超ネガティブな凡人大学生だった僕が自信を持てるようになったのはこれを身につけたから

どうも、くりりんです。



今日は自分に自信がないなら

知識をつけろということについて

書いていこうと思います。



僕は、昔自分に対してまったく

自信がありませんでした。



今はだいぶましになりましたが。



なぜ自信がないのかを考えたときに

圧倒的に知識不足だったことが

原因だと思います。



とにかく、無知すぎたんです。



世間を全く知らない、

そして知ろうとしない。



自分の好きなことだけをやり、

好きなこと以外はすべて

拒絶してきました。



最近になって知識の重要性に

気づきました。



知識があれば本当に

世界が広がります。



例えば、健康に関する知識が

あれば、なぜ体がだるいのか、

睡眠不足を解消するには

どうすればいいのか



そういったことが分かるように

なってきます。



健康に関する知識を持っている

だけでも日々の生活が

とても充実します。



僕は睡眠について勉強したことで

毎日快適に眠れるようになりました。



僕が実践している眠りに関する記事です。

興味あるかたはどうぞ。



他にも心理学について知っていれば

人がどういったときにどのように

感じるのか



そういったことが分かり、

人間関係も良好に

することができます。



つまり、知識をもつことによって

自分の生活をよりよくしていくことが

できるんです。



知識があることで自分の生活が

よくなれば成功体験にもつながりますし、

その結果自分に対して自信をもつことが

出来るようになります。





他にも、いろんなことを知っている

自分に対しての自信がつきますし、

視野も広がります。



僕は現在、いろいろな知識を

みにつけている過程ですが

本当にいろいろな発見があります。



あらためて、自分は本当に知らないことが

たくさんあるなと感じます。



調べれば調べるほど知らないこと

が増えていきます。



同時に知らなかったことが

知れるというのはとても

素晴らしいことだと感じます。



自分の脳がどんどんと

成長していく感じですね。



知識を得ることでできなかったことが

できたりする。



そういったこともうれしく感じます。



しかし、自分の知らないことを

知ろうとするにはとても

抵抗があると思います。



勉強するというのは

あまり気が進みませんよね



ちなみにやる気がでないときに

やる気を出す方法を

書いた記事がこちら


僕もやる気がでないときは

これを意識してやる気を

だしています。



これは本当におすすめ。





勉強するのは、僕自身も初めは

あまり気が進みませんでしたが



学ぶうちにどんどんと知識が

身についていくと自分が日々、

成長しているように感じられます。



自分の興味がないことでも

どんどんとりいれ新しい世界を

知ることはとても大切です。



すぐに、拒絶せず少しずつでも

いいので知ろうとする姿勢を

持ってほしいと思います。



今の僕は、そういった考えを

身に着けることができて

本当によかったと思っています。



今の僕は昔に比べるとだいぶ

自信がついてきてるように感じます。



今の自分に自信がない人は

知識を身に着けできることを

増やすということを

実践してみてほしいと思います。



そうすることで、自分に自信がつき

毎日の生活はきっと楽しくなります。



PS

自分を変えるにはまず

思考をかえるべきです。



考え方を変えることによって

自然と行動が伴ってきます。



そのためにも、まずは1ページでも

いいから本をよんで、

知識を身につけることを

おすすめします。



僕のブログの記事の思考法を

実践してみてもいいと思います。



思考を変えると

人生は大きく変わります。





上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト