ベットから布団が落ちないようにするには?



寝相が悪いとベットから布団から落ちてしまいますよね。

寒い冬なんかは、特に辛いですよね。

布団が落ちるたびに寒さで目が覚め、
布団を戻してはまた落ちて・・・

こんなことを繰り返していると、睡眠不足にもなってしまいます。

そこで、今回は布団がベットから落ちるのを防ぐ方法をお伝えします。


ベットから布団が落ちるのを防ぐ方法

ベットガードを使う

ベットガードは赤ちゃんがベットから落ちるのを防ぐものですが、布団の落下防止にも使えます。

ベットガードには、赤ちゃんのベットにつけるものと、普通のベットにつけるものがあります。

布団の落下防止に使うのであれば、普通のベット用がいいですね。

また、ベットガードのタイプは、固定型と独立型があります。

固定型はベットに直接つけるタイプで、
独立型はベットとマットレスの間に挟むタイプです。

ただ、この方法はお金もかかる上、取り付けにも手間がかかります。

そこで、次はより手間が少ない方法を紹介します。

ベットを壁際に寄せる

ベットを壁際に寄せるのも1つの手です。毎回同じ方向に布団が落ちるのなら、落ちる方向を壁につけるのがいいですね。

また、壁の間に布団を挟むようにすることでも布団を落ちづらくすることができます。

足側と横面を部屋の角に配置すれば2箇所で布団をはさめるので、より落ちずらくできます。

壁につけることで、自分がベットから落ちてしまうのも防止できますね。

紐で巻いてとめる

布団を紐でベットに巻きつけることで、布団が落ちるのを防ぐことができます。

特に、大きめの太いゴムバンドを使うとより効果的です。

縛るのは足の付近です。そこまで、ぎゅっと縛らずとも、足が動かせる程度のゆるさで大丈夫です。

勉強法の公式ラインやってます!

 

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではないです。

 

「知識」がないからです
ただ、勉強のやり方を

「知らない」だけ。

 

僕が教えるのは、
学校では決して教えてくれない
勉強法です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

今だけ!ライン追加すると

「たった5分でできる高速記憶法」を

プレゼント中です!

 

・テストの成績上げたい!

・模試やセンター試験でいい点をとりたい!

・勉強が苦手

・覚えるのが苦手

・第一志望の大学に合格したい!

 

という方はライン追加お待ちしてます!

 

今だけライン追加すると

「5分でできる高速記憶法」を無料で

プレゼントしてます!

 

 

こちらは高校2年生からの感想です!

 

↓ラインはこちらから追加できます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー