うどんとパスタの違いを紐解きます!原材料は何を使ってるのか?





皆さんは、「うどん」と「パスタ」の違いを聞かれた場合、

何と答えますか?



・原料?    ・色?

・食べ方?   ・出身?

・カロリー?   ・和食?洋食?



筆者がぱっと思い浮かぶのは、色です。

うどんは白、パスタは黄色!

パスタの場合は、黒や緑や赤とカラフルな色合いと、

ネジレタ形やリボン型等、形状種類が豊富なイメージもあります。





今回は、わかっているけど説明できない、そんなうどんとパスタの違いを、

麺の原料の違い

カロリーの違い



の2つの視点から紐解いていきます。

それでは、皆さんも一緒に学びましょう!



スポンサーリンク


麺の原料の違いから紐解く、うどんとパスタ

・うどんとパスタは、同じ麺類で、原料も小麦粉ですが、

うどん・・・主に日本で栽培されている、中力粉・薄力粉。色は灰白色。

パスタ・・・主にヨーロッパやカナダで栽培されている、デュラム小麦(セモリナ粉)。色は黄色。

(アメリカやオーストラリアも生産量は多い)

パン小麦米粉も使われている。



・小麦粉と一緒に加えるのは水と食塩

うどん・・・塩水の量がとても重要!

風味や触感、弾力やゆで時間等に影響を与える。

パスタ・・・イタリアでは、デュラム小麦(セモリナ粉)を使う際は、塩は入れず、

水だけで作るという法律もある。



ここまで見ただけで、

うどんは、日本!

パスタは、世界!

というような色分けができますね。



そして、うどんには、「うどんの日」なるモノが存在しています。

農家においての「田植え終了の目安」であったり、

昔の「風習」であったりと、伝統的な習慣が由来になっているようです。

その日は、7月2日です。



一方のパスタですが、もちろんコチラにもあります。

パスタは、イタリアはもちろん、世界中で愛されていますし、

日本にも「ナポリタン」と呼ばれるパスタ料理が存在しますね。

その、みんなが知っているパスタの魅力をもっとたくさん知ってもらう為に、

10月25日が、世界パスタデー(World Pasta Day)ができました。







カロリーの違いから紐解く、うどんとパスタ

麺(100g)自体のカロリーは、

うどん・・・348kカロリー(乾)

105kカロリー(ゆで)

パスタ・・・378kカロリー(乾)

149kカロリー(ゆで)   です。



んー、麺自体には、期待するほど大きな違いはでませんね。



筆者的には、うどんは「あっさり」、パスタは「こってり」というイメージを持っていますが、

やはりそれは、一緒にすすりたい汁やトッピング、かけると美味しいソースにありそうです。



スポンサーリンク




まさか!アレが・・・高カロリーなうどん料理?!

その、まさか!は、「豚キムチうどん(693kカロリー)」です。

辛くて汗が出るとか、汁抜きで炒めるからとかは、関係ないようです。

豚キムチに使う、豚バラ肉の脂身の多さに加え、

キムチの辛味が食欲増進に拍車をかけるという、最強コンボらしいのです。



また、「サラダうどん」というのは、名前に「サラダ」がつきますが、

麺つゆ、マヨネーズ、ドレッシングを大量にかけることで、

カロリーが跳ね上がるという仕掛けをもっていますので、注意が必要です。



・高カロリーなパスタ料理は…やっぱりアレ!

こっちは皆さん、わかりますよね?

こってり濃厚でクリーミーでありながら、ベーコンの風味がたまらない、

カルボナーラ(740kカロリー)ですね。

卵やチーズ、クリームにベーコンを使っているので、当然の結果です。



ですが、パスタが高カロリー料理になる理由は、チーズだけではありません。

オリーブオイルもまた、高カロリーになる原因になります。

オリーブオイルは、ごま油などの食用油と同じカロリーで、

大さじ1杯(12g)で、約111kカロリーになります。(ちなみに、マヨネーズ大さじ1杯:84kカロリーです)

こちらも、サラダうどんのドレッシングと同様、量には気を付けたいですね。





いかがでしたか?

うどんとパスタの違いは、小麦粉の違いだけ・・・のような、感じですね。

なーんだ、と感じる方もいると思いますが、

筆者的には、小麦粉だけでこうも違うモノになるのか!という驚きが大きいですね。

小麦粉の違いが、「和のうどん」と「洋のパスタ」になる分かれ道なのですから。

ですが、形は変われど、「美味しいモノは高カロリーである」という事実には、

国も国境も関係なく、変わりがないということも、改めてわかりました。


まとめ

うどんの麺の原料:中力粉と薄力粉

パスタの麺の原料:デュラム小麦のセモリナ粉

(麺の種類や、体質により、パン小麦や米粉も使用)

→これらは、種類が違うが同じ小麦粉である。

→また、小麦粉と一緒に混ぜるのは、水と食塩で、こちらも同じである。

麺自体のカロリーもほぼ同じで、カロリーが上がる原因となる食材に違いはあるが、

何事も適量が大事ということは、同じである。



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト