過去最大の流星群とは? 海外と日本の大規模流星群を調べました!





過去最大の流星群っていったいどれくらいすごかったのでしょうか?

毎年さまざまな流星群がやってきますが、過去には規模が桁違いの流星群があったのです!

私は以前、思いがけなく日本の大規模な流星群を見ることができました!



夜空に静かに輝く星たち…

運が良ければ見られるかもしれない流れ星…

そんな夜空からもしも雨のように星が降ってきたら素敵ですよね?

今回の記事では過去最大の流星群について探ってみたいと思います!



スポンサーリンク


 過去最大の流星群とは?

早速、過去最大の流星群について調べてみました。

残念ながら確実な記録を取っていなかった時代もあり、これが過去最大と明言できる流星群はありませんでした。

ただ私が調べていく中で、これぞ過去最大の流星群では?と思える流星群が見つかりました!

それは1799年南米ベネズエラで観測された、その数なんと1時間に100万個の流星が大出現したといわれる「しし座流星群」です!




 過去に何度も大出現しているししざ流星群

しし座流星群の世界最古の記録は902年、日本でも967年からの記録が残っています。

しし座流星群はほぼ33年ごとに記録が残されていて、1799年、1833年、1966年には、「流星雨」「流星嵐」などと呼ばれる凄まじい大規模出現もありました。



しし座流星群 過去大規模出現1時間あたりの流星数



☆1799年 100万個(観測場所:南米ベネズエラ)

☆1833年   5万個(観測場所:北アメリカ)

☆1966年  15万個(観測場所:アメリカ アリゾナ)



1833年にしし座流星群が観測された北アメリカでは天候にも恵まれたこともあり、大勢の人々がしし座流星群の大規模出現を目撃しました。

あまりの凄まじさに恐怖を感じ、「世界の終りだ」と泣き叫んだ人々もいたそうです。



スポンサーリンク






2001年には日本でも大出現したしし座流星群

今からさかのぼること17年前、日本でも大規模なしし座流星群が出現しました。

その流星の数は1時間当たり2000個といわれています。

実は私、その目撃者の一人です!

当時、○○星座研究会で活動していた会社の同僚から、絶対にたくさんの流れ星が見られるから見て!と言われました。

あの頃の私は星といえば、ひしゃく星(北斗七星ですね)、オリオン座がやっと見つけられる程度…

流れ星など一度も見たことがありませんでした。

あまりにも熱心に勧められたので半信半疑、家のベランダから見てみることにしました。

普通の住宅街…肉眼…11月の寒い夜でした。

まだか~と目を凝らして見ていたところ、シュッと音が聞こえてきそうなくらいの流れ星が!! 流れたー!! 見えた!! 見えたー!!

願い事どころではありません!何個見たのでしょう??

まさに感動をありがとう☆

今となっては本当に良い思い出です!







ここまでたくさんの流星群の中でも過去最大と思われるしし座流星群についてお話してきました。

1799年には南米ベネズエラで1時間当たり出現数100万個の流星が観測されたしし座流星群。

当時は空いっぱいに流星の雨がキラキラ降り注いでいたことでしょう。

33年周期で大規模出現があり得るしし座流星群。

今度いつめぐり逢える…?



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト