ウォーキングしたら逆に不眠になった!?3つの原因と対処法

不眠の時はウォーキングをするとよく寝れる!というようなことが言われていますよね。しかし、ウォーキングを始めたら、むしろ不眠になってしまう場合もあります。頑張って歩いたのによけに不眠になってしまうと辛いですよね。今回はウォーキングしたら逆に不眠になる原因についてみていきます。

ウォーキングをしたら不眠になる3つの原因

ウォーキングをして不眠になる原因として考えられるのは以下通りです。


  • 運動量
  • 体の痛み
  • 時間帯


それぞれ見ていきましょう。

運動量

まず、運動量についてです。ウォーキングをして不眠が解消されるのは理由の1つは疲労感を感じるからです。睡眠はある程度の疲労を感じている方が、疲れてないときよりも眠りやすくなります。しかし、この疲労が極度に高すぎると逆に寝付けなかったり、睡眠が浅くなる原因となります。例えばウォーキングでも、数十分程度であればそれほど疲労もたまりませんが、数時間も歩くとかなりの疲労となります。ウォーキングをした後寝れない場合は、極度に運動しすぎていないかを確認してみてください。

体の痛み

次に痛みですが、これまで運動をしていなかった人が急に運動を始めると体に痛みが起こる場合があります。体の痛みがあると夜寝つきにくくなり不眠の原因となります。ウォーキングをした後に痛みを感じる場合は、一度ウォーキングを中断したり、歩く量を減らして体への負担を軽減してみてください。

時間帯

最後は時間帯です。どちらかというと不眠の原因の可能性はこちらの方が高いと思います。不眠のためのウォーキングはやる時間帯が大切です。適切な時間帯にウォーキングをすることで夜の不眠が解消されやすくなります。

ウォーキングは寝る1時間前から寝るまでの間にやってはいけません。

なぜかというと、人は寝るときに体温が下がるようになっているのですが、寝る前に運動をしてしまうと、体温が上がり余計に寝れなくなってしまうからです。

そのため、ウォーキングをする場合は遅くとも

寝る2時間前位までにする方がいいですね。

また、その際はあまり長時間やらず若干の疲労を感じる程度の方が眠りやすくなります。

特にウォーキングにおすすめな時間帯は夕方くらいです。人の体温は夕方ころに最も上昇し、その後下がっていきます。この間に運動をして体温を上げると、寝るまでの間に体温がより下がりやすくなります。

まとめ

ウォーキングをして不眠が解消されない場合は
運動量と体の痛み、時間帯を確認する

過剰に運動しすぎていないかを確認する。
そして、時間帯は夕方~寝る2時間前くらいが良い。

その理由は人は寝るときに体温が下がるため、寝る直前に運動すると寝れなくなるから。



僕はもともと不眠でしたが、いまではだいぶましになりました。僕の場合はウォーキングをせずとも不眠は治りました。僕的には寝るためにわざわざウォーキングをするのは結構つらいと思います。毎日ウォーキングするのも大変ですし。僕がやった方法は人間が眠る仕組みにそった睡眠法で、やることは夜に暗くすることとお風呂に入ることだけです。以前は寝始めてから1時間以上寝れないのはあたりまえでした。ですが、光とお風呂をやってからは1年間で寝れなかったのは2~3日だけで、360日くらいはちゃんと寝れました。

たったこの2つだけでです。

ちなみに、このお風呂は体温に関係します。そして光と体温というのは睡眠の本質的な情報で、寝れない原因はほぼこれらに集約されます。

ここらへんの詳細について書いた記事があるのでよければどうぞ。↓

熟睡できない!睡眠の質を上げて安眠できる4つの方法!

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする