バイト前日に寝れない!安眠できない原因と対策

バイト前日はいつも憂鬱でした。

僕はバイトというものがあまり好きではありませんでした。バイトの日が近づいてくるといつも嫌な気分になり、行きたくないな~と思っていました。僕は基本的に人付き合いが苦手なほうなので、年代が違う人と仕事をするバイトは特に苦手意識がありました。

そして、バイト前日になるといつも不安になり、寝付けないこともありました。寝付けない理由として考えられるのは、精神的なものか生活習慣によるものです。バイト前日だけに寝れなくなる場合は、精神的な原因が大きく関わっていると考えられます。

おそらく、寝れない方は、僕のようにバイトに対する不安などがあることが主な原因ではないかと思います。そのため、この記事では精神面により重点をあてて、原因と対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


バイト前日に寝れない原因は?


バイトの前日になると寝れなくなる場合、その主な原因として考えられるのは、精神的なものと生活習慣によるものです。バイトでは年の違う人と関わることが多く、人によっては人間関係に悩んでしまうことも多いのではと思います。

また、学校終わりにバイトに行く場合は疲労がたまったり、寝るのが遅くなるなど、生活習慣が乱れやすくなります。こういった原因によってバイト前日に寝れないという状態になってしまいます。

それでは精神面と生活習慣、それぞれの原因について詳しく見て行きましょう。

精神的な原因

ストレス

バイトでの仕事や人間関係に悩みがあると、バイトの日が近づくにつれそのことについて考えてしまいます。このような悩みなどは緊張や不安などのストレスとなって精神に影響を与えます。

人には体の調子を整える自律神経というものがあり、自律神経には交感神経と副交感神経があります。本来であれば寝る時には副交感神経が優位に働きリラックス状態になります。人はリラックス状態になることでスムーズに眠りにつくことができます。

しかし、ストレスを感じている場合は、交感神経が優位になってしまいます。その結果、副交感神経がうまく働かずにリラックスできないため、眠りにつきにくくなってしまうんですね。


性格

性格によっても寝つきが悪くなりやすい場合もあります。僕自身も内向的な性格なのであてはまりますが、寝る前によく考え事をする方は、寝つきが悪くなりやすいです。その理由は、寝る前に考えごとをすると脳の温度が上がり、交感神経が優位になります。

そのため、リラックスできずに寝つきが悪くなってしまいます。以下のような性格の方は考えごとをしがちな傾向にあります。




  • 内向的
  • 優しい
  • 責任感が強い
  • 完璧主義
  • 真面目




こういった性格の方は、小さなことでも気になりがちでよく考え事をすることが多いです。そして、寝る前にも、今日や明日のことについて考えてしまうことが多くなり、眠りにつきにくくなってしまいます。また、問題や悩みも自分で抱え込んでしまいやすく、ストレスも溜めやすい性格ともいえます。

生活習慣による原因

体内時計の乱れ

バイトが終わる時間が遅い場合は、寝る時間も遅くなってしまいます。就寝時間がずれると、体内時計もだんだんと前にずれてきます。体内時計のリズムがずれると夜になっても眠りにつきにくくなってしまいます。

寝る前のスマホやパソコン

寝る前に強い光を見ると睡眠ホルモンであるメラトニンが減少してしまいます。メラトニンは眠気を促す物質なのですが、光を受けると減ってしまう性質があります。そのため寝る前に強い光を受けると眠りにつきにくくなってしまいます。

スポンサーリンク


バイト前日に寝れるようにするには?

精神的なことが原因の場合

精神的なことが原因の場合はリラックスすることが有効です。リラックスすることで精神的にも落ち着き、眠りにつきやすくなります。解決策にはストレス自体をなくすことが効果的ですが、ストレスの根本原因をなくすのはなかなか難しいと思います。そこでそのストレスを軽減する方法がお勧めです。最も手軽にストレスを軽減できるのがリラックスすることです。

お風呂に入る

お風呂は副交感神経を優位にする働きがありリラックス効果があります。しっかりと湯船につかることで睡眠の質もあげることができます。お湯の温度は熱すぎると交感神経が活発になってしまうので38~40度くらいがベストです。お風呂の電気を消して入ることで眠気を促すメラトニンもでやすくなります。

深呼吸する

深呼吸をすると交感神経の働きが弱まり、副交感神経が働きやすくなります。深呼吸のポイントは肺の空気を全て吐き出すところです。息を吸った後は意識して肺の全ての空気を出すようにしましょう。
深呼吸の手順
  1. 片手をお腹の上に置く
  2. 鼻から息を吸う
  3. お腹が持ち上がるくらいまで吸う
  4. 口をすぼめて肺の空気を全部だすように口から息を吐く
  5. これを3〜10回行う
このようなリラックス方法を行うことで、精神状態が安定し副交感神経が優位になりやすくなります。その結果、リラックスでき自然な眠りにつきやすくなります。

自然の音を聞く

自然の音には心をリラックスさせてくれる効果があります。自然の音には1/fゆらぎというものが含まれています。1/fゆらぎとは規則性のある音と不規則な音がまじりあった音です。人の生体リズムもこの1/fゆらぎであり、自然の音と共鳴することから自律神経が整い、精神を安定させる効果があります。

自分の好きな曲を聴くことでもストレスを減らす効果があります。また、テンポのゆったりした曲を選ぶことでリラックスしやすくなります。



おすすめのリラックスできる曲をまとめた記事はこちら↓

癒しの音楽!!ストレス解消におすすめなバラード曲ランキングTOP15!


生活習慣が原因の場合

体内時計と光を調節する

体内時計が乱れている場合はそのずれを元に戻す必要があります。学校やバイトが終わった後はなるべく早くご飯を食べたりお風呂に入ったりして、夜更かしをしないことが大切です。また寝る前はスマホなどの強い光を見ないようにしましょう。

できるだけ光を見ないことで眠りにつきやすくなり睡眠の質もあがります。生活習慣はどうしても遊びたいという誘惑にかられてしまうと思います。夜更かしは楽しいですもんね。

ですが、夜更かしが習慣化してしまうと、いつも睡眠不足で疲労がなかなか回復しない状態となっていまします。しっかりと睡眠をとって次の日を良い状態で過ごすほうがたくさんの時間を有効に使えます。

たまの夜更かしもいいですが、できるかぎり睡眠時間は確保するようにしましょう。

スポンサーリンク




バイトの前日に辞めるのはいいの?

バイト前に寝れないのはバイトに対して苦痛を感じていることも原因の1つです。

ここでは、もうバイトなんて行きたくない!という場合やめるタイミングはどうすればいいのかをお伝えします。

辞めると決めるとなるともう前日からでもバイトを辞めたいと思いますよね。



しかし、前日に急にやめるのはすでにシフトに入ってるということですよね。そうすると、バイト先にも迷惑がかかってしまいます。そのため、バイトの前日にやめるというのは基本的に避けたほうがいいです。

僕が以前バイトしていたところでも、連絡もなしに急にやめた人がいました。

当然、人手不足になるのでその日に仕事している人にそのしわ寄せがふりかかります。

それでは、辞めるのはどれくらい前に伝えるのがいいのでしょうか?

バイトを辞める連絡はいつする?

その期間はやめる日から2週間前です。これは労働基準法で決まっている期間です。店側もやめることが早くわかっていれば、新しい求人を出すなど、対応もしやすくなります。

そのため、アルバイトの退職を伝えるときは1ヵ月前~2週間前を目安にするのが良いですね。

伝えるときは電話やメールでもいい?

基本的には直接伝えるのがマナーです。辞めることで、バイト先の仕事量や他の人にも影響があります。退職は重要な事柄ですので、電話やメールで済ませるのは避けたほうがいいですね。


最後に


バイト前日に寝れない原因は次の2つです。


  • 精神的な原因
  • 生活習慣によるもの


これらの原因の対策には次の方法が有効です。

精神的な原因


  • お風呂に入る
  • 深呼吸する
  • 自然の音を聞く

生活習慣によるもの


  • 夜更かしをしない
  • 寝る前に強い光を見ない


ストレスはひとによって感じ方が変わります。例えば初対面の人でもすぐに打ち解けられる人もいれば、極度に緊張してものすごくストレスを感じてしまう人もいます。僕はもともと内向的な性格でいつも人の視線が気になっていました。

だから、ちょっとしたことでもすぐにストレスに感じてしまいます。なので、僕にとってバイトというのはストレス大量生産工場だったんですね 笑。もう行く前日からストレスが大量に作られてました。

そんな僕が今では自分に自信持て、ちいさなことでストレスもあまり感じなくなりました。その理由にはいくつかありますが、根源的には自分の考え方が変わったからだと考えています。



僕が自信を持てたのはこれを身に着けたからです↓

マイナス思考になる3つの原因!僕が克服できたのは〇〇したから。



ある出来事が起こったときにそれに対してストレスを感じるかはその人の考え方が大きく関わっています。僕はそれを変えました。以前は悲観的、後ろ向き、自己否定、完璧主義などマイナス思考が基本ベースでした。

ですが、今では楽観的になりちいさなことでもあまり気にならなくなりました。過去を振り返ることから未来に目を向けたともいえます。過去に起こってしまったことはいくら考えてもかえることはできません

ですが、現在そして未来は自分次第で変わります。あの時ああすればよかったと後悔するくらいなら、いま自分に何ができるかを考える方がとても有意義です。今思うと僕がこのような考え方になったのはある本との出会いがあったからだと思います。

いままでにも色々な本を読んできましたが、これほど熱中して、読んだ本はない気がします。普通だとありえないんですが、僕はその本を5回くらい繰り返し読んでいました。

この本はこれまでの考え方の根底を覆しました。僕は今本当に考え方というのは非常に重要だと感じています。考え方は目には見えないんですが、精神に対しては強大な影響力を持っています。

だからこそ悲観的に考え自分があまり好きではない人こそ考え方をかえるべきだと思います。1日やそこらで変えられるものではありませんが、変える努力をしてみて下さい。自分が変わろうとしなければ一生変わることはありませんので。

ちなみに、その本を紹介している記事がこちらです↓

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト