卒業証明書と卒業証書に違いはある?なぜコピーはだめなのか

 

就職活動で卒業証明書を出さないといけない。

でも卒業証明書無くしてしまった!卒業証書は代わりに使えるんだろうか?

そもそも卒業証明書と卒業証書って何が違うの?

 

再発行してもらおうと思ったら、お金がかかると言われたり・・。

何社も回らないといけないのに、毎回発行してもらうのはもったいない。

 

なんでコピーはダメなの?

 

きっとあなたもこんな疑問をお持ちなのでしょう。

今日はそんなあなたに、

・卒業証明書と卒業証書、この2つの違いって何?

・なぜコピーしてはいけないのか?

についてご紹介していきたいと思います。

 

まずはこの2つの違いについて、お話ししていきますね。

 

スポンサーリンク


=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

卒業証明書と卒業証書、この2つの違いって何?

この2つは文字も似ていて、一瞬見間違えてしまいそうですよね。

でもこれらは全く別物なんです。

 

卒業証書

これは私たちが何らかの課程を修了したということを、証明するものです。

小学校から卒業式で直接渡されてきた経験がありますよね。

 

ちなみにこれは無くしてしまっても、再発行できません!

火事で燃えてしまった、盗まれた、という証明がされないと発行されないんです。

何か訳があって特別に再発行してもらった場合は、しっかりそのことが記録として残るようになっています。

 

卒業証明書

これは卒業証書を授与しました、と証明するものなんです。

こちらは何度でも発行してもらえます。

 

しかし便利なものってお金がかかるんですよ・・。

大学生ではだいたい1枚につき、300円ほど。

これも和文と英文で値段が違って、和文は300円ほどなのですが、英文は400円ほどになります。

値段が分からなかったら、学校のホームページを見てみましょう!

きっちり値段が表記されていますよ。

 

上のことから、どちらもある過程を卒業したという証という意味では同じですね。しかし使われる用途は全く違いますけどね。

なので逆に言えば就活などで、卒業証書の原本をもってきてほしいとは言われるわけがない、ということですよね。

再発行ができないものを持っていくわけにはいきません・・。

これ案外知らない人多いですよ!

 

スポンサーリンク


=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

なぜ卒業証明書をコピーしてはいけないのか?

卒業証明書、卒業証書で調べると必ず上位にあがってくる疑問があります。

それは、なぜこれらはコピーできないのかという事です。

 

しかしこれは間違いです!コピーは絶対にだめです!

 

その理由は、コピー機はそのまま写してしまうからなんです。

何を言ってるの?という話ですよね。

 

例えば修正液で直したところって、コピーにかけるどうなると思いますか?

なんと痕跡が消えてしまうんです。

 

これが何を意味しているのか・・。

誰でも簡単に経歴を詐称できてしまうんです!

そんなの絶対就活では使えないですよね!

 

でも再発行をしてもらって何十社と回っていたら、お金がいくらあっても足りない。そう思っている方もいるかもしれませんね。

 

でもよく考えてみてください。

就活はあなたの人生がかかっているんです。

たとえ何十社落ちたとしても、人生全部で考えると安すぎるくらいだと私は思います。なのでここは潔く再発行してもらいましょう。

 

まとめ

・卒業証書は私たちがある課程を修了したことを証明するもの

・卒業証明書は、卒業証書をもらったことを証明するもの

・卒業証明書は学校にもよるがだいたい300円〜400円で再発行できる

・コピー機を使うと詐称できることから、就活などの資料はコピーはできない

 

卒業証明書と卒業証書、2つは似ているようで別のものでしたね。

卒業証明書は何度も発行してもらえますが、卒業証書は再発行できません。

 

私も今回記事を書いていて、2つの違いやコピーのことがわかり、とても勉強になりました。

なのでこの2つの書類に限らず、大切な書類はコピーしないものという意識でいた方が良いと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク



 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました