寝るときにつけておく小さい電球(電気)の名前とは?



寝るときにつけるオレンジ色の小さい電気ってなんて言うんでしょうね?よくよく考えると正式な名称って知りませんでした。

なかには、「ひもを引っ張るとつく、小さい電気」と呼んでる方もいるようです。

もはや名前というか、文章です 笑

僕は豆球と呼んでいましたが、それがあってるのかも謎です。そんなわけで、今回は、寝るときにつけておく小さい電気の呼び方を調べて見ました。



スポンサーリンク


小さい電気の呼び方とは?

小さい電気の本当の呼び方は

「常夜灯」(じょうやとう)というそう。

夜中にずっとつけておくので、
常に夜につける灯ということなんですね。



??ここで、僕は疑問に思いました?

夜中の間ずっとつけておく?

僕は夜中に小さい電気はつけないっすよ?
小さい電気ついてたら、寝れないですし
睡眠の質も下がります。

光は人の睡眠の質下げるんですよ。



Google先生に聞いたところ、常夜灯は主に寝てるときの安全確保の役割があるとのこと。

安全確保?





例えば、夜トイレに起きたときにテーブルの角に足をぶつけないようにするとか?

まー確かにテーブルに足の小指ぶつけるのは、本当に痛いですからね。もう、ほんと驚くほどの激痛です。



2〜3分は激痛で動けなくなりますね。

うん、確かに危険ですね。小さい電気つけてたらその事故の確率はだいぶ減るでしょうね。





あとは、心理的な面で暗いのが怖いというのもあるかと思います。確かに真っ暗にすると寝れないというのはよく聞きますね。



ここは、人によってかなり意見が分かれるところでしょう。



真っ暗で寝る派
小さい電気つけて寝る派



僕は真っ暗で寝る派ですね。真っ暗じゃないとぐっすり寝れてる気がしないんですよね。





せっかくなので、睡眠学できな面からも見て見ましょう。

睡眠にとって光というのはとても重要なものです。光の使い方によっては睡眠の質が下がってしまうということもあります。



特に寝る前の光というのは極力避けるべきです。なぜかというと、光を受けるとメラトニンという物質が減ってしまうからです。



メラトニンとは、簡単に言えば眠気を起こす眠り物質です。

メラトニンはたくさん増えると眠くなるんです。



そして、その量は光で変化します。メラトニンは光が当たると減って、暗くなると増えるんです。

メラトニンは増えると眠くなり、増えるほど睡眠の質も上がります。



つまり、寝るときは暗くすることでメラトニンが増え、その結果、睡眠の質も上がる、ということです。



なので、寝るときは電気はつけずに暗くして寝る方がいいということですね。

しかし、完全に真っ暗にするのも実はあまり良くないんです。



小さい電球をつけて寝る人の理由にもありましたが、人は真っ暗だと不安、つまりは恐怖を感じるからです。

恐怖は体を緊張させるので、リラックスできずに、眠りの質を下げてしまいます。

小さい電気もダメ、真っ暗もだめだと
結局何がいいんだよ!って感じですが、
一番いいのは月明かり程度の明るさだそうです。

光の単位ではあるルクスで言えば0.2〜1.0ルクス程度。



一方、小さい電気は9ルクスもあります。人が寝る時には少し明るすぎるということです。



月明かり程度の光であれば、光的にもそれほど強くなくある程度明るいので、恐怖も感じにくいということですね。





つまりまとめると、月明かり程度の明るさの中で寝るのが一番いいということですね。

そう考えると寝るときは部屋の電気を消して、窓から月明かりが入る程度が理想なんですね。



スポンサーリンク

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする