前向きになれそうな思考を紹介します!思考×3

今回は一風変わった記事を作成しました。やる気が起こらない時にやるぞーとなれるような思考を紹介したいと思います。


天才は駄作の山を積み重ねる

天才といえども、わずかな努力で成功を成し遂げたわけではない。数多くの失敗を繰り返し、その結果成功した。凡人でも、膨大な努力を行い、数をこなせば天才に近づける。

実は、エジソンも電球を発明するまでには1万回もの失敗をしたそうです。しかも、エジソン自身はそれを失敗とは認識していませんでした。ただ、うまくいかない方法を1万通り発見しただけだといったんです。

これって超ポジティブであって見習う思考だと思います。失敗したとしてもそれはうまくいかなかった方法を発見したと思えればなんとなく一歩進んだ気になりますね。なかなかここまでポジティブには考えられないかもしれませんが、考える努力をするだけでも意味があると思います。

ハードル下げたら動ける

ハードルって行動を起こすためにとても重要な存在です。例えば、自分が東京に住んでたとして北海道に行くのはかなりハードルが高いと思います。ですが、東京スカイツリーに行くとしたらその日すぐに行くことはできますよね。これは単純に距離というハードルの差によるものです。

他にも本を読むとき100ページある本を読むとなると結構ハードル高いですよね。でも1ページだけ読めばいいならかなりハードル低いと思います。1ページなら5分もあれば読めますよね。これはページ数によるハードルの差ですね。

このように、ハードルというものは行動を起こすうえで非常に重要なもので、行動できないときはとにかくハードルを下げることを意識することが重要です。やらないといけないことがあるのに行動に移せない、そんなときはハードルを下げることがとても大事なんです。

ハードルを下げる方法としては


  • なくす
  • 簡単にする
  • 細分化する


この3つがあります。



それぞれについて解説します。

なくすとはそもそものハードルを取り払うことです。電車に乗るときって切符を買って乗りますけど、今だとスイカとかイコカとかがありますよね。これは切符を買うという行為自体をなくしています。チャージさえしておけば改札でピッとやるだけで電車に乗れます。こういった電子カードを持っておくことで切符を買うこと自体をなくすことができます。

簡単にするのはこれまでやっていた行動をよりやりやすくする方法です。簡単にできるとやるためのハードルが下がるので行動しやすくなります。非常に細かい例でいえばスマホのアプリの位置を変えるなどですね。よく使うアプリを親指で届く位置に移動させておくだけでも行動するハードルはかなり下がると思います。よく使うのに別のページにあったり、画面の端に合うととても使いずらいですよね。この使いずらさがハードルを高めてしまっています。こういったように、行動までの方法を簡単にすることでも行動がしやすくなります。

細分化とは細かく分けるということです。僕が最近この細分化を使った例が富士登山です。富士山に登るのってめちゃくちゃハードル高いですよね。僕もまったく知識がなかったのでなにから始めればいいのかすらもわかりませんでした。そこで、僕はやるべきことを細分化してまずは富士山を上るルートについてだけ調べてみました。すると、富士山には4つの上るルートがあることがわかりました。この時点で、少しだけ富士山に関する知識を身に着けれました。次にそれぞれのルートについてどんなルートなのかどれだけ時間がかかるかなどを調べました。こういったことを繰り返していくうちにだんだんと富士山に関する知識が身に着けられて、富士山に登るハードルが下がっていきました。そのあとは何が必要なのかを調べたり、登山靴を買ったりなどなどハードルが高いことを細かく分けてこなしていきました。今ではある程度の登山に関する知識も身に着けることができました。僕がここまでできたのもやはり富士登山を細分化してハードルを下げたからだと思います。

このように、行動するまでのハードルが異様に高い事の場合は細分化して細かく分けて考えることがとても有効です。

まとめると、行動できないときはハードルを下げることが超大事で、ハードルを下げる方法には、なくす・簡単にする・細分化があるということです。


とりあえずやる、やれば慣れる

新しいことに挑戦するときってすごく不安に思うと思います。やったことがないのはできないのはあたりまえです。新しいことを始めるときに完璧にやろうとする必要はないんです。わからなくてもとりあえずやってみれば意外とできたりします。僕はテニスの経験がなかったのでまったくやりかたも知らず、ルールすら知らない状態でした。ですが、僕はそんな状態でもとりあえずテニススクールに入りました。できるかできないかはどうでもよくて、まずはやることが大事です。考える前にまず行動するんです。ただ、行動するときには自己流でやるのではなくその分野ですでに成功している人の真似をするのがいいです。自分流でやっても成功することはほぼなので、すでに成功する人からどんどん吸収しましょう。

僕の場合はテニスのコーチに教えてもらえるので、どうすればうまく打てるかを学ぶことができます。僕は始めたころは相手のコートにまともにボールを返すことすらできませんでした、3ヵ月たった今では普通にラリーをできるくらいまでにはなりました。このように、人は初めてやることでもやってみれば意外とできるものです。何度もやれば慣れるんです。だからこそ、新しいことに挑戦するときは考える前にまず行動し、それから修正を加えていけばいいんです。

オンライン暗記塾はじめました!

 

ちなみに、僕は現在

オンライン暗記塾を運営してます。

 

主に、高校生向けに暗記のやり方を

教えてる感じですね。

 

これまで、指導した高校生は

2400人以上です。

 

 

 

 

教えてる高校生はバシバシ成績伸ばしてます。

 

 

 

僕が教えてるのは暗記のやり方です。

 

正直、テストは暗記ができれば

どの教科ででも点数取れます。

 

 

 

実際僕の教え子は

いろんな教科で高得点をとってます。

暗記のやり方教えてるだけにも

関わらずです。

 

 

ちなみに、

これまでもらったテスト結果報告はこれ

 

・生物 54点→80点

・英語 24点→41点

・英語 50点→98点

・社会 60点→90点

・日本史 81点

・世界史 94点

・世界史 97点

・英語表現 88点

 

 

他にも、

過去最高得点取れたとか

学内順位100位上がったという

人もいましたね。

 

最近だと

「テストができすぎて怖い」

という報告をもらいました 笑

 

そこまで効果あるものなのだな〜と

改めて暗記法の強さを知りました。

 

 

やはり、暗記力つよしですね。

 

しかも、本質的な知識なので

教科をまたいで成績上がります。

 

 

ちなみに、僕はもともと

成績良かったわけではなくて

普通にテストで7点とかとってました 笑

 

 

そんな頭悪い状態でしたけど、

暗記のやり方を知ってから

98点とか取れたんですよね。

 

自分でもビビりましたけど 笑

 

 

そっから、大学にも現役で受かって、

国家試験も1発で取れました。

 

 

 

 

暗記力知ってると

知らないではまじでその後の

結果が大きく変わります。

 

 

これを知らないのは

僕は恐怖です。

 

 

 

暗記のやり方知らないと、

まずテストで点取れないんですよね。

 

あと、恐ろしいことに

勉強した時間全て無駄になることも

あるんですよ。

 

 

何でかというと、暗記力って覚える力

何ですけどそれ知らないとどんだけ

やっても忘れるということが起きるからです。

 

 

 

暗記力ないと、10時間勉強しても

その内容全部忘れるんですよ。

 

 

 

すると、テストで思い出せないんで、

赤点で追試になります。

 

結果、最悪学年上がれず

後輩と一緒に授業受けることになったり。

 

これ、地獄ですよね。。。

 

 

 

 

暗記力ないのってそれだけ

恐ろしいことなんですよね。

 

努力が全て無駄になるんですよ。

 

実際、昔の僕もそんな感じで

やってもやっても点数上がらん状態でした。

 

 

 

僕は他から見ればかなり優等生でした。

超真面目で授業もちゃんと受けますし、

黒板も完璧にノートに写します。

 

にも関わらず、テストは

いっつも赤点なです。

 

やばくないですか?

 

 

 

真面目に授業受けてるのに

赤点なんですよ。

 

 

これも、暗記力なかったから

起こってしまったことなんですね。

 

 

結果、自分に自信なくなって

精神的に病んでうつになりました。

 

 

あの時は、地獄だったな。。。。

生きてる価値を感じられなかったです。

自分のクソさに嫌気がさしてました。

 

 

 

 

でも、それもただ暗記のやり方

知らなかっただけだったんですけどね。

 

 

 

でも、残念なことに暗記のやり方って

学校とか塾では教えてくれないんですよね。

 

 

暗記は、脳の知識なので、

学校や塾ではまず知ることが

できないんです。

 

彼らは自分の専門教科は超

詳しいんですけど、脳科学の

知識は全くないんですよね。

 

まあ、当たり前ですけど 笑

 

 

僕も偶然、慶應の大学生から教えてもらって

気が付いたんですけど、まじで

えぐいですよ。

 

 

暗記力知ったらテストでいい点取れるし、

大学にも受かります。

 

しかも、おまけに国家試験でも

使えるとう神知識です。

 

 

 

で、僕の場合は成績伸びた結果

自分に自信もつきました。

 

僕はコミュ障で、女の子と話すの超苦手

何でしたけど、最近デートもできました。

 

僕は今26歳ですけど、

24歳の看護師の女の子とか、

25歳の社会人の女の子とか、

29歳の医療系で働いてる子とかと

デートしました。

 

 

昔の自分からしたらまじで信じられないです。

年齢=彼女いない、目を見て話せないとか

そういうレベルの人だったんで。

 

 

成績上がると

自分に自信ついて行動力も上がります。

だから、積極的になれるんですよね。

 

 

慶應の師匠、暗記力教えてくれて

まじであざっす!って感じです。

 

 

 

他にも自信ついた結果

富士山も登れましたし、

ブログの記事を200記事もかけました。

 

最近では、20代で人雇ったり、

ブログ運営したり、Youtubeで

暗記法の動画とったりもしてます。

 

コミュ障でYoutuberみたいなこと

やっててまじで意味不明ですね 笑

 

昔の僕が今の僕を

見たらビビるでしょうね〜

 

 

ちなみに、僕は今暗記のやり方を

公式LINEで教えてたりします。

 

今はライン追加者も2000人以上になりました。

 

教える人増えすぎてるので

そろそろ教えるのやめようかなとか

思ってます。キャパ的に厳しいので 汗

 

なので、知りたいなら

今のうちですよ〜

 

詳しい内容はこちら

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ゆう@暗記サポート】

公式ライン登録者数2333人

(2019年5月15日時点)

成績がアップする高校生続出!?

 

慶應生から学んだある【勉強法】とは?

 

詳しくはこちら↓

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー