インフルエンザっぽいけど喉痛くない!風邪との判別基準は?

シェアする

なんだか、インフルエンザにかかったみたい。

39度の高熱が出てる・・・。でも喉は痛くないしな・・・

インフルエンザは風邪にも似た症状がでるので結構、判断に迷うことがあると思います。



結構、この違いを知らないという方も多いのではないでしょうか。

僕は今回調べて初めて知りました 笑



そこで、今回は喉が痛くない場合に、インフルエンザかどうかの判断方法を紹介します。



スポンサーリンク


喉は痛くないけどインフルエンザ?風邪との判断基準は?




結論から言うと喉が痛くなくても、インフルエンザの可能性はあります。その理由は、インフルエンザでは、時間差で風邪のような症状が出てくることがあるからです。

インフルエンザにかかった時は、まずは次の4つの症状が起こる場合が多いです。


  • 38度を超える高熱
  • 寒気
  • 関節痛・筋肉痛
  • 全身の倦怠感


これらの症状は体の全体にわたるため全体症状といわれます。

インフルエンザのメインの症状はこれら3つで、少し遅れて次のような風邪の症状が現れます。


  • 喉の痛み
  • 鼻水
  • 吐き気
  • 下痢


これらの症状は体の鼻やのどなど、体の一部分に出るため部分症状といわれます。

このように、インフルエンザの症状は時間差で出てくる場合もあるため、喉が痛くないからインフルエンザではないとは言えないんですね。

逆に言えばインフルエンザでよくみられる、高熱、寒気、関節痛等がなければインフルエンザにかかっている可能性は低いと言えますね。

では、続いてインフルエンザと風邪の違いをより詳しく見ていきましょう。

インフルなのか風邪かの判断基準

インフルエンザと風邪の症状は結構にてるので、どっちなんだろう?と迷ってしまう場合もあると思います。そこで、この章ではインフルエンザかどうかの見極めポイントを紹介したいと思います。

症状の進行が違う

インフルエンザと風邪では症状の程度や進行の仕方に違いがあります。

風邪は基本的に症状の経過はゆるやかで、鼻やのどなど、部分的な体の部位に影響がでます。一方、インフルエンザの場合は症状は急に起こり、全身症状が表れその後、風邪のような症状が現れることが多いです。

まとめると



風邪

進行はゆるやか
主な症状は部分症状(鼻やのどなど)

インフルエンザ

急に症状が現れる
全体症状の後に風邪に似た症状が現れる



スポンサーリンク




インフルエンザの症状

続いてインフルエンザの特徴的な症状を紹介します

全身症状がある

インフルエンザの場合は、体の全身的に症状がでるところも、風邪と異なる点です。鼻やのどなどの体の一部分ではなく体の全身に症状がでる場合はインフルエンザの可能性が高いです。全身症状には高熱、関節痛、倦怠感・悪寒などがあります。

高熱が出る

風邪でも熱が出ることはあると思いますが、インフルエンザの場合は38度を超えるような熱が出ます。38度、39度になると体感でもかなり辛くなると思うのでわかりやすいと思います。

関節の痛みや筋肉痛

インフルエンザの場合は、体の関節などが痛くなる傾向があります。熱っぽい状態で体に痛みがある場合はインフルエンザの可能性が高いですね。

急激な状態の悪化

高熱、悪寒、筋肉痛などが急に現れ、症状が急に悪化するのもインフルエンザの特徴です。普通の風邪であれば、鼻水、くしゃみ、咳などの症状から現れ、症状の進行はゆっくりしています。

インフルエンザと風邪の症状は似ていますが、以上のような点から、インフルエンザかどうかを判断することができます。

まとめ

喉が痛くなくてもインフルエンザの可能性はあります。

インフルエンザと風邪の違いは症状の出かたです。


風邪



発症がゆるやかで部分的に症状がでる


インフルエンザ



急に発症し、体の全体に症状が表れ、その後、 部分的な症状がでる

全体症状→部分症状



風邪とインフルの大きな違いは症状の進行具合や出る症状ですね。

風邪はじわじわ~という感じですが、

インフルの場合はドーン!じわ~という感じですね。



ようは、インフルは最初がめっちゃしんどいということですね。



ちなみに、

全体症状とは・・・

  • 高熱
  • 寒気
  • 関節痛・筋肉痛
  • 倦怠感
体の全体に影響するものを言います。

部分症状とは・・・

  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 吐き気
  • 下痢
など体の一部分にでる症状のことを言います。



インフルエンザはとにかくしんどいので、手洗いうがいをしっかりして、

未然に防ぐように努力したいものですね。



スポンサーリンク

ご訪問いただいた読者の方へ


当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。

管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。



最後に、記事を読んでくださったお礼として、

僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で

まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。



以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識

となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。


僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!


1位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。

2位 1日の時間を増やす方法

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 記憶力を鬼上げる方法

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。

X位 番外編

ランキングに入らなかったけど、スーパー大事な知識が学べる記事を集めました






抽象具体思考プロジェクトついに始動!!


元慶応生・起業家(社長)から学んだ抽象具体思考を8日間で学べるコンテンツ作りました!(合計7000文字越え!)やばすぎて正直、教えたくないけど無料で公開します!


僕がこれまで学んだ中で最もえげつないと思った知識があります。

それが抽象具体思考です。

  

これはあらゆる情報を統括および統合できる知識です。

この知識を得るメリットは計り知れません。現在僕の根源を

支えてる超重要レベルの知識です。それを無料で公開しようと思います。
  

なお、この情報は応用が効く範囲が情報全てに
及ぶ知識です。

今後、予告なく非公開にする可能性もあります。

その点に関しましてはご了承ください。




抽象具体思考を身に着けることによって得られるメリットは、

・思考力が上がり頭がよくなる

・情報を多角的に俯瞰して捉えられる

・情報を相互に関連させられ理解力があがる

・理解力が上がることにより記憶力があがる

・論理的なスピーチが出来るようになる

などがあります。



簡単に言うと頭がよくなります。

そんな、抽象具体思考が8日間で学べるコンテンツを作成

しました。



詳細はこちら↓

抽象具体思考習得プロジェクト

これはやばい!僕がおすすめする超便利ツール


クレカはまじで最強のツール!知識があればリボ払いも怖くない!

僕はクレカめっちゃ恐ろしいカードだと思ってました。その理由はリボ払いという謎のシステム。でも、これ知識ないだけでした。実際使ってみたらクレカは超便利ツールで、リボ払いも怖くなかったです。

むしろクレカはもってないと損してることに気が付きました。知識ってやっぱり大事。知ってるか知らないかそれだけでも人生は変わりますよ。持ってない人はぜひ!


僕の実体験をもとにクレカについて紹介した記事がこちら↓

リボ払いが怖いならリボ払いにしなきゃいいだけだ!クレカはまじで最強のツールだ!