幼児にホワイトデーのお返しは必要?あげるなら何がおすすめ?



幼児にホワイトデーのお返しをした方が良いのか迷っている人は多いと思います。幼児だったらそこまで気を遣わなくていいのでは?という人や、ちゃんとお返しをした方がよいという人までさまざまです。実際のところはどうなのでしょうか?

また、いざお返しをするとなると何をあげればいいか分からない!という方も多いかと思います。なので幼児にお返しをする場合におすすめな物を紹介しますね!



今回は

  • 幼児でもホワイトデーにお返しをした方がよい理由
  • お返しにおすすめの物やNGな物


について見ていきたいと思います。



スポンサーリンク




幼児にホワイトデーのお返しは必要?






幼児のホワイトデーやバレンタインは、子供本人があげているというより親の義理感が出ている感じがしがちです。それでもちょっとドキドキするイベントとして幼児たちも心待ちにしているものです。



何かを頂くと「義理」と分かっていてももらうと嬉しいものですよね。大人でも誰かからプレゼントをもらうと嬉しいので、幼児でしたら尚更嬉しさは倍ではないでしょうか。頂いた好意に対してお返しをする、という習慣はとても良いことです。小さい時に社交の習慣を身につける練習にもなりますね。



ホワイトデーはこうしたことを学べる絶好の機会ではないでしょうか。子供と一緒に「○○ちゃんには何がいいかな?」と考えることで慈善の精神も身につきます。実際、幼児でもお返しをする人は多いようです。


幼児のホワイトデーのお返しにおすすめな物は?



ところで幼児のホワイトデーにお返しは何が良いのでしょうか?お店でホワイトデーのコーナーを見てみると、一番多いのは300円~500円くらいの小さなお菓子です。



実際一番人気があるのもキャンディーやクッキーなどの小分けになっている商品です。また、そういった商品はかわいい箱などに入っていますのでお返しには最適です。



また手作りが得意な人は小さな焼き菓子やチョコレートを作ってかわいいパッケージに入れても喜ばれるでしょう。100円ショップなどで綺麗な包装用品がたくさん売っていますので、不器用な人でも簡単にラッピング出来ます。



市販のお菓子もラッピングを変えたり手書きのメッセージを添えて贈ってもよいですね。そのまま渡すよりも「ありがとう」の気持ちが伝わります。



小さな文房具も人気です。匂いつきのかわいい消しゴムやシャープペン、シールやキャラクターがついたハンカチなども喜ばれます。




ホワイトデーのお返しにおすすめな物はこれ!



・市販の300~500円くらいのお菓子

・手作りのお菓子

・消しゴム、シャープペン、シールなどの文具用品





バレンタインの幼児のプレゼントの相場が~500円くらいなので、このようにちょっとした小さなお菓子や文具用品がよいでしょう。プチプライスでも可愛いラッピング用品や小物などたくさんありますので素敵なプレゼントができますよ。


幼児のホワイトデーのお返しにNGなものとは?



お返しのNGなものに実はお菓子があります!クッキーやチョコレートなど贈る時に気をつけないといけないことがあるんですよ。これを聞いて「えっ」と意外に思う人も多いでしょう。



NGというのは「食物アレルギー」の問題がある子にお菓子を贈る場合です。アレルギーを持っているという子供は意外と多いので事前に確認しておくとよいですね。小麦粉アレルギーやナッツアレルギーなどいろいろありますので食べ物ではなく文具品などがよいでしょう。



又高価すぎるお返しもNGです。貰った相手が負担に感じてしまいますので、あくまでも小さな金額にしましょう。



逆に10円の駄菓子もホワイトデーのお返しには避けた方が無難です。子供達が好きな駄菓子ですが値段がはっきり分かってしまうのも興ざめですよね。義理のお返しという感じも否めないので違うプレゼントにした方がよいでしょう。


まとめ



幼児なのでお返しをしなくてもいいという人もいるかもしれません。かえって気を遣わせるからあえてお返しはしないという人もいるかもしれませんね。



でも相手を気遣って物を贈る機会というのは社交を学ぶ良いチャンスでもあります。相手のことを考えてプレゼントを選ぶのは、たくさんの思いやりの気持ちも育みます。親と一緒にプレゼント選びをした思い出はずっと心の中に残ることでしょう。



こんな素敵な効果がたくさんありの幼児のホワイトデーのお返し、しない手立てはありません!今年はぜひお子さんと一緒にホワイトデーを楽しんでみませんか?



スポンサーリンク

勉強法の公式ラインやってます!

 

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではないです。

 

「知識」がないからです
ただ、勉強のやり方を

「知らない」だけ。

 

僕が教えるのは、
学校では決して教えてくれない
勉強法です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

今だけ!ライン追加すると

「たった5分でできる高速記憶法」を

プレゼント中です!

 

・テストの成績上げたい!

・模試やセンター試験でいい点をとりたい!

・勉強が苦手

・覚えるのが苦手

・第一志望の大学に合格したい!

 

という方はライン追加お待ちしてます!

 

今だけライン追加すると

「5分でできる高速記憶法」を無料で

プレゼントしてます!

 

 

こちらは高校2年生からの感想です!

 

↓ラインはこちらから追加できます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー