集中力がなくて本が読めない!大事なのは選び方と読み方!


なぜ本が読めない?

集中力がなくて本が読めない!という方は集中できないような本の選び方、読み方を
してしまっている可能性があります。まずは、基本的な本の選び方と読み方から確認
していきましょう。


本が読めない原因

本の内容が難しすぎる

本にはそれぞれ読みやすい本、と読みずらい本があります。本が読めないという方は自分の読書レベルよりも難しい本を選んでしまっている場合があります。僕も専門用語バリバリで難しい表現をしているような専門書は読む気がうせます 笑



まずは、その本が自分にとって読みやすい本なのかを確認してみてください。
理解できないようであればよりわかりやすく読みやすい本を選ぶようにしましょう。読み手のレベルにもよりますが、大きく分けて本には次のような3つの難易度の本があります。

1.基本事項のみが書いてる本

その分野に関してまったくの無知の方が分かりやすく読める本。新しく初心者向け。


2.専門的だけどわかりやすく書いてる本

普通に本が読める、またはその分野の知識を少し知っている中級者向け

3.専門用語に加え、難解な表現が用いられている専門書。

上級者向け。初心者が手をだす代物ではない。
僕は基本的に2番にあたる本を読むようにしています。ある程度専門的ではありますが、一般向けの本なので理解しやすく読みやすいです。2番の本はよくキャッチ―なタイトルがついている場合が多いですね。「記憶力をあげる3つの習慣!」みたいな感じのものですね。

本を読むのが大嫌いという方は1番の本を選ぶようにしましょう。選び方としては文字が大きかったり、ページ数が少ないものがいいですね。

本を初めから全部読もうとしている

これは昔の僕もそうだったのですが、本は最初から最後まですべて読むものだと思っていたんですね。でも、本を読む目的は知識を得ることです(小説などは別ですが)。だから本って別に全部読まなくてもいいんです。

目次を見て面白そうだなと思ったところから読めばいいんです。最初から最後まで全部読んでも大抵の場合あんまり記憶には残ってないんですよね。

僕も本を全部読み切った後は確かに達成感を感じるんですが、あれ?結局何が書いてあったんだっけ?と内容を忘れていることがよくあります。だから、本を読むときは自分が興味のあるところから読み、1つでも記憶に残せるような読み方をすることが大切です。




本を読むときはハードルを下げる

これはとても重要なポイントです。本を読むときってよっしゃーよむぞー!って思うときってあんまりないと思います。本を読みたくなるのって本を読み始めてからなんです。本を読み始めるからこそ脳が刺激されて、続きが気になったりするんですね。

やる気はやらないと出ないんです。だからこそ本を読むときは本を読むハードルを下げることがとても大事です。最初なんて本の1ページ読むだけでもいいんです。もっというならもくじだけでもいいです。とにかく読むまでのハードルを下げましょう。

1冊読み切ろうとするから読めなくなるんです。とりあえず読むかーとそういうテンションで読み始めてください。そうすると、続きが気になって気づくと勝手に何ページも読んでたりします。

僕も本を読み始めるときってあんまり読みたいとは思わないんですよね。でも読み始めるとたまにエンジンがかかってものすごく集中できるときがあります。そのときの知識が脳にインプットされる勢いはすさまじいですね。

まさに知識が脳にやきつく感じです。こう脳にぐわっとくるんですよ!このゾーンに入れば最強ですね。

僕の本の読み方

それではおまけとして僕の本の読み方を紹介します。基本的にはいままで説明した内容に沿っています。
・自分に合ったレベルの本を選ぶ
・軽く全体を流し読みする
・目次から気になった部分を読む
・その他に気になった部分を読み
・全体的に再度読む
・一通り読む
・繰り返し読む
・繰り返し読む
・繰り返し読む


こんな感じですね。実は、本は何回も読むと読むスピードが上がるんです。いわゆる速読です。速読法を実践しなくても読むスピードがあがるんです。なぜかというとすでに内容を知っているからです。

自分の興味のある分野の本って結構スムーズに読めますよね。これってその分野の知識をある程度知っているからなんです。知っているから理解できてスムーズに内容が頭に入ってくるんです。

だから一度本を読むとその本の内容を知っていることになるので、もう一度読むときは読むスピードが上がるんですね。このスピードは繰り返し読むほど上がります。しかも繰り返すことで記憶に残りやすくなるおまけつきです。

読書の目的は知識を得ることですので、繰り返し読むことはとても効果があります。そのためにはハードルを下げて読むことが大事なんですね。初めの一歩は大変なんですがそれさえ乗り越えればそれほど力を使わずに済みます。

最後に

今回は本の読み方についての記事でした。本を読むときはまずその本が自分に合ったレベルなのかを確認します。自分のレベルにあっていなければ、よりやさしい本を選ぶようにしましょう。そして本は全部読む必要はありません。

目次をみて自分が面白そうと思うところから読んでいけばいいんです。また、読むときはとにかくハードルを下げましょう。読み始めの時が一番つらいときです。読み始めてさえしまえば意外と本は読めるものです。

嫌になったらすぐやめても構いません。とりあえず読むか―という軽い気持ちで読み始めるようにしましょう。そして本は繰り返し読んでくださいね。そうすれば読むのがさらに楽になり知識も身に付きますので。

オンライン暗記塾はじめました!

 

ちなみに、僕は現在

オンライン暗記塾を運営してます。

 

主に、高校生向けに暗記のやり方を

教えてる感じですね。

 

これまで、指導した高校生は

2400人以上です。

 

 

 

 

教えてる高校生はバシバシ成績伸ばしてます。

 

 

 

僕が教えてるのは暗記のやり方です。

 

正直、テストは暗記ができれば

どの教科ででも点数取れます。

 

 

 

実際僕の教え子は

いろんな教科で高得点をとってます。

暗記のやり方教えてるだけにも

関わらずです。

 

 

ちなみに、

これまでもらったテスト結果報告はこれ

 

・生物 54点→80点

・英語 24点→41点

・英語 50点→98点

・社会 60点→90点

・日本史 81点

・世界史 94点

・世界史 97点

・英語表現 88点

 

 

他にも、

過去最高得点取れたとか

学内順位100位上がったという

人もいましたね。

 

最近だと

「テストができすぎて怖い」

という報告をもらいました 笑

 

そこまで効果あるものなのだな〜と

改めて暗記法の強さを知りました。

 

 

やはり、暗記力つよしですね。

 

しかも、本質的な知識なので

教科をまたいで成績上がります。

 

 

ちなみに、僕はもともと

成績良かったわけではなくて

普通にテストで7点とかとってました 笑

 

 

そんな頭悪い状態でしたけど、

暗記のやり方を知ってから

98点とか取れたんですよね。

 

自分でもビビりましたけど 笑

 

 

そっから、大学にも現役で受かって、

国家試験も1発で取れました。

 

 

 

 

暗記力知ってると

知らないではまじでその後の

結果が大きく変わります。

 

 

これを知らないのは

僕は恐怖です。

 

 

 

暗記のやり方知らないと、

まずテストで点取れないんですよね。

 

あと、恐ろしいことに

勉強した時間全て無駄になることも

あるんですよ。

 

 

何でかというと、暗記力って覚える力

何ですけどそれ知らないとどんだけ

やっても忘れるということが起きるからです。

 

 

 

暗記力ないと、10時間勉強しても

その内容全部忘れるんですよ。

 

 

 

すると、テストで思い出せないんで、

赤点で追試になります。

 

結果、最悪学年上がれず

後輩と一緒に授業受けることになったり。

 

これ、地獄ですよね。。。

 

 

 

 

暗記力ないのってそれだけ

恐ろしいことなんですよね。

 

努力が全て無駄になるんですよ。

 

実際、昔の僕もそんな感じで

やってもやっても点数上がらん状態でした。

 

 

 

僕は他から見ればかなり優等生でした。

超真面目で授業もちゃんと受けますし、

黒板も完璧にノートに写します。

 

にも関わらず、テストは

いっつも赤点なです。

 

やばくないですか?

 

 

 

真面目に授業受けてるのに

赤点なんですよ。

 

 

これも、暗記力なかったから

起こってしまったことなんですね。

 

 

結果、自分に自信なくなって

精神的に病んでうつになりました。

 

 

あの時は、地獄だったな。。。。

生きてる価値を感じられなかったです。

自分のクソさに嫌気がさしてました。

 

 

 

 

でも、それもただ暗記のやり方

知らなかっただけだったんですけどね。

 

 

 

でも、残念なことに暗記のやり方って

学校とか塾では教えてくれないんですよね。

 

 

暗記は、脳の知識なので、

学校や塾ではまず知ることが

できないんです。

 

彼らは自分の専門教科は超

詳しいんですけど、脳科学の

知識は全くないんですよね。

 

まあ、当たり前ですけど 笑

 

 

僕も偶然、慶應の大学生から教えてもらって

気が付いたんですけど、まじで

えぐいですよ。

 

 

暗記力知ったらテストでいい点取れるし、

大学にも受かります。

 

しかも、おまけに国家試験でも

使えるとう神知識です。

 

 

 

で、僕の場合は成績伸びた結果

自分に自信もつきました。

 

僕はコミュ障で、女の子と話すの超苦手

何でしたけど、最近デートもできました。

 

僕は今26歳ですけど、

24歳の看護師の女の子とか、

25歳の社会人の女の子とか、

29歳の医療系で働いてる子とかと

デートしました。

 

 

昔の自分からしたらまじで信じられないです。

年齢=彼女いない、目を見て話せないとか

そういうレベルの人だったんで。

 

 

成績上がると

自分に自信ついて行動力も上がります。

だから、積極的になれるんですよね。

 

 

慶應の師匠、暗記力教えてくれて

まじであざっす!って感じです。

 

 

 

他にも自信ついた結果

富士山も登れましたし、

ブログの記事を200記事もかけました。

 

最近では、20代で人雇ったり、

ブログ運営したり、Youtubeで

暗記法の動画とったりもしてます。

 

コミュ障でYoutuberみたいなこと

やっててまじで意味不明ですね 笑

 

昔の僕が今の僕を

見たらビビるでしょうね〜

 

 

ちなみに、僕は今暗記のやり方を

公式LINEで教えてたりします。

 

今はライン追加者も2000人以上になりました。

 

教える人増えすぎてるので

そろそろ教えるのやめようかなとか

思ってます。キャパ的に厳しいので 汗

 

なので、知りたいなら

今のうちですよ〜

 

詳しい内容はこちら

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ゆう@暗記サポート】

公式ライン登録者数2333人

(2019年5月15日時点)

成績がアップする高校生続出!?

 

慶應生から学んだある【勉強法】とは?

 

詳しくはこちら↓

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー