卒業式の打ち上げの服装はどんなのがいい?制服で行くべき?



卒業式の打ち上げで着ていく服装、どうしよう…?



ダサすぎて気になる人に引かれてしまうかも…
逆に気合入れすぎて周囲から浮いてしまったら…



服装が気になって、楽しみなははずの卒業式の打ち上げなのに、不安で一杯になってしまいますね。



打ち上げを思う存分楽しめるよう、中学生、高校生別で調べてみました。
男子も女子も要チェック!



スポンサーリンク


卒業式の打ち上げの服装 中学生編




中学生が卒業式の打ち上げに参加する時の服装を調べてみました。

女子

ニット+スカート+アウター



パンツスタイルや膝丈からミニスカートの場合はタイツを組み合わせましょう。
肌の露出は少なめにして、カラーもナチュラル系がおすすめ。

ニット





綿ニット




スカート



ミディアム丈フレアスカート




アウター


アウター


男子

タートルネック+チノパン+ジャケット
ニット+ジーンズ+ジャンパー


タートルネック



タートルネックニットセーター


チノパン



チノパン

ジャケット



テーラードジャケット


ニット



クルーネックニット

などなどカジュアルな感じでさらっと。

逆に気合を入れすぎはNG!

せっかくみんなで集まって打ち上げなんだから、精一杯おしゃれしてメイクもして…は無理をしてやる必要はありません。





普段は制服、ノーメイクで会っている間柄ですから、いきなり着飾ってメイクもバッチリ!は浮く可能性が高いです。





男子も真っ黒なスウェットに金の刺繍や鋲などのオラついた系の服装、逆に普段着だからとよれよれジャージでの参加は控えたほうがいいですね。





中学生らしさを意識して清潔感が出るようにコーディネートしてみてください。





スポンサーリンク


卒業式の打ち上げの服装 高校生編

高校生は中学生よりもちょっと背伸びしたおしゃれも。



今ではメイクして登校する高校生も珍しくはありませんが、普段やらないような盛々つけまつげやネイルは危険。





メイクは普段のようにし、服装もナチュラルで清潔感をイメージして行きましょう。

女子

ニット+ガウチョパンツ+カーディガン
ガウチョパンツはゆるふわなロングスカートでも。


ガウチョパンツレディース





ミニスカートにショートパンツは子供っぽさが目立ちます。
上手にコーデできる人なら良いですが、キュートさよりも大人っぽさを全面に出したいのならロングかミモザ丈がおすすめ。





カラーはナチュラル系やパステルカラーをベースに。
地味すぎ!他の子と被るのは嫌!と思ったらバッグやマフラーなどちょっとしたアイテムに個性をさり気なく入れてみましょう。

男子

カジュアルなニットやシャツ+カーディガンやコート
ややフォーマル寄りのジャケットにするとちょっとだけ特別感なイベント感が出ます。





ズボンもトップスもダボダボではなく、体に合ったサイズの服だと清潔感が出ます。





ストリート系が好きな男子はゆったり目、それからハーフパンツを使いがちですが、卒業式のシーズンは肌寒い季節です。上手にコーデしないと悪目立ちしてしまうでしょう。

男子ウケ、女子ウケを無理に狙わない!

10代のファッションやトレンドでよく見かけるワード「男子ウケ」「女子ウケ」。



異性を意識してファッションに取り入れるのはすべてが悪い訳ではありません。ただ、この方がウケがいいからと無理をする必要はありません。





中高校生なら普段は制服でしょうから、私服で卒業式の打ち上げに参加するだけで異性には新鮮に映ることでしょう。

卒業式の打ち上げの服装…ドレスコードがあれば従う

卒業式の打ち上げの連絡が来た時、もしかするとドレスコード、つまり服装の指定があることもあります。



中学生や高校生の場合、大抵は制服ですね。



打ち上げの主催者側から節度を守ってほしいという願いが込められています。



制服でなんて、とがっかりするかもしれませんが、この制服を着るのも卒業式の打ち上げで最後になるでしょうから、これも思い出の1つと考えてください。

まとめ

卒業式の打ち上げの服装に悩んだら以下を参考にしてください。



・休日に街へ出かける服装にちょっとだけフォーマル感を出すイメージで
・ナチュラル系をベースにした
・帽子やバッグ、マフラーなどのアイテムを使って個性を
・メイクも慣れない盛り方はしない
・男子ウケ女子ウケを意識し過ぎない
・最後の記念に制服もアリ?



卒業式の打ち上げのために新たに服を購入する必要もないでしょう。
おしゃれ上級者は家族からもらった服も上手にコーデに取り入れて卒業式に参加している子も。



服装でずっと迷うのはナシにして、みんなが揃う最後のひと時を楽しみましょう!



スポンサーリンク