蒸気でホットアイマスクと葛藤、実際に使ってみた結果・・・

こんにちは、くりりんです。



最近、睡眠の質をあげるのにアイマスクがいいんじゃないかと

思いまして、アイマスクについて調べていました。



そこで、今回実際に使ってみたのが

蒸気でホットアイマスクです。








前から、ドラッグストアの店頭でよくみかけて

いたのですが、なかなか購入するにはいたりませんでした。



今回、ついにホットアイマスクをかって使ってみたので、

どんなかんじかをレビューしたいと思います。


まず、お値段ですが、僕が買ったときは999円でした。

ドラッグストアで買ったのですが、1000円払ったので

おつりは1円でした 笑



なんか、1円だけもらうために、レジの前で

待ってるあの瞬間がすごくせつなかったですね。





もういっそ1000円にしてくれた方がよかったのに。



ホットアイマスクにはいろいろ種類があって、

普通のやつと、香りつきのやつ、そして、レンジでチンして何回も使えるやつ

があります。



今回は初めてなので、普通のやつを買いました。

ちょっと香りつきもいいな~と思ったんですけど、

やっぱり、最初なんでスタンダードで行こうと思いました。



かおりがあると、そっちに気がいってしまって

ホットアイマスクを本来の良さを感じられないと思ったんですね。



ホントはあの香りつきにとても惹かれていて、

香りつきを買おうか迷ったんですけど、

やっぱ最初なんでね。



最初はやっぱスタンダードにしないとね。

基本が大事ですよね。何事も基本あっての、

応用ですよね。



香りつきのホットアイマスクは、基本と応用でいえば

応用ですよね。基本であるスタンダードをしった上で

使うべきですよね。



いきなり、応用に挑戦するのは外道だと思うんですよね。



だから、やっぱり最初はスタンダードだろ。

・・・でも香りつきもよさそうだな~



う~ん・・・香りつき・・・

いや、やっぱスタンダードだろ

基本大事、うん。



いや、でも・・・



と、そんなしょーもない葛藤があり、

結局スタンダードを選びました。



買った後はなんだかワクワクでした。



なぜか、小学校の頃、新しいおもちゃを買ってもらったときの、

あの新鮮なわくわく感を感じました。



ホットアイマスクを使うのが初めてだったからでしょうか。

やっぱり、初めての体験っていいですよね。

どきどきしますね。



外観は結構大きな箱で、たくさん入ってそうな感じでした。







全部で14枚入りの使い捨てタイプです。



外箱には、



無香料

約40℃蒸気浴

発熱時間約10分

と書いてありました。



箱を開けると

薄く包装されたアイマスクが入っていました。


さっそくふうを開けます。



中のアイマスクを想像よりも簡単なつくりでした。









まあ使い捨てなのでこんなもんか、という感じです。



そして、あけてから結構早い段階で

発熱し始めました。



発熱したアイマスクをつけます。

お~あったかい。



光もちゃんとさえぎられるので、結構いい感じです。



最初は寝る前に着けていたのですが、

あったか~い、そして暗~いと感じていると

気づいたら寝落ちしてました。



朝起きると、ホットアイマスクは布団の片隅で

冷たくなってました。



あらら。



使ってみた感想としては、目がじんわりあたたまって

視界も暗くなるのでいい感じだと思いました。



人は目から多くの情報を得てますので、

アイマスクをして意図的に視界を遮るのもいいですね。



落ち着きます。



ただ、使い終わったホットアイマスクが部屋に散らばってるのを

見ると少しむなしい気持ちになります。

使い捨てだから仕方ないか。



とまあ、こんな感じで寝落ちするほど気持ちいい

ということですね。



ホットアイマスクは、じんわり温まる感じがいいですね。



ストレス社会に疲弊してる方は

使ってみてはどうでしょうか?



こちらから購入できます↓

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト