ホテルで連泊、掃除は頼む?断る?注意点やマナーも知っておきたい!





楽しいバカンス。

ホテルで連泊する人もいるかと思われます。



連泊時の部屋の掃除はしてもらう?してもらわない?



せっかくホテルに泊まって上げ膳据え膳なのだから、きちんと掃除してもらいたい。

いや、連泊中は荷物も部屋に置いてあるのだから、自分がいない間に部屋に入ってほしくない。



日本国内のホテルならば、どちらも対応してくれるはずです。



掃除OK派も否定派も、連泊でトラブルのないよう、心得ておきたいですね。



スポンサーリンク


ホテルで連泊中掃除してもらうには?

ホテルなど大多数の利用者がいる建物には、空調管理や清掃などで建物を清潔に保つことが義務付けられた「建築物衛生法」が定められています。



連泊でも基本的に清掃員が部屋に入り、掃除してくれるので、わざわざフロントに掃除をお願いする必要はありません!



ですがエコが推奨される近年。

連泊客の掃除についてはホテル側も消極的になりつつあります。



絶対に掃除をお願いしたいのなら「掃除をお願いします」の札をドアノブにかけておくと確実。



掃除をお願いする際に気を付けてほしいのが

・部屋は片付けておく

・スーツケースやカバンは1ヶ所にまとめて置いておく

・貴重品は持ち歩く

・もしくはフロントに預けておく



この4点は意識すると良いでしょう。


部屋は片付けてる/スーツケースはまとめておく

ホテルの清掃員は宿泊客の私物は滅多に触れません。

もし服が床に散乱していても、清掃員はそれを拾って畳んでくれる訳ではありません。



むしろ掃除する範囲が狭まるので、外出から帰ってきても、部屋がきれいになったように見えないかもしれません。それでは折角掃除をお願いしたのにがっかりですよね。


貴重品は持ち歩く

ホテル側は、宿泊客の持ち物には責任を負いません。

お金やチケットなどの貴重品は必ず持ち歩きましょう。

どうしても持ち歩けない場合はフロントへ。


ホテルで連泊中、掃除を断るには?

自分がいない間に人が入ってほしくないという人もいるかと思います。

最近では連泊中の掃除を断ると、ちょっとしたサービスをしてくれるホテルもありますね。



ですが先ほど述べた「建築物衛生法」により、部屋の掃除は毎日行うのが原則。

掃除してほしくない時は「起こさないでください」「掃除不要」などの札をドアノブにかけるか、フロントに申し出てください。



アメニティ(歯ブラシやタオルなど)の補充はフロントに言えば用意してくれます。



ただ掃除を断っていても、外出時は貴重品は持って行った方が良いかもしれません。

いくらホテルの鍵がでも、絶対に盗難に遭わない保証はないのです。



個人的には連泊中は掃除してもらいたい派です。

せっかくやってもらえるなら、という貧乏性(?)なので。

普段自分が家の掃除をしているので、掃除してもらうのは嬉しいです。



掃除しないホテルなら受け入れますが…



連泊中の掃除、断れないホテルもある?

ホテルの規定で掃除は連泊部屋でも必ず行うと決められているホテルもあるんですね。

そのようなホテルは、掃除を断っても受け入れてくれない場合もあります。



連泊中は掃除してほしくない人は、予約前にホテルに尋ねてみましょう。



もし掃除を断れないホテルと泊まった時に知った場合は、諦めるしかないですね。

部屋やカバンは片付けておき、貴重品は必ず持ち歩きます。


まとめ

ホテルのちょっとした不手際で、楽しいはずのバカンスに陰りが見えてしまうことも…

特に寝泊まりする場所は自分の思い通りにならないと、ストレスになってしまいますよね。

連泊するならなおさらです。



掃除を断れるかどうかは、予約前に調べておきましょう。

旅行は下調べが肝心。

特に予定外の出来事がストレスになる人は、ホテルの下調べも怠らないように。



旅行をめいいっぱい楽しんでください!



スポンサーリンク







上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト