1日寝ないで学校行っても大丈夫?オールの次の日が学校!



オールした次の日に、寝ないで学校やバイトに行くのって大丈夫なのか疑問に思いますよね。

今回は、僕が実際に寝ないで学校に行った時の実体験をお話しようと思います。

この記事でお伝えする内容は

  • 寝ずに学校へ行っても大丈夫なのか?
  • 寝ないで登校する時の注意点
  • 眠気への対処法
です。

寝ないで学校に行った僕の感想は、

ちゃんと寝た方がいい です 笑

スポンサーリンク


寝ないで学校に行っても大丈夫?


結論からいうと大丈夫・・・

ですが、かなりきついです。

昔は僕も寝ずに学校へ行くことはありましたが、その日は気分は最悪で1日をとても損した気分になりました。

なので、最近はほとんど一睡もしないということはなくなりましたね。



登校までもう時間がない!とにかく寝ずにすむ方法が知りたい場合、

やはり即効性が高いのはエナジードリンクですね。



カフェインには覚醒作用があるので効果的です。



↓こちらからエナジードリンクがいろいろ見れます。

エナジードリンク一覧[楽天]

モンスターもいろいろ種類がありますね~

モンスターロッシ?これは初めて見ました。



学校行く前にコンビニで買って飲むとかはありかと思います。


寝ないで学校に行く時の対処法

一睡もしてないとはいえ、寝てないからという理由で学校を休むのはやはり抵抗がありますよね。

それでは続いて、寝ないで学校へ行くときの対処法を紹介します。

寝るのはハイリスクハイリターン

1番の方法というと単純で、寝ることです。

ですが、さすがに授業中に寝るのは怒られると思います。

なので、10分休憩や昼休みなどに寝るのがいいですね。



ただし、一睡もしていない状態だとかなりの眠気がたまっています。

そのため、授業が始まっても気づかず寝てしまう危険があることは知っておいてください。



寝て起きられれば眠気は減りますが、起きれないリスクはあります。



体調がわるいといって保健室で寝るのもありかもしれませんね。
とはいうものの学校で寝るのはなかなか至難の技だと思います。

なので、次は寝る以外に眠気を減らす方法を紹介します。


眠気を飛ばす方法

カフェインをとる

学校へいく前などにカフェインの含まれる飲み物を飲んでおきましょう。

カフェインには覚醒作用があるので、多少ましになります。
僕は寝れなかったときはいつもレッドブルを飲んでました。



エナジードリンク一覧[楽天]



エナジードリンク以外にもコーヒーや緑茶などにもカフェインが含まれます。

学校へいく前にこのようなカフェイン入りの飲み物を飲んでおきましょう。


体を水で濡らす

おでこや手、首など体を直接水で濡らすことでひやっとして眠気を飛ばすことができます。

水で濡らすのは休み時間にしかできませんが、結構効果がある方法です。

しゃべる

これは、かなり眠気がなくなる方法です。

しゃべると脳を使うので眠気が減ります。

ただし、授業中には使えません。

息を止める

息を止めると体がやばいと感じるのか、目がさめるそうです。

これは、僕はやったことないですね。

空気が吸えないことで命の危機を体が感知するのかもしれませんね。

やりすぎには注意です。

目薬をさす

目薬をさすことでも眠気が減るようです。

確かに超クールみたいな目薬だと、結構目が覚めそうですね。

体を動かす

授業中でも出来る方法としては、
  • 手足をグーパーを繰り返す
  • 背筋を伸ばす
  • 全身に力を入れてから、一気に脱力する
などがあります。

フリスクを食べる

これはそのままです。フリスクを食べます。

学校でガムはさすがに難しいかもですが、フリスクくらいなら食べててもバレない気がしますね。



↓このでかいやつがおすすめ
フリスクネオ ペパーミント



フリスクでなくとも、ミントなどの刺激のあるものを食べると頭を冴えさせることができます。

これは、まあまあ効果ありますね。

ツボを押す

百会(ひゃくえ)

頭の真上にあるツボです。

左右の耳と鼻のラインが交わる頭頂部分が百会です。

名前はなんとなく聞いたことがありますね。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の間の部分です。親指の骨と人差し指の骨が丁度交差する付近です。

これは僕もやってみましたが、効いているのか微妙でした。押し方にも正しいやりかたがあるのかもしれませんね。



今回紹介した以外にも眠気を飛ばす方法はあります。

詳細はこちら↓

眠気飛ばし方法


寝てない状態はとても危険

睡眠不足になると、頭がまともに働いていない状態なので、思わぬ事故につながる可能性もあります。

さすがに急に倒れる可能性は低いと思いますが、限界がくると授業中に気づくと寝てたなんてこともあります。

寝ずにそのまま学校へ行く場合は、通学途中などで怪我をしないよう、細心の注意を払うようこころ掛けてください。

寝ないで学校行くのはかなりきつい

現に僕は寝ないで学校に行ったことがありますが、とてもまともに授業を受けられる状態ではありませんでした。

頭はぼーっとしますし、集中することもできません。常にどこか上の空で頭が回ってない状態でした。

寝ないでも大丈夫とは言いましたが、この状態だとあまり大丈夫とはいえないですね。

ただ、学校の授業を座って受ける程度であれば、寝なくてもいけると思います。

ただし、授業の内容はまったく頭に入りません 笑

寝ないでバイト、寝ないで面接受けました


ちなみに、僕は結構寝ないで色々やってたことを思い出しました。

正確には「寝ないで」ではなくて「寝れなくて」ですが。

僕は不眠症だったので寝れないことがよくあったんですね。

学校以外にも一睡もできずに遊びに行ったり、バイトしたり、就活の面接まで受けました。

さすがに面接前日に一睡もしないのはきつかったですね。



頭がもうろうとする中なんとか受け答えをして、筆記試験を受けました。

そんな状態でしたが面接は受かりました。

もう2度と寝ずに面接は受けたくないですね。

寝ないでやらない方がいいこと

寝ていない状態でやらない方がいいのは、自転車や車の運転です。
睡眠をとっていない状態だと集中力が散漫になり、注意力が格段に低下します。

そのため自転車などを運転すると誤って人や物にぶつかる危険性があります。



また、睡魔に襲われて気づかないうちに寝てしまう可能性もあります。

一瞬で眠ってしまうマイクロスリープというものですね。



このように、寝ていない状態で運転をするのは非常に危険なのでやめておきましょう。

仮に学校へ行くとしたら電車やバスで行くか親に送ってもらうなどするのが安全ですね。

スポンサーリンク


まとめ

  • 寝ないで学校は行けるけど、辛い
  • 意識ももうろうとするためまともに授業は受けられない
  • 家で寝るのが最善の策
  • 寝ていない時は自転車や自転車の運転はしない。重大な事故につながる危険性が高い。

学校へ行く場合の対処法

  • 休み時間に寝る
  • カフェイン入りの飲み物を飲む
  • 体を水で濡らす
  • しゃべる
  • 息を止める
  • 目薬をさす
  • 体を動かす
  • フリスクを食べる
  • ツボを押す
僕はこれまで数回程度寝ないで1日を過ごしたことがあります。

その全ての日において言えることはただただ辛い、ということです。
頭が回らないので何も考えれないですし、体もだるいのでやるきも起きません。



なので、結局その1日の出来事はほとんど印象に残らず、忘却されてしまいました。
結局のところ寝ないで次の日を過ごしても何もいいことはないということです。

やっぱりちゃんと寝て、すっきり起きるのが一番ですね。
たまにはオールとかするのも楽しいとは思いますが、それが日常的になってしまうと寝れない原因ともなります。

ですから、夜更かしはたまにやる程度で基本の睡眠リズムはできる限り崩さないのが大切ですね。



最近、あまぞんプライムに登録したんですけど、

すごいよかったので動画とりました。

30日間無料で映画とかが見放題です。



動画はこちら

[レビュー]Amazonプライムビデオの良さを説明してみる







スポンサーリンク

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする