寝る前のホットココアは歯磨きすべき?安眠に最適な方法とは?

夜寝れないからと寝る前にホットココアを飲んだ後は、歯を磨くべきか迷いますよね。

歯を磨くのは面倒、でも虫歯にならないかは心配になりますよね。

僕はホットミルクなら大丈夫と勝手に判断して飲んでいましたが、実際のところどうなんだろうと疑問に思いました。

そこで、今回はホットココアやホットミルクを飲んだときに歯を磨くべきかについて調べてみました。

ちなみに、安眠のためにホットココアを飲むなら寝る直前に飲んではいけないんです。

その理由は人が眠る仕組みと関わっています。

人が眠る仕組みを知れば睡眠の質はぐんっと上がるんです。そのことについても記事後半で紹介しますね。

スポンサーリンク


ココアを飲んだ後に歯磨きは必要?


歯磨きをした後にココアを飲んだ時はもう一度歯磨きをした方がいいです

なぜなら、市販の粉末のココアには砂糖が含まれているため、そのまま寝てしまうと虫歯の原因となるからです。

そのため、すでに歯を磨いた後にココアを飲んだ時は、虫歯防止のために歯磨きをする方がいいですね。

また、牛乳にも乳糖といわれる糖分が含まれているので、これが虫歯の原因となってしまいます。

なので、ホットミルクを飲んだ場合も歯を磨いたほうがいいんですね。

不眠症で寝つきや睡眠の質が悪い本当の原因

ホットココアは寝る直前に飲んではいけない!?

安眠のためにココアを飲むときは、寝る直前に飲む場合が多いと思います。特に睡眠のために飲む時はホットココアにして飲みますよね。

実は、ホットココアを飲む場合は寝る直前に飲む必要はないんです。

というより、寝る直前に飲んではいけないんです。

その理由は、寝る直前に暖かい飲み物を飲んでしまうと、身体の体温が上がりむしろ、寝つきにくくなってしまうからです。

寝る直前にホットココアを飲むと寝れなくなる

深部体温という言葉は知っていますか?これは身体の内部の温度のことなんですが、人が眠る時はこの温度が低くなります。

また、深部体温が低いほど睡眠の質があがりぐっすり眠れるようになります

深部体温は夕方から夜にかけて少しずつ下がっていき、そのまま行けば温度は下がり続け、寝る頃にちょうどいい温度となります。



しかし、寝る直前に暖かいホットココアを飲むと、この温度の低下を妨げてしまうんです。

そのため、安眠のためにホットココアを飲んだにもかかわらず逆に寝つきにくくなってしまうんです。

あなたはホットココアを飲んだのに寝れなかったという経験はありませんか。

それはこの深部体温が関係していたためなんですね。

安眠のコツは飲むタイミング

ですが、暖かいホットココアを飲んでいけないわけではありません

飲むタイミングを調節さえすれば、ホットココアは安眠の効果が期待できます

そのタイミングとは寝る直前以外です。寝る30分~1時間前くらいがいいと思います。

このタイミングは人によって違うと思いますので、目安程度に考えてください。

寝る30分~1時間前くらいに暖かいホットココアを飲むと眠りにつきやすくなるのですが、これも深部体温が関係しています。

深部体温は温度が下がっている時に温度を上げると、その反動でより温度が下がりやすくなります。

そのため、寝る少し早めにホットココアを飲むと、深部体温が寝る頃により下がるので眠りやすくなるんですね。

このように、飲むタイミングを変えることで、ホットココアは安眠にとって、とても効果的な飲み物となるんですね。



実は、この深部体温というのは睡眠にとって非常に重要なもので、寝る時にしっかりと深部体温を下げることで睡眠の質が向上するんです。

だから僕は今、この深部体温を意識して下げるようにしています。

スポンサーリンク


睡眠の本質を知れば方法は1つではないことが分かる

深部体温で寝つきの良さが変わるってことは・・・?

ここであることに気がつきませんか?
深部体温が下がればぐっすり寝れる?
温度を下げれば良い?



「それなら、ホットココアじゃなくてもよくない?」

と思いますよね。



実はそうなんです。安眠のためには別にホットココアでなくてもいいんです

ホットミルクだろうが、ホット麦茶だろうが暖かければなんでもいいということなんです。

暖かければ何でも安眠できる


このことがわかれば安眠のために飲める飲み物ってとても増えますよね。別にお湯とかでもいいんです。暖かいんで。

この深部体温というのは睡眠の本質なんですが多くの人はこのことに気づいていないんですね。

僕は寝る前にホットミルク飲んでも全然ねれませんでした

それもこの深部体温のことを知らなかったからなんですね。



確かに牛乳やココアには安眠物質が含まれています。

でも僕はそういった物質の効果よりも、深部体温の方が確実に効果的だと思います。

なぜなら、深部体温というのは人間が持っている寝るための仕組みだからです。



人間の眠る仕組みと飲み物などに入っている物質とどちらが効果が高いかと言われたらやっぱり人の眠る仕組みの方だと思うんです。

だから僕は、もう安眠のためにホットミルクやホットココアを飲むことはなくなりました。なぜなら、飲まなくても寝れるようになったからです。

ホットミルクでの安眠は卒業しました!

僕は最近、寝る前に安眠を目的としてホットミルクを飲むことはありません。

では何をしているかというとお風呂に入っています。そしてお風呂に入るのは寝る1時間前です。

ここまで読んだあなたなら、なぜ1時間か分かると思います。そう、深部体温が寝る頃に下げられるタイミングだからです。

他にも寝れる理由はありますが、僕はこれを実践してから毎日ぐっすり寝れています

逆にお風呂に入らないとやっぱり次の日は少し眠かったり、疲れが取れなかったりしてます。

個人的には安眠のための方法としてはお風呂に寝る1時間前にお風呂に入るのをおすすめします。そして、そのときは電気を消して入るようにしてみてください。

洗面台の照明をつければ十分入れる暗さとなります。

これは、睡眠の本質の2つめに関係しますが、電気を消すことでさらに安眠効果が高まります。

だから改めて深部体温を意識的に下げることは大切だと思います。

飲み物、お風呂、ストレッチなど何でもOK!

僕はお風呂に入っていますが、体を暖める方法ならなんでもかまいません。

なぜなら睡眠の本質は深部体温を下げることだからです。だから深部体温が下がりさえすればなんでもいいんです。

暖かい飲み物を飲んでもいいですし、僕のようにお風呂に入ってもいいです。他にも軽くストレッチするとかでもいいと思います。

なので、自分にとって一番やりやすいものを探してみてください。

深部体温を上げるときの2つの注意点

深部体温を下げるという基本から外れていなければなんでもいいんで。1つめの注意点はさっきも言いましたがタイミングです。

深部体温は時間差で下がるので、ある程度それを見越して身体を温める必要があります。

そしてもう一つは身体を温め過ぎないことです。

熱すぎるお茶とかを飲むと深部体温が上がり過ぎて、下がるまで時間がかかってしまいます。

なので暖かいくらいの温度にするようにしてください。

どうしても熱いのがいいという場合は飲む時間を2時間などに増やして下さい。

そうすることで寝る時に合わせて温度を合わせることができます。これはお風呂に入るときやストレッチをするときも同様です。

体温が上がりすぎる場合は寝るまでの時間を長めにとるようにしてください。

カフェイン入りの飲み物には注意

飲み物はの中には覚醒作用のあるカフェインが含まれているものがあるので、カフェインが入ってる飲み物は避けた方がいいですね。

エナジードリンクとか、コーヒーとかですね。

これから寝ようとしてるのにエナジードリンクを飲む人はいないと思いますが、イメージ的に入ってなさそうな飲み物に入っているときもあるので注意が必要ですね。

ココアにも量が少ないですがカフェインが入っています。そのため飲むならホットミルクとかの方がいいかもしれませんね。

その他にも、緑茶や烏龍茶、コーラなどにも入っているので寝る前にこういった飲み物は飲まないようにしましょう。

飲むならカフェインの入っていないお湯や暖かい麦茶、ホットミルクなどがいいですね。

スポンサーリンク


最後に

これまでのまとめです。

・ホットココアやホットミルクには虫歯の原因となる糖分が含まれているので飲んだ後は歯を磨く。
・ホットココアなど暖かい飲み物を寝る直前に飲んではいけない。
・飲むなら寝る30分~1時間前くらいがベスト。
・深部体温が寝つきの良さや睡眠の質を決める。
・体が温まれば方法は何でもいい。
・深部体温を上げる時の注意点はタイミングと暖かさ
・寝る直前に温めることや温めすぎないようにする
・カフェイン入りの飲み物には注意

・おすすめは1時間前にお風呂に入ること

・温度は熱くしすぎない

・電気を消すと安眠効果がさらに高まる

テクニックに踊らされていはいけない!本質を知るべし!

僕はこれまで睡眠に対して無知だったことによって寝れない生活を送り続けていました。

そんな中、睡眠の本質を知ったことで、今では寝れなくて悩むことがなくなりました。

布団に入っても1時間以上寝れないのが当たり前だったあの時は本当につらかったです。

そういった経験から学ぶことの大切さを痛感しました。

そして学ぶときはたくさんある情報の中の本質を知ることがとても重要です。

睡眠でいえば深部体温です。

ホットミルクを飲めば寝れるとか、お風呂に入れば寝れるとかこういった表面的な知識をしってもあまり役には立ちません。

応用が利かないからです。

しかし、人が眠る本質を知ればそういった表面的なテクニックがすべてつながっているということが分かります。



本質というのは抽象的な情報のことであり応用の効く情報のことです。

テクニックの共通点を抜き出してみると本質とつながっています。今回の例でいえば共通点は体の温度ですね。

暖かい飲み物を飲むのもお風呂に入るのもどちらも体の温度を上げることです。

このように、情報の本質はいったいなんだろう?と考えることがとても大切です。本質を知れば自分でアイデアを編み出せるようにもなりますので。

今はネットでいろんな情報が簡単に手に入りますが、情報が多すぎて何が大切なのかが分かりにくくなっています。

そんな中でテクニック的な情報によって惑わされるのではなく、しっかりと本質的な情報を見極めることが大切ですね。

ちなみに睡眠の本質には2つありその一つが今回話した深部体温です。

もう1つの睡眠の本質について書いた記事があるので興味のあるかたは見てください。

僕は毎日寝るときはこの2つを意識するようにしています。



睡眠のもう1つの本質について書いた記事がこちらです↓

睡眠リズムを元に戻す!たった1つのことを知るだけでぐっすり眠れる!

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする