学生服のメリットとデメリットは何?結局のところ、視覚vs思想?





学生服のメリットとデメリット…みなさんも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?私の場合は、中学になってから学生服が始まったので、嬉しかったような気がします。

確かに、美少女戦士のようでもなく、地味目なセーラー服でしたが、愛着はあったと思います。

ですが、思い入れが強い分、ふと思うことがありますよね。

学生服のメリットとデメリットは何?

そこのところを、歴史や秩序を短めに交えながら、まとめてみました。



スポンサーリンク



学生服のメリットとデメリット:視覚編



学生服と聞いて、皆さんはどんなモノを思い浮かべますか?

知っていると思いますが、全て同じものではありません。学ラン、ブレザー、ネクタイ、リボン、ベスト、ブラウスなど、バリエーションがとても豊かです。ここでのポイントは、それぞれの学校で決められたモノしか着用できないということ。そして、これが学生服のメリットとデメリットの境界線なわけです!

ということで、皆さんが視覚的な部分で感じているメリット・デメリットを見てみましょう。



《メリット》

・貧富の差がみえにくい

・どこの学校かわかりやすい

《デメリット》

・個性がない



視覚的なことに注目してメリットとデメリットを調べると、上記の意見が多いです。そして、メリットの部分であげられる理由には、自分自身のことや見た目的な部分というより、団体生活を送る上での管理的要素が強いような気がします。

デメリットは、団体生活を送るからこそ個が大事!という自己主張的な意味で、デメリットを感じるというのが多かったです。



こうやってみると、なんか切ないですね。いや、考え方が大人というか…。私の時代は「あの制服がカワイイからあの学校に入りたい!」と、宣伝効果もあった気がしますが、そんな「憧れの対象」ではなくなったのでしょうか?もはや学生服に視覚的要素は無いということですかね。個人的には、いい意味でも悪い意味でもあんなヒラヒラスカートを履けた!という良い思い出ですよ、本当に…


余談☆学生服っていつからあるの?

ところで学生服というのはいつからあるモノなのでしょうか?

これは調べて驚きの「飛鳥・奈良時代」だそうです!ですが、お気づきの通り、

昔は身分格差が激しく、容姿の差が歴然としていたようです。そして、今のよう

な学ラン・セーラー服といった学生服の形ができたのは明治時代からで、これは

「和装が主流だった日本に近代教育を意識させる」ためのものでした。ちなみに、

学ランの方が、セーラー服より少しだけ早く誕生したようです。




学生服のメリットとデメリット:思想編

前述した通り、学生服には統一することでの意識改革的な意味があります。

学生服に意識改革を求めている・・・え?意識改革って何???

では、言い方を変えてみましょう。学生服の役割は?学生服を着る意味って?

ここでは、学生服に対するメリットとデメリットの思想的な部分をまとめてみました。



《メリット》

・貧富の差からのイジメを抑える(勉学するのに貧富は関係ないですから)

・服装や規律の乱れ防止(服装に対する競争意識を無くする)

・何を着ていこうか…等毎日悩む必要がない

・集団意識が生まれる、社会へ出る為の常識が養われる

・学生の時にしか着られないというプレミア感、学生の特権

《デメリット》

・選択への縛り

・個人のセンスが薄れる

・動きづらい

・結局捨てるのに、初期費用と維持費(クリーニングとか)が高い



スポンサーリンク





皆さん、学生服に色々な思いがあるようで…これは、良くも悪くも決められた学生生活を送る上で自分なりに考えている、という事でイイ傾向なのではないでしょうか?

今はわからなくても、これが後々の思い出になりますしね。うんうん♪…勝手に締めようとしてすみません^^;

こっちの思想編について、メリットは集団生活を送るための重要な役割があり、デメリットは個人を「個」として認めて欲しいというような願いが込められている感じがしますね。

あれ?視覚編と似ているような気がしませんか?これは、人が目から入る情報を意識的に優先しているということに加え、誰もが着たことがあるという経験から、最終的にたどり着く答えが一緒であるからだと思います。ですが、世の中メリットとデメリットばかりを考え、「要る・要らない」を判断することはできないと思います。



私が制服を着ていた6年間(3年+3年)は、とにかく肩パッドが邪魔でしょうがなかったですね。その!肩パッドが流行っていた時代もあったというのですから、首を傾げるしかないのですけど。腕を上げればパカパカするものと思うしかなかったですね。だって、どうしようもないし、学校指定のものにいちいち文句つけたって、叱られるのコッチだし…

みたいな感じはありましたね(^o^; でも、その決められたルールの中でどうやって自分をアピールできるか?みたいな闘志のようなものもあった気がします。もちろん、スッピン風メイクを猛勉強とかではないですけど(笑)



スポンサーリンク



 

まとめ

学生服のメリットとデメリット視覚編


メリット

 ・学生服の統一により、貧富の差が見えにくい

 ・「私は○○の学生である」ということを周りに示しやすい

デメリット

 ・個性がないと捉えられる





学生服のメリットとデメリット:思想編


メリット

・貧富の差から生まれるイジメを減らす

 ・服装への競争意識を抑える

 ・学生時代にしか着れないという特別感が生まれる


デメリット

 ・自己選択の場が減る

 ・服を選ぶ機会が減ることでセンスが薄れる

 ・着る機会が短いのに、初期費用とメンテナンス代が高い



今回は、学生服についてのメリットとデメリットについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?良とか悪いとか理由はどうであれ、「今しか出来ない事」を素直に感じ、体験するのも悪くはないと思います。

学生の思い出に、「学生服のメリットとデメリットについて語ったな~」というのも加えてみませんか?

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする