バレンタイン!15日や16日に渡すなら実践すべきポイントはこれ!

そろそろバレンタインですね。
ですが、仕事や学校の都合でチョコを渡すのが15日や16日になりそう!なんて
人もいるのではないでしょうか。

14日当日にチョコを渡せない場合、遅れて渡すのはありなのか。
男性側の気持ちはどうなのか。気になるところですよね。

女性側も男性側も内心ソワソワしてくるこの時期。
遅れてチョコを渡す際にぜひ実践してほしいポイントをまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

バレンタインチョコを15日や16日に渡すメリットがある!?

まずはじめに、バレンタインのチョコを遅れて渡すのは『あり!』です。

男性側も日付にはこだわらず「もらえたら嬉しい」というところが本音のようですね。

 
実際に、私の周りの男性にも聞いてみたのですが「もらえるならいつでも」という方が
多かったです。

15日や16日になってしまう場合でも、男性側からすると嬉しい気持ちには
変わりがないようです。

 

 

ただ14日を過ぎてしまうと、イベント感は薄れてしまいますよね。
「もう終わったし」「今さら」なんて思われてしまうのでは?と心配にもなります。

でも!もう終わったと思ったところでチョコを渡すと、期待していなかった分、
かえって喜ばれることもあるみたいです。
サプライズですね。

 

 

実は一番印象にも残りやすいかもしれませんよ!

このように、当日に渡せないからと言って、決してマイナスなことばかりではないのです。

渡すタイミングがあまり遅くなりすぎると、本当に今さら感が出てしまうので、
15日、16日あたりはベストなタイミングではないでしょうか。

次に、バレンタインのチョコを15日、16日に渡す場合のポイントをご紹介します。

バレンタインを過ぎてからチョコを渡したい!本命編!
14日を過ぎてから本命の彼にチョコを渡す場合には、必ず、本当はバレンタイン当日に
渡したかったことをしっかり伝えることです。

遅れてでもちゃんと渡したかった。その特別感を伝えましょう。
都合が悪かった理由や、恥ずかしくて渡せなかったなど、正直に話す方が好感がもてます。

一緒に告白をするつもりならきちんと気持ちは伝わります。
しかし、そうでない場合には、当日渡したかったことを伝えておかないと「忘れられていた」「義理チョコだから遅れて渡されたのかな?」なんて思われてしまう可能性もあります。

そんな悲しいことは絶対避けたいですよね。

バレンタインの前に約束をしておく

15日や16日に学校やオフィスでタイミングを見計らって渡すのもよいですが、
前もって約束をしておくのもおすすめです。

「〇日に少しだけ時間作ってもらえるかな」と約束をしておけば、当日は無理だったけど
チョコを渡したかったことがダイレクトに伝わりますよね。
特別感がさらに増すこと間違いなしです!

勇気があればぜひ彼に声をかけて約束をしてみてください。

そしてこの場合でも、チョコを渡す時には「本当は当日に渡したかったんだけど…」と、
忘れず伝えてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

義理チョコこそ気をつかいましょう

義理チョコの場合も、本当は14日に渡したかったことをちゃんと伝えましょう。

義理チョコの場合、本命チョコよりもさらに「忘れられた?」などと思われてしまう
可能性が高いのです。

14日を過ぎればチョコの値下げも始まりますからね。
安くなったところを見計らって買ってきた!なんて思われてしまうかもしれません。

実際に私も以前、翌日にチョコを配った時に「余り物くれたんじゃないの~?」と
会社の上司から言われたことがあります。

年配の方だったので、照れ隠しでそんな風に言っているようにも見えましたが。

やはり、義理チョコとはいえ相手に失礼がないように、一言添えることが大事です。

ただし、本命チョコとは逆で義理チョコの場合は特別感を出さないようにしましょう。
誤解されてしまうと…困ってしまいますよね。

「14日は都合が悪くて、遅くなったけどごめんね」と軽めに説明しておくのが
ポイントです。

気を付けておくべき賞味期限のこと

バレンタインのチョコを15日16日に渡す場合、他に気を付けておきたいことといえば
賞味期限です。

特に手作りの場合ですね。

賞味期限の目安としては、
・型抜きチョコやトリュフなら3日~5日
・生チョコなら2日~4日
・生クリームケーキだと当日(※こちらは消費期限になります)

冷蔵保存でこんな感じです。

さらに生のフルーツを使った場合はさらに日持ちは難しくなります。

当日に渡せないことが前もって分かっているならば、日持ちのするクッキーなんかを
作るといいかもしれません。

市販のものならより安心ですね。

手作りの場合は相手に「手作りだから早く食べてね」ということと、保存方法もちゃんと
伝えておきましょう。

でも、ドキドキしながらチョコを渡したり、告白のムードの時にそんな話をすると、
なんだか急に現実的になってしまいますね(笑)

手作りの場合は保存方法や期限などをカードに書いて、中に入れておくのもいいですね。

まとめ

バレンタインのチョコを当日に渡せない場合、15日や16日に渡すのはありです。
男性側ももらえたら嬉しいということで、日にちに関してはそこまでこだわりが
ないようです。

15日や16日に渡すことはサプライズ感もあり、かえって印象に残りやすいです。

そう考えると、あえて当日を外すのもありかな、なんて思ってしまいますね。

学校やオフィスでタイミングを見て渡したい場合、14日だと他の女性も同じように
タイミングを見計らっていますからね。

翌日の方が落ち着いて彼に声をかけられるかも!と思ってしまいます。

そして、バレンタインは日にちよりも、気持ちをしっかり伝えることが大事だということが
分かりました。

本命チョコを渡す予定の方は、うまくいきますように!
祈ってます。

 

スポンサーリンク

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました