集中力がなくて本が読めない!大事なのは選び方と読み方!


なぜ本が読めない?

集中力がなくて本が読めない!という方は集中できないような本の選び方、読み方を
してしまっている可能性があります。まずは、基本的な本の選び方と読み方から確認
していきましょう。


本が読めない原因

本の内容が難しすぎる

本にはそれぞれ読みやすい本、と読みずらい本があります。本が読めないという方は自分の読書レベルよりも難しい本を選んでしまっている場合があります。僕も専門用語バリバリで難しい表現をしているような専門書は読む気がうせます 笑



まずは、その本が自分にとって読みやすい本なのかを確認してみてください。
理解できないようであればよりわかりやすく読みやすい本を選ぶようにしましょう。読み手のレベルにもよりますが、大きく分けて本には次のような3つの難易度の本があります。

1.基本事項のみが書いてる本

その分野に関してまったくの無知の方が分かりやすく読める本。新しく初心者向け。


2.専門的だけどわかりやすく書いてる本

普通に本が読める、またはその分野の知識を少し知っている中級者向け

3.専門用語に加え、難解な表現が用いられている専門書。

上級者向け。初心者が手をだす代物ではない。
僕は基本的に2番にあたる本を読むようにしています。ある程度専門的ではありますが、一般向けの本なので理解しやすく読みやすいです。2番の本はよくキャッチ―なタイトルがついている場合が多いですね。「記憶力をあげる3つの習慣!」みたいな感じのものですね。

本を読むのが大嫌いという方は1番の本を選ぶようにしましょう。選び方としては文字が大きかったり、ページ数が少ないものがいいですね。

本を初めから全部読もうとしている

これは昔の僕もそうだったのですが、本は最初から最後まですべて読むものだと思っていたんですね。でも、本を読む目的は知識を得ることです(小説などは別ですが)。だから本って別に全部読まなくてもいいんです。

目次を見て面白そうだなと思ったところから読めばいいんです。最初から最後まで全部読んでも大抵の場合あんまり記憶には残ってないんですよね。

僕も本を全部読み切った後は確かに達成感を感じるんですが、あれ?結局何が書いてあったんだっけ?と内容を忘れていることがよくあります。だから、本を読むときは自分が興味のあるところから読み、1つでも記憶に残せるような読み方をすることが大切です。




本を読むときはハードルを下げる

これはとても重要なポイントです。本を読むときってよっしゃーよむぞー!って思うときってあんまりないと思います。本を読みたくなるのって本を読み始めてからなんです。本を読み始めるからこそ脳が刺激されて、続きが気になったりするんですね。

やる気はやらないと出ないんです。だからこそ本を読むときは本を読むハードルを下げることがとても大事です。最初なんて本の1ページ読むだけでもいいんです。もっというならもくじだけでもいいです。とにかく読むまでのハードルを下げましょう。

1冊読み切ろうとするから読めなくなるんです。とりあえず読むかーとそういうテンションで読み始めてください。そうすると、続きが気になって気づくと勝手に何ページも読んでたりします。

僕も本を読み始めるときってあんまり読みたいとは思わないんですよね。でも読み始めるとたまにエンジンがかかってものすごく集中できるときがあります。そのときの知識が脳にインプットされる勢いはすさまじいですね。

まさに知識が脳にやきつく感じです。こう脳にぐわっとくるんですよ!このゾーンに入れば最強ですね。

僕の本の読み方

それではおまけとして僕の本の読み方を紹介します。基本的にはいままで説明した内容に沿っています。
・自分に合ったレベルの本を選ぶ
・軽く全体を流し読みする
・目次から気になった部分を読む
・その他に気になった部分を読み
・全体的に再度読む
・一通り読む
・繰り返し読む
・繰り返し読む
・繰り返し読む


こんな感じですね。実は、本は何回も読むと読むスピードが上がるんです。いわゆる速読です。速読法を実践しなくても読むスピードがあがるんです。なぜかというとすでに内容を知っているからです。

自分の興味のある分野の本って結構スムーズに読めますよね。これってその分野の知識をある程度知っているからなんです。知っているから理解できてスムーズに内容が頭に入ってくるんです。

だから一度本を読むとその本の内容を知っていることになるので、もう一度読むときは読むスピードが上がるんですね。このスピードは繰り返し読むほど上がります。しかも繰り返すことで記憶に残りやすくなるおまけつきです。

読書の目的は知識を得ることですので、繰り返し読むことはとても効果があります。そのためにはハードルを下げて読むことが大事なんですね。初めの一歩は大変なんですがそれさえ乗り越えればそれほど力を使わずに済みます。

最後に

今回は本の読み方についての記事でした。本を読むときはまずその本が自分に合ったレベルなのかを確認します。自分のレベルにあっていなければ、よりやさしい本を選ぶようにしましょう。そして本は全部読む必要はありません。

目次をみて自分が面白そうと思うところから読んでいけばいいんです。また、読むときはとにかくハードルを下げましょう。読み始めの時が一番つらいときです。読み始めてさえしまえば意外と本は読めるものです。

嫌になったらすぐやめても構いません。とりあえず読むか―という軽い気持ちで読み始めるようにしましょう。そして本は繰り返し読んでくださいね。そうすれば読むのがさらに楽になり知識も身に付きますので。

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする