睡眠が浅い原因は何?知るとぐっすり眠れる1つのこと

ネムリン増やそう!

・・・といっても何のことやらさっぱりだと

思いますので続きをご覧ください。

 

睡眠が浅いと起きてからも眠たかったり

体がだるかったりしますよね。

 

今回は眠りが浅くなる要因の一つで

あるに注目していきます。

 

眠りが浅くなる原因には生活習慣の乱れが

ありますが、寝れない人はその習慣の中で

間違った光の浴び方をしてしまっています。

 

光をうまく操れるようになるだけで

睡眠が浅くなることを防げますので

ぐっすりと眠りたい方はぜひご覧ください。

 

◆睡眠が浅い原因は光だった!

 

睡眠が浅くなってしまう原因には

いくつかありますが、その原因の

一つが光によるものです。

 

人はねむけを生み出す

眠り物質をつくりだすことができることを

知っていますか。

 

わかりやすくするため以下では

ねむけを生み出す物質=ネムリンとします。

(正式名称はメラトニンといいます。

検索してもでないので注意!)

 

そのネムリンは光によって量が

増えたり減ったりすることがわかっています。

 

ネムリンは

量が少ないと覚醒モード(うぉーっ)になり、

量が多いと睡眠モード(うとうと・・・)になります。

 

簡単に言えば

ネムリンが少ないと目が覚めて

ネムリンが多いと眠くなる

ということです。

 

では、眠りが浅い時にぐっすり

寝れるようにするためには

どうすればいいのでしょうか?

 

なんとなくわかると思いますが

ネムリンを増やせばいいんです。

逆に言えば眠りが浅い人はこの

 

ネムリンが少ないということ

なんですね。

 

ネムリンが少ないので眠気が

中途半端にしかなくて睡眠が

浅くなってしまっているんですね。

 

それでは、次の章ではネムリンを

増やす方法についてお伝えします。

 

◆ねむけ物質ネムリンを増やすには?

 

ネムリンは増えるとねむたくなるという

ことはすでにお伝えしました。

 

それではどのようにすればネムリンは

増えるのでしょうか。

 

今回の注目ポイントは光でしたね。

では光とネムリンとの関係について

みていきましょう。

 

といっても、とても簡単です。

 

ネムリンは

光を受けると減って

光を受けないと増えます

 

そしてネムリンは

 

増えるとねむくなるので、

光を受けない、つまり

暗くすれば寝れる!

ということです。

 

すごく単純ですよね。

暗くすればいいだけなんです。

 

ひとつ注意点を上げるなら、

朝にしっかりと光を浴びて

ネムリンを増やしておくことです。

 

◆ネムリンはスーパーボールと一緒

 

ここで、高いところから

スーパーボールを地面に

投げることをイメージして

みてください。

 

そのとき、ただ落とすだけの時と

思いっきり力を込めて投げるのとで

どちらが跳ね返ってくる力は強い

でしょうか?

 

もちろん思いっきり力を込めて

投げたほうが跳ね返る力も

強くなりますよね。

 

これと同じように、ネムリンも

朝に光を浴びて思いっきり減らして

上げることで、夜にたくさん増える

ようになります。

 

なので、夜により多くのネムリンを

増やすためにも朝にしっかりと

ネムリンを減らしておくことが

大切です。

 

◆睡眠が浅い人はこれをしよう!

 

ここまで長々と書きましたが、

眠りが浅い人はネムリンを

夜に増やすことでぐっすり

寝れます。

 

そのために、

朝にしっかりと光を浴びて

夜は暗くするようにしましょう。

 

より具体的にいうと

 

朝にすることは

・起きたらすぐ布団から起きて朝日を浴びる。

(外に出るのが面倒な人は窓際にいくだけでも

OKです。)

 

夜にすることは、

 

・寝る前は部屋を暗くする

・お風呂に入るときは電気を消す

→これは個人的におすすめです。

洗面台の電気をつけて置けば

意外と普通に入れます。

 

逆にしてはいけないことは、

 

朝は、

・布団でいつまでもごろごろする

 

夜は、

・スマホでラインしない

・スマホでゲームしない

・スマホでツイッターしない

・スマホでネットみない

とりあえずスマホは厳禁です!

 

スマホに限らず寝る前には強い

光を見ないようにしましょう。

 

 

=================
知らないと損する!行動スピードを100倍にあげる思考法はこちら
この思考法で富士山に登頂したり20代で100人以上の人を雇えました

=================

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました