ラムネのビー玉って名前は間違い!じゃあ正式名称はなに!?



実はビー玉じゃないんです!いったい正式名称は、何でしょう?なぜ、ガラスの玉で栓をしているのでしょうか?

ラムネを飲むときにコロンと瓶にひっかかるあの玉。

ビー玉という名前で、世間では呼ばれていますが、正式名称にはきちんとした理由があるのです。

それと、ラムネの製造工程や、意外な場所で作られていたという歴史も見ていきましょう。





スポンサーリンク




ラムネのビー玉って名前は間違い!じゃあ正式名称はなに!?






〇ラムネのビー玉はA玉だった!

 

A玉って何だろう?ビー玉がB玉ってことも知りませんでした。

このビー玉がラムネとこんなに関係があるなんて、意外でした。



・ビー玉ではなくA玉だった!

ビー玉と呼ばれている「ガラスの玉」実はA玉だったのです。

栓の役目をする玉は完全な球体でなくてはなりません。そこで、合格品は「A」不合格品は「B」としたのです。

その、不合格品「B」を‘せっかくだから駄菓子屋で売ってしまおう“と出来たのが、本当のビー玉です。

確かにラムネの瓶から取り出した玉と、遊びで使われるビー玉を比較すると、ラムネの瓶の玉のほうが真ん丸で、ビー玉は形も大きさも若干違いがあります。



 

・ラムネの瓶の製造工程

本来のラムネの瓶の製造工程は、まず口の広いビンを作ります、その後ビー玉を入れてから口の部分に熱をあててすぼめます。

今はプラスティックのキャップが殆どなので、もっと簡単になっています。

出来上がったラムネのビンにラムネを入れて、一気に逆さにします。その瞬間、中の炭酸の圧力でビー玉が外に押され蓋がしまるようになっています。

炭酸の力のみで特殊な加工はしないようですね。



・ラムネのビー玉の役目

ラムネのビー玉は栓の役目をするので、完全な球体でなくてはなりません。

当初はコルクで栓をしたそうなのですが、炭酸が抜けてしまうという理由で、ガラスの玉で栓をすることが開発されました。

1872年イギリスのハイラム・コッド氏が発明したもので、「コッド瓶」として1887年(明治20年)頃に日本に輸入されたそうです。

また、瓶と一緒に玉もそのまま再利用していたということです。







・もうひとつ正式名称がある!?



ビー玉の語源は、「ビードロ(vidro,ポルトガル語でガラス)玉」の略。

という説がありますが現在でも詳細はハッキリしていません。



スポンサーリンク





〇ラムネが戦艦大和で製造されていた?

photo by iyoupapa

先日、TV番組「旅ぷら」で紹介されて話題になっている「大和ラムネ」

意外に知られていませんが、戦艦大和でラムネが作られいて船員たちに飲まれていました。

海軍ゆかりの港町、広島県呉市にある中元本店の創業者が、戦艦大和に製法を伝え、戦艦大和では伝授された製法でラムネが作られていたのです。



・戦艦大和での製造法

 

戦艦大和には、艦の中央片隅にラムネ製造機というものがあって、ラムネを製造していました。

専用スタンドに香料・砂糖水入りのボトルが固定されていたようで、そこに二酸化炭素ボンベが高圧ホースで接続されているのです。

分かりやすく言うと、病院の点滴のようなイメージです。

それをハンドルで圧縮するとラムネが出来上がるシステムです。



・船員が飲めたの?

 

旧軍の嗜好品の配布の中にラムネもあったそうです。

特に海軍は潮風に当たったりするので、のどの渇きを訴える場面が多かったようで、甘い飲み物が評判良かったようです。

船員はラムネ作りを手伝うときだけは、ガブ飲みできたそうですよ。

できたラムネは50本ケースに仕分けられて、

「各分隊、ラムネ受け取れ」という命令で分配されていたそうです。

なんだか、嬉しい命令ですね。





〇まとめ



ラムネのビー玉はA玉だったということは驚きました。

ガラスの玉なのでそのまま再利用していたとは、素晴らしい知恵ですね。

しかも、飲むときに邪魔にならないように、瓶に引っかかるようにデザインしてあることも感心します。

また、戦艦大和で作られていたことも驚きでした。

船の上で飲むラムネは美味しかったでしょうね。

私のラムネの思い出は、たこ焼き屋さんで冷やし飴か、ラムネを飲むのが楽しみでした。

これからも色々な場面でラムネを味わって、次世代にも引き継いでいきたいですね。



スポンサーリンク



上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする