母の日に贈るジュエリー選びのポイント教えます!ブランドは〇〇で選ぶ!





母の日にジュエリーを送るとき、どんなブランドを選べばいいのか迷いますよね。男性でブランドもののプレゼントをしたことがないなら、特に悩んでしまうところ。でも、せっかくプレゼントするのであればやっぱり喜んでほしいですよね。



そこで、今回は母の日に贈るおススメのジュエリーブランドを紹介します。

また、ブランド物ともなると金額がどれくらいかかるのかも気になるところですよね。

ですので、おおよその目安金額についても調べてみました。



スポンサーリンク




母の日に欲しいジュエリー、それはズバリ「実用性に富んでいる」ということ

実用性に富んでいるというのは、日常生活を送るうえで邪魔にならず、目立ちすぎず、取り入れやすい ということではないでしょうか?

母・お母さんが普段好まないような色や形、合わせる服がないのでは?と思ってしまうようなジュエリーは、贈られる側にとってはただの不安でしかありません。

ジュエリーの考え方は、昔の貴族や上流階級の方々が身につけていた地位や富の象徴と表す魅せる為のモノという認識から、「日々の暮らしの中に取り入れられるちょっとした幸せを」という自分のモチベーションを上げるためのモノという風に変わってきていると思います。

いつの時代も「高価なもの」という考え方は変わっていません。が、女性の活躍できる場が広がっている現在だからこそ、色々な場面に多様化した=実用性に富んだジュエリーが好まれるのだと思います。


どこのジュエリーブランドにしようかな?迷ったときはブランドに学ぼう

「ブランドに詳しくない」「母に合ったジュエリーブランドって?」

日々目にしやすいファッションブランドやスポーツブランド。それに比べ、ジュエリーブランドはどうでしょう?

筆者がわかるジュエリーブランドは、デザインやフォルムで区別できるアノ!有名なものくらいです…。みなさんも無知な筆者と主に、母の日贈るジュエリーブランドを学びましょう。



調べてビックリ!海外だけでなく、日本にもたくさんの種類のジュエリーブランドが存在しています。その中で、母・お母さんに人気のジュエリーブランド3店をご紹介します。

Cartier《カルティエ》

誰もが知っている、フランスの高級ジュエリーブランドです。また「王の宝石商」と言われる名門ブランドの1つです。

高級感と洗礼されたデザインのものが多く、ワンランク上の上質な生活を求める人に

人気があるようです。女性なら誰もが抱く「憧れ」ですね。

BOUCHRON《ブシュロン》

こちらも歴史が長く、フランスの高級宝飾品ブランドです。失礼ながら、筆者はお初にお耳にかかりました…。古典的なモチーフを異なる素材と色で表現されたものが多く、「大胆かつモダンなデザインの装飾品代名詞」を表すブランドです。

デザイン自体はシンプルなのに、それとは逆をつく、斬新な色使いは圧巻ものです。

MOKIMOTO《ミキモト》

こちらはブランド名を見ておわかりの通り、日本のジュエリーブランドです。世界で初めて真珠の養殖に成功し、今や世界中に真珠の輝きを届けています。

真珠というのは、日本人女性にとっては馴染み深いのではないでしょうか?主張せず、周りにある石や装飾を際立たせるサポート役にもなれる。なのに!あの存在感をだせるのは、MIKIMOTOの真珠への想いからですよね。



スポンサーリンク



ところで、母の日ジュエリーの相場って・・・?



はい!お待たせしました!やはりブランド物のジュエリーともなれば、気になるのは金額ではないでしょうか?

母の日に贈るプレゼントの相場は、男女ともに「3000円~5000円」というのが多いようです。

この結果を見て安心した息子の皆さん!まだ早いです!

実際に贈っているのは娘が多く、息子(男性)は妻に贈ることの方が多いようですよ!!

ここにきて、母の日に男性は母・お母さんに贈り物をしている人が少ないということが判明しました。相場を知る以前の大問題です!

ですが、3000円~5000円のジュエリーだったら、そこまで構えることなく気軽に買えるものなのではないでしょうか。



いかがでしたか?

今回、皆さんと一緒に母の日に贈るブランドジュエリーを学び、いい勉強になったなぁと関心ました。5月の母の日に向けてもう少し、色々なジュエリーブランドについて調べてみたい!とワクワクしております♪

ですが、ジュエリーをもらうならやはり一緒に見に行きたいですね。こちらの好きなデザインやブランドを知ってもらえるチャンス(次回に期待をこめて💛)ですし、一緒に選ぶということが良い思い出になります。

現実問題として、アレルギーやサイズの間違いなんかもあるかもしれません。夢がない話ではありますが、せっかくアナタから頂いた物ですから大事に使いたい。ただそれだけでございます。




まとめ

母の日に贈るのにおススメなジュエリーブランドは

・カルティエ

・ブシュロン

・ミキモト

です。

 これらのジュエリーブランドは女性の憧れである一方で、贈る方の相場は5000円となりました。高級ジュエリーブランドで、この金額のものを探すのは難しい気もします。

ですが、生活の質をちょっとでいいからアップさせたいと思っている女性は多く、実用性に富んだものの方が喜ばれる傾向にあります。

 

母の日に贈るジュエリーブランドか・・・と考える、それだけで、母・お母さんにとっては、とても喜ばしいことです。それ自体がジュエリーの輝きに負けないくらい素晴らしいものです。

ですが、想いは形にしなければ伝わりません。

母の日に、母の為に最高のジュエリー選びをしてみませんか?

スポンサーリンク



勉強法の公式ラインやってます!

 

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではないです。

 

「知識」がないからです
ただ、勉強のやり方を

「知らない」だけ。

 

僕が教えるのは、
学校では決して教えてくれない
勉強法です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

今だけ!ライン追加すると

「たった5分でできる高速記憶法」を

プレゼント中です!

 

・テストの成績上げたい!

・模試やセンター試験でいい点をとりたい!

・勉強が苦手

・覚えるのが苦手

・第一志望の大学に合格したい!

 

という方はライン追加お待ちしてます!

 

今だけライン追加すると

「5分でできる高速記憶法」を無料で

プレゼントしてます!

 

 

こちらは高校2年生からの感想です!

 

↓ラインはこちらから追加できます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー