卒業証書や賞状の受け取り方!右手と左手どちらから?

シェアする

卒業式の時期になりましたね。

そんな時、ふと疑問に思うのは、卒業証書の受け取り方ではないでしょうか?



もらう瞬間になって、あれ!右手、左手、どっちでもらうんだっけ・・?

とパニックになってしまう時がありますよね。



それに受け取る手は、決まっているのか・・?ということも気になります。



きっとなぜもらう手が決まっているかを知れば、覚えやすくなると思います!

なので今日は、そんな疑問も一緒に解決していきます。



今回は、

・卒業証書の受け取りは、右手?左手?

・なぜ受け取る手が決まっているのか?

について紹介していきたいと思います。


卒業証書や賞状の受け取り方は?右手?左手?






これ、どっちなんでしょう・・。迷いますよね。

ちなみに私は学生の頃、右手で受け取るよう、先生に言われていた記憶があります。



実際、受け取る手はどちらなのでしょうか・・?



公的機関の教えでは、右手だそうです。



右利きの人は、覚えやすくていいですね。

公的機関というのは、しっかりとした定義はないのですが、簡単にいうと絶対になくならないものということですね。



例えば、警察や自衛隊、公立高校などが含まれます。

他は、駅など。日常に欠かせなくて、無くなる可能性が低いものが公的機関です。







でもなぜ、右手からなのでしょうか?



次はその疑問についてお話していきますね。


なぜ受け取る手が決まっているのか?

受け取る手は、右手という事ですが、その理由はなぜなんでしょう。



実はなぜ右からもらわないといけないのかについては、はっきりした理由はわかっていないんです。



ただ公的機関では証書などを受け取るとき右から受け取る、という風に決まっています。



なので、警察官の方などの受け取り方をみてみると、右からもらっていますよ。



みんなそれに合わせている、という事ですね。

なので、証書などをもらうときは右からもらうことを意識するといいです。



なので右からもらう理由が曖昧なため、現在でも左から受け取るのが正しいという人も中にはいるんですね。



なので私立の学校などでは、その学校の決まりで、もしかしたら左で受け取ることがあるかもしれません。

しかし公立の学校に通っている人は、公的機関で定められている右手からを意識した方がいいです。


まとめ

・証書を受け取る手は、公的機関では右と決まっている

・はっきりとした理由はないが、迷ったときは右から



卒業証書っていきなり、渡されるとどっちからもらえればいいんだろう、と思いますよね。

ただ公立の学校に行かれている方は、基本的に右手からとるという風に指導されるはずです。



私立の方は、学校で決まりはないか確認してみるのもいいですね。

もし分からなければ、公的機関でも定められている右手から受け取ってしまいましょう!



私も今回記事を書いて勉強になりました。

利き手が右の人は、とっさに出す右手で受け取ればいいんですね。



卒業証書の受け取り方で迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ご訪問いただいた読者の方へ


当サイトの記事を読んでくださりありがとうございます。

管理人のくりりんです。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの、役立つ記事となったのであれば幸いです。



最後に、記事を読んでくださったお礼として、

僕がこれまでブログ記事を100記事以上書いた中で

まじで重要だと思った記事TOP3を紹介します。



以下の記事は僕が渾身の力を込めて、超本気で書いた記事です。

僕のフルパワーが発揮された、まじで、知らないと損するレベルの知識

となってますので、ぜひ読んでいただくことをおすすめします。


僕がリアルガチで力を入れて書いた記事TOP3!


1位 脳の仕組みを利用して意図的にテンションを上げる方法

テンション上がらないのは病気?僕がブログ100記事かけた理由!

テンション上がらないとかやる気起きない時ってありますよね、そんなときに使える方法をお伝えします。僕がブログ100記事を達成できたのもこの要因が大きいです。

2位 1日の時間を増やす方法

細分化すれば時間は増やせる!時間を分割したら1日の時間が4時間45分も増えたw

実は、時間って増やせるんですよ。全ての人に時間は存在してます。それに気が付いてないだけなんです。重要なのは細分化です。

3位 記憶力を鬼上げる方法

100点満点中7点をとるほどバカな僕が、学年総合成績で200人中3位をとれた理由とは?記憶力の鍛え方!!

記憶力って誰でも上がるんです。実は、脳には記憶に定着しやすいパターンというのが存在します。そのパターンに従った勉強をすることで、効率的に記憶に残すことができます。暗記系テストから資格の勉強まで、あらゆる情報を得るときに応用が効く知識です。

X位 番外編

ランキングに入らなかったけど、スーパー大事な知識が学べる記事を集めました






抽象具体思考プロジェクトついに始動!!


元慶応生・起業家(社長)から学んだ抽象具体思考を8日間で学べるコンテンツ作りました!(合計7000文字越え!)やばすぎて正直、教えたくないけど無料で公開します!


僕がこれまで学んだ中で最もえげつないと思った知識があります。

それが抽象具体思考です。

  

これはあらゆる情報を統括および統合できる知識です。

この知識を得るメリットは計り知れません。現在僕の根源を

支えてる超重要レベルの知識です。それを無料で公開しようと思います。
  

なお、この情報は応用が効く範囲が情報全てに
及ぶ知識です。

今後、予告なく非公開にする可能性もあります。

その点に関しましてはご了承ください。




抽象具体思考を身に着けることによって得られるメリットは、

・思考力が上がり頭がよくなる

・情報を多角的に俯瞰して捉えられる

・情報を相互に関連させられ理解力があがる

・理解力が上がることにより記憶力があがる

・論理的なスピーチが出来るようになる

などがあります。



簡単に言うと頭がよくなります。

そんな、抽象具体思考が8日間で学べるコンテンツを作成

しました。



詳細はこちら↓

抽象具体思考習得プロジェクト

これはやばい!僕がおすすめする超便利ツール


クレカはまじで最強のツール!知識があればリボ払いも怖くない!

僕はクレカめっちゃ恐ろしいカードだと思ってました。その理由はリボ払いという謎のシステム。でも、これ知識ないだけでした。実際使ってみたらクレカは超便利ツールで、リボ払いも怖くなかったです。

むしろクレカはもってないと損してることに気が付きました。知識ってやっぱり大事。知ってるか知らないかそれだけでも人生は変わりますよ。持ってない人はぜひ!


僕の実体験をもとにクレカについて紹介した記事がこちら↓

リボ払いが怖いならリボ払いにしなきゃいいだけだ!クレカはまじで最強のツールだ!