アイマスクのデメリットとメリット!つけるとなんか効果あんの?

実は、アイマスクには睡眠の質を高める効果があります。アイマスクといえば、飛行機や新幹線などの移動時に使うイメージがありますよね。しかし、アイマスクは家でも使える、とても役立つ便利グッズだったんです。

今回は、

  • アイマスクのデメリット
  • アイマスクのメリット
について紹介します。



スポンサーリンク




アイマスクのデメリット

圧迫感がある

アイマスクのデメリットはやはり、顔につけるため圧迫感があるところですね。締め付けが強いアイマスクだと、リラックスするどころか逆にストレスを感じてしまいます。

こもる

目の部分を覆うので、暑い時期などはこもってしまうデメリットがあります。こもって不快感を感じる場合は通気性の良いアイマスクを選ぶといいですね。通気性の良いアイマスクはタオル生地やシルクのものですね。




アイマスクのメリット

光を遮断し熟睡できる

アイマスクは光が目から入るのを防ぎます。外からの光の刺激がなくなるため、睡眠の質があがります。



新幹線や新幹線、夜行バスの中など、光のある場所で寝る際に、役立つ睡眠グッズです。また、日中の明るい時に昼寝をしたい時などにも活用できますね。



寝るときは、部屋を暗くするからアイマスク必要ないと思うかもしれません。

しかし、部屋の電気を消したとしても、月明かりや街灯などのわずかな光が部屋に入ってきます。



また、目を閉じていたとしても、まぶたを通して光が入ってくることもあります。まぶたは皮膚が薄いので、光を完全にシャットアウトできないんですね。



そこで、アイマスクを使い、光を完全に遮断することで睡眠の質を上げることができます。

このように、アイマスクは光が目に入らないようにすることで、熟睡度をあげる効果があります。


目の疲れを取る

アイマスクをつけると目元が温まり、血行が良くなりす。血行がよくなると代謝もあがるため、目の疲れがとれやすくなります。

目元をより温めるホットアイマスクを使うとより効果が期待できます。



また、人は五感を通して情報を得ているのですが、その80%以上が視覚から入ると言われています。

そのため、アイマスクをすることで目から入る情報がなくなり、目を休めることができます。



このように、アイマスクは目の周囲の血行をよくしたり、情報をシャットアウトすることから、目の疲労度を下げる効果があります。

美容効果がある

ホットアイマスクをすることで、目の周りの血流がよくなります。血流が良くなることで目のクマが解消されるなど、美容効果があります。

まとめ

アイマスクのメリットは
  • 光を遮断して睡眠の質を上げる
  • 血行をよくして目の疲労をとる
  • 外部の情報を遮断して目が休める
  • 美容効果がある


アイマスクのデメリットは
  • 圧迫感がある
  • こもる
でした。



アイマスクをするとやはり、圧迫感を感じてしまうのが微妙な点かなと思います。

ただ、光を遮断して睡眠の質が上がるというのは、かなり大きなメリットではないかと思います。



確かに、睡眠にとって光というのは非常に重要なもので、睡眠の質に大きく影響します。



僕は以前、こうこうと電灯がついてる中で寝てしまったことがありました。

そして、朝起きるとなんとなく不快感があり、体の疲れも取れてない感じがしました。



これは、光を浴びたまま寝たことで、睡眠の質が下がってしまった例です。

このように、寝るときは光を遮断することが大切なんですね。



また、人は本来、太陽が登れば活動し、日が沈めば睡眠をとって休息するという生活を送っていました。



しかし、現代では24時間光がある環境となり元々の生体リズムが乱れがちです。

そういった理由からも、充実した睡眠をとるために、自分で意識的に光を操ることが大切になります。



アイマスクはその手助けとなるグッズです。睡眠の質を上げて、1日を元気に過ごしたいというかたは試してみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク



上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする