自分の記憶力のなさに嫌気がさしている人向け、学んだことを定着させやすくする2つのこと

一回学んだことってなかなか身に

つかないですよね。



せっかく覚えたのに

「あれっなんだったけな」という

ことはよくあるのではないでしょうか。



学んだことを忘れてしまっては

まったく意味がないですし

とてももったいないですよね。



そこで、学んだことを忘れないようにする

効率的な学習方法について

書きたいと思います。



結論からいいますと学んだことを

定着させやすくするには

次の2つのことが重要です。



・繰り返し学ぶこと

・アウトプットすること



それでは、一つずつ説明します。



繰り返し学ぶ、これはすでに知っている

ことかもしれません。



何度も何度も同じ情報にふれることで

脳にその情報がすりこまれていきますので

記憶に残りやすくなります。



例えば、パズドラの曜日ダンジョン

などもそうですね。



毎週のようにやってくる曜日ダンジョン。



初めのうちは何曜日に何の進化素材

がとれるのかなどさっぱりわかりません。



しかし、何度もやっているうちに自然と

どの曜日になにがでるのかを

覚えています。



火曜は番人系、水曜は仮面系と

いったようにですね。



毎週のようにやってくるので自然と

繰り返し学習し記憶に定着して

いっているんですね。



このように、繰り返し同じことを学ぶこと

によって学んだことを効率的に

定着させることができます。





次にアウトプットするについてです。

アウトプットとは学んだことを

外へ出すイメージです。





例えば、メモに書く、友達に話す、

ブログに書くなどです。



twitterに書いたりするのもいいかも

しれませんね。



インプットで脳に取り入れたことは

アウトプットをすることでより記憶に

残りやすくなります。



なぜならアウトプットは自分の頭で

思考しなければならないからです。





思考とは整理です。



この整理には負荷がかかります。

そのためなかなかアウトプットができない

ということもあるかと思います。



そういったときは、ハードルの低いことから

やるようにします。



文章で書くのが難しいならまずは

大切なところだけを書いてみる。



友達に話すのが難しいなら、

まずは一人でしゃべってみる。



地獄級が無理ならまずは超級からやる。



といったようにできることから始めます。



いきなり数百ページもある本を理解

することなんてできません。



まずは初めの1ページだけでも

いいのでやってみることが

大切です。



実は、この記事自体が私の

アウトプットだったりします。





◆まとめ

学んだことを効率的に定着させるには

・繰り返し学ぶ

・学んだことをアウトプットする

ことが大切です。



アウトプットするときは無理せず

できることから始めよう!



以上、くりりんがお送りしました。

勉強法の公式ラインやってます!

 

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではないです。

 

「知識」がないからです
ただ、勉強のやり方を

「知らない」だけ。

 

僕が教えるのは、
学校では決して教えてくれない
勉強法です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

今だけ!ライン追加すると

「たった5分でできる高速記憶法」を

プレゼント中です!

 

・テストの成績上げたい!

・模試やセンター試験でいい点をとりたい!

・勉強が苦手

・覚えるのが苦手

・第一志望の大学に合格したい!

 

という方はライン追加お待ちしてます!

 

今だけライン追加すると

「5分でできる高速記憶法」を無料で

プレゼントしてます!

 

 

こちらは高校2年生からの感想です!

 

↓ラインはこちらから追加できます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー