不眠症の原因と対策!睡眠の質で人生は変わる!

未分類

僕は不眠症でした。布団に入っても何時間も寝れず、寝れないことがすごくストレスでした。そこで、なんとかしてこの不眠を直したい!と思い、睡眠について勉強することにしました。

その結果、今ではぐっすり寝れるようになり、睡眠に悩むこともなくなりました。不眠を直すために、まずは原因を知ることが大事です。今回は不眠症になってしまう5つの原因と対策について調べてみました!それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサードリンク

不眠症の5つの原因と対策

不眠症となり、寝れなかったり眠りが浅くなるのには5つの原因があります。不眠症を放っておくと寝れないことにストレスがたまり、うつ病になることもありますので、注意が必要です。それではそれぞれの原因について見ていきましょう。

[ad#co-1]

心理的要因

原因⇒人間関係などのストレス

 

学校や会社での人間関係などで、イライラしたり精神的なストレスがたまると、緊張や興奮が起こります。その結果、自律神経が乱れ、寝つきが悪かったり、睡眠が浅くなるなどの不眠症の原因となってしまいます。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。通常、起きている時は交感神経が、寝ている時は副交感神経が優位に働いています。しかし心理的なストレスにより、これらの自律神経が乱れると、睡眠時に優位になるべき交感神経にうまく切り替わらなくなります。

この結果、寝ようとしても寝れないなどの不眠の症状が発生します。心理的なストレスが原因となっている場合は、根本的なストレスを解決するか、適度な運動などをしてストレスを軽減したりすることが大切になります。

対策⇒ストレスをなくす、減らす

ストレスを解消する記事はこちら↓

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1187″]

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1197″]

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1140″]

身体的要因

原因⇒身体の痛みや病気

 

体の痛みや花粉症などの病気があると、眠る時にリラックスすることが難しく、不眠となってしまう場合があります。このような場合は、眠りを妨げている病気自体を直す必要があります。

特に花粉症や風邪による鼻水や鼻づまりで寝れないという方は多いですね。僕も鼻がつまったりすると、なかなか眠りにつけなくなります。僕の場合は頭の高さを高くして寝ると鼻が通りやすくなって寝ることができていました。

対策⇒病気を治す、軽減する

環境的要因

原因⇒睡眠に適さない環境

 

部屋の環境も睡眠に関係があります。気温や湿度、音、光などは入眠のしやすさや睡眠の質にも関係します。良い睡眠をとるにはこれらを適切な状態にして寝ることが大切です。暑い夏や寒い冬はエアコンをつけるなどして部屋の温度を調節するようにしましょう。

また、電気をつけたまま寝たり、音楽を聞きながら寝ると睡眠の質が下がりますので、寝る時は電気を消し、静かな状態で寝るようにしましょう。

対策⇒環境を整える

習慣的要因

原因⇒睡眠によくない習慣

 

寝る前に強い光を浴びたり、夜更かしなどをすると体内時計のリズムが乱れ不眠症の原因となります。睡眠とって良くない習慣を続けていると、布団に入ってもなかなか寝れないことが増えてきます。

このような不眠状態が続くとストレスがたまり、うつなどになってしまう場合もあります。規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠をとって体内時計を乱さないことが大切です。

対策⇒生活習慣を正す

睡眠のリズムがずれている方におすすめな記事はこちら↓

[A url=”http://kuririn007.net/archives/727″]

薬理学的要因

原因⇒アルコール等の摂取

 

何らかの薬や成分によって不眠の症状がでる場合があります。特にアルコールやカフェインは睡眠の質を低下させたり、体内時計のリズムが乱れるなどの影響があります。アルコールは一時的には眠りにつきやすくなります。

しかしその一方で眠りが浅くなり、疲れがとれないなどの症状がでます。そのため、長期的に見るとアルコールを眠るために飲むのは避けるべきです。睡眠は自然に眠れるようにするのが最も効率の良い方法です。

対策⇒自然に眠れるようにする

[ad#co-1]

スポンサードリンク

最後に

不眠症の5つの原因と対策

  • 心理的要因⇒ストレスをなくす
  • 身体的要因⇒病気を治す
  • 環境的要因⇒環境を整える
  • 習慣的要因⇒規則正しい生活
  • 薬学的要因⇒自然な眠り

僕は不眠生活から脱却した

僕は1年ほど前は、布団にはいってもなかなか寝つけないという状態でした。その原因としてもっとも大きく関わっていたのは習慣でした。朝はずっと布団で寝ていたり、夜はスマホやパソコンを見るなど、規則正しい生活とはほど遠い日々を送っていました。

それから、生活習慣を見直したことで不眠は改善し睡眠で悩むことはなくなりました。今でも夜更かしはしたくなるんですが、夜更かしを我慢してでも睡眠を優先する価値はあるなと最近感じます。

睡眠が充実すると驚くぐらい次の日のパフォーマンスがあがります。頭の回転は速くなりますし、情報処理や記憶力も段違いになります。自然と前向きになりますし、声も大きくなります。これを実感すると夜更かしはデメリットしかないなとつくづく思います。

 

 

今すぐ眠気を飛ばしたい方はこちら↓

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1960″]
 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました