9時に始まるので、多少通学時間が長くても間に合うと思います。僕がかよっていた大学でも1限目が9時に始まります。



そのため毎朝起きるのは2時間前の7時くらいでした。7時40分の電車に乗らないとダメだったので、駅までの徒歩15分も考慮して、家を出るのは7時20分頃でした。



大学は高校よりも1限目が9時開始と遅いのが救いですね。



7時 起床

7時20分 出発

7時40分 電車乗車

8時30分 大学到着

といった感じ。


2時間30分を超えるとかなりハード

僕の友達で2時間30分かけて家から大学まで通っている人がいましたが、2時間を超えるとかなりきつくなるようです。



1〜2回生で単位をかなり落としてましたし、起きるのは5時30分とかなり早いようでした。そのため寝過ごして1限目に遅刻することもあったそうです。



普通であれば3〜4回生は楽なんですがその友達は4回生になってもほぼ毎日学校に行ってましたね。授業があるため就活もままならなかったそうです。



なんとか卒業はできたみたいですがとても辛そうでした。


2時間は微妙なライン

2時間というのは非常に微妙なラインですね。実家から通うか、一人暮らしするか迷いますね。2時間は辛いものの家から通えない時間ではないと思います。



でも、一人暮らしするとなるとお金の問題もでますので、初めは実家から通ってみて、あまりにもきついのであれば一人暮らしに切り替えるのがいいかもしれませんね。



ただ、バイトやサークルもやろうと考えているなら、通学に2時間もかかるのは、かなりハードな生活になると思います。その場合は一人暮らしの方が良いかもしれません。

理系大学に行くなら知っておくといいことを紹介します!

僕は理系大学に行ってましたので、実際はどんな感じかを紹介したいと思います。

理系は1〜2回生の時が特に辛い

理系大学に関していえば1〜2回生の時が辛いですね。理系は文系の大学に比べ、単位をとるために受ける授業が多く、ほぼ毎日授業に出る必要があります。



僕は1回生で必要な単位を取るために月曜から金曜までほぼ1限目から授業をとっていました。1年の前期は月曜から金曜までびっしり授業があり、後期にようやく2限目から開始の日が1日ありました。



授業を受けるかは自己申告なのですが、フル単位が基本パターンとなります。


1〜2回では取れる単位は全部とる



確かに授業数を減らせば楽なんですが、1〜2年でフル単位を取っておけば、3回生以降はとる科目がかなり減るのでだいぶ楽ができます。



後々楽するために1〜2回生で取れるだけの単位は取っておいた方がいいですね。また、3〜4回生になると研究室の配属や就活も始まります。



仮に単位が少ない場合は、単位取得のための授業が卒研や就活に影響する可能性もでてきます。そういった理由でも、はやめはやめに単位を取得しておく方がいいですね。



※1〜2回でフル単位をとったら3〜4回が楽になるのは僕の学科での経験からです。そのため、理系大学だとしても学科によって楽さ加減は変わると考えられます。そのため、参考程度に考えてもらえるといいと思ます。



一番いいのは事前にネットで自分が行く学科について調べたり、大学の先生や先輩などに聞くのかいいですね。




研究室は多種多様






4回生になると研究室への配属となりますが、どこの研究室に配属になるかで天と地の差があります。平日朝から晩まで研究室にこもりきりのところもあれば週1回だけのところもあります。



僕は運良く週1の研究室になったので4回生は遊び放題でした。ただ、そのぶん卒業研究は自分でスケジュールを立てながらやっていく必要がありましたね。



卒研の進み具合は自分次第なので、さぼっていると後で痛い目を見ます。その点に関しては毎週びっしりある研究室ならある程度全員が同じテンポで卒研が進むというメリットがありますね。

スポンサーリンク




1時間半かけて4年間理系大学に通ってみて・・・

電車に乗る時間が長い、そして満員電車はまじできつい 泣

通学には大抵電車を使うと思いますが、電車に乗ってる時間がかなり長いです。僕の場合は地下鉄を使ってたのですが、朝のラッシュにぶち当たる上に、地下鉄のため、各駅にしか止まらないので非常に大変でした。



ただその後に乗り換える路線は比較的空いてたのでまだマシでしたね。路線の選択肢があるなら、できるだけ空いてるとこをえらぶ方がいいです。



1〜2回生を乗り越えさえすれば2限目や昼始まりの日もできるので、むしろ空いていて余裕で座れたりします。

朝の時間さえ回避して乗れれば電車通学もそこまで苦ではないですね。後電車の場合は夜のラッシュにも注意です。

社会人が帰る時間帯だとかなり混むのでできる限りその時間帯は避ける方がいいです。授業が終わったらすぐ帰るか、時間をどこかで潰してラッシュが過ぎ去って帰るという方法もあります。


バイトはできる?

バイトはできます。夜にシフトを入れれるコンビニや居酒屋のようなバイトであれば平日もできますし、土日であれば通学時間に関係なくできます。



ただし、仕事の開始時間が固定されている場合は時間に間に合うかを確認しておく方がいいですね。



バイトさきによっては少し遅くても大丈夫など融通が利く場合もありますので、面接の際など、前もって聞いておくといいです。



バイトは基本的に数ヶ月から数年にわたり同じところで働くことになると思いますごが、中には短期でできる派遣などの仕事もあります。派遣であれば1日だけという仕事もありかなり自由に仕事ができます。


通学時間1時間30分でもバイトはできる

僕は居酒屋でバイトしてましたが、学校終わりでそのままバイトに行くこともありました。



ただやはり学校終わりのバイトはきついですし、通学時間がかかるほど、疲労も蓄積されます。バイトを大学の途中か家の近くでするかによっても働きやすさは変わりますね。

僕は初め、大学に行く途中で探してましたが、最終的には家から近くでできるバイトをしました。



仕事が終わってからも家に帰りやすいですし、終電を逃した時などを考えても近い方がいいとおもったので。


派遣は融通がきくけどむなしい

そして、派遣の仕事もやりましたが、1日だけなので毎週のシフトに憂鬱になることはありませんでした。



ただ、そのぶんなかなかお金は稼げませんし、毎回働くさきを探すのがかなり面倒でした。また、毎回働き先が変わるので、孤立感を感じます。



孤独が大好きならいいかもしれませんが、やはりさみしさを感じるのが派遣の仕事のデメリットですね。会社によってはあまり良い対応をされない場合もありました。



仕事先で派遣さんと呼ばれたときはすごくむなしい気持ちになりました。

やはり、同じとこで長くバイトするのが精神的にはいいかもしれませんね。


まとめ

通学時間2時間は辛いですが、頑張れば通えます。ただし、バイトや部活、サークルなどもするならかなりきつくなります。実家から通うか一人暮らしするかは自分で通えそうかを判断して決めるのがいいです。



そして、僕の学科の場合では1〜2回生が山場でした。ここでしっかりと単位を取れれば3〜4回では授業が減りだいぶ楽できました。



僕はこれまでの人生を振り返ってみると、通学時間は学年が上がるほど長くなってる気がします。5分で学校とかはほんと憧れますね〜。



過去の通学時間を思い出してみました。

僕のこれまでの通学時間

幼稚園はバスで40分?(あまり覚えてないです)

小学校もバスと歩きで50分

中学校は徒歩で30分

高校は自転車で40分

大学は徒歩と電車で1時間30分



そして今は社会人で

会社までは1時間30分で8時出勤なので

かなり辛いです 笑



何気に高校の自転車で30分がまあまあきつかったです。僕の家は高台にあって、学校も高台にあるので、行き帰りに必ず坂を登らないとダメだったんです。



しかも、途中に河川敷を通るので向かい風が吹くことも多く、こいでも全く進まないこともありました。そう考えると電車の方がまだマシなような気もしますね。



中学生の時が一番通学時間が短かったんですね。そして、大学からはずっと1時間越えですね。やっぱり通学、通勤が1時間を超えてくると行き帰りだけでかなり疲れます。朝は通勤ラッシュで座れないですし、帰りも帰宅ラッシュで座れないんで 笑。



今は会社の出勤が8時と早い上に、通勤に1時間30分もかかるので、起きるのは5時30分くらいですね。初めは起きれるか不安でしたが、今は勝手に目がさめる状態になってます。人間以外と順応できるものですね。



出勤が8時で1時間30分でもいけることを考えると大学は9時からなんで通学に2時間でもいけないことはなさそうですね。後は電車の時間をいかにして過ごすかですね。せっかくの時間なんで有効に使いましょう!



それにしても毎日の朝が辛い今日この頃です。

10分くらいでいける範囲に引っ越そうかな・・・(-_-)



スポンサーリンク

ご訪問いただいた読者の方へ


当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。

管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。



最後に、記事を読んでくださったお礼として、

僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で

まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。



以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識

となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。


僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!


1位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。

2位 1日の時間を増やす方法

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 記憶力を鬼上げる方法

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。

X位 番外編

ランキングに入らなかったけど、スーパー大事な知識が学べる記事を集めました






抽象具体思考プロジェクトついに始動!!


元慶応生・起業家(社長)から学んだ抽象具体思考を8日間で学べるコンテンツ作りました!(合計7000文字越え!)やばすぎて正直、教えたくないけど無料で公開します!


僕がこれまで学んだ中で最もえげつないと思った知識があります。

それが抽象具体思考です。

  

これはあらゆる情報を統括および統合できる知識です。

この知識を得るメリットは計り知れません。現在僕の根源を

支えてる超重要レベルの知識です。それを無料で公開しようと思います。
  

なお、この情報は応用が効く範囲が情報全てに
及ぶ知識です。

今後、予告なく非公開にする可能性もあります。

その点に関しましてはご了承ください。




抽象具体思考を身に着けることによって得られるメリットは、

・思考力が上がり頭がよくなる

・情報を多角的に俯瞰して捉えられる

・情報を相互に関連させられ理解力があがる

・理解力が上がることにより記憶力があがる

・論理的なスピーチが出来るようになる

などがあります。



簡単に言うと頭がよくなります。

そんな、抽象具体思考が8日間で学べるコンテンツを作成

しました。



詳細はこちら↓

抽象具体思考習得プロジェクト

これはやばい!僕がおすすめする超便利ツール


クレカはまじで最強のツール!知識があればリボ払いも怖くない!

僕はクレカめっちゃ恐ろしいカードだと思ってました。その理由はリボ払いという謎のシステム。でも、これ知識ないだけでした。実際使ってみたらクレカは超便利ツールで、リボ払いも怖くなかったです。

むしろクレカはもってないと損してることに気が付きました。知識ってやっぱり大事。知ってるか知らないかそれだけでも人生は変わりますよ。持ってない人はぜひ!


僕の実体験をもとにクレカについて紹介した記事がこちら↓

リボ払いが怖いならリボ払いにしなきゃいいだけだ!クレカはまじで最強のツールだ!