深部体温を下げる2つの方法!重要なのはタイミング!

睡眠の質を上げるには深部体温を下げるのが大切といいますよね。しかし、そもそも深部体温とはなんなのか?そして深部体温をさげるためにはどうすればいいのか?という疑問がでてくると思います。今回は睡眠にとって重要な深部体温とその下げ方について紹介します。


深部体温を下げる方法は?

結論から言えば、深部体温を下げる方法は、「深部体温を少し上げる」ことです。深部体温を体の中の温度のことで、日中は高く夕方頃を境にして徐々にその温度は下がっていきます。深部体温は、温度が低下していっている夕方から夜の間に、温度を上げてあげることによってより下げることができます。寝る前というのは体は睡眠の準備をするため、深部体温は下がっていきます。そのため、温度を上げるとその反動で、深部体温の下がり具合をより急激にすることができます。説明がすこしややこしくなってしまいましたが、要するに、体を暖めるとその反動で深部体温は下がるということです。

続いて深部体温を下げる具体的な方法を紹介します。

深部体温を下げる具体的な方法


風呂

深部体温を下げる最もオーソドックスな方法がお風呂に入ることです。このお風呂は湯船にしっかりとつかることです。お風呂に入ることで手足をはじめとした体の血行がよくなり、お風呂から上がった後に、熱が体外へ逃げていきやすくなります。お風呂の温度は39~40℃くらいがおすすめです。ぬるすぎず熱すぎない程度のお湯に入ることで、適度に体が温まり、その後、深部体温が下がりやすくなります。湯船につかる時は体がしっかり温まるよう、10〜15分程度入るといいですね。また、お風呂に入る時は寝る1時間前が目安です。その理由はお風呂に入ってから深部体温が下がるまでには1時間程度かかるためです。寝る直前に入ってしまうと体が火照って逆に寝付けないということが起きてしまいます。そのため、お風呂は寝る1時間前に入るようにしましょう。

お風呂に入る時間がないときは?

お風呂に入る時間がない!入るのが面倒という方には次の方法がおすすめです。

深部体温を下げるにはお風呂で湯船につかるのが一番良い方法ですが、時間がないときにお湯をはってお風呂に入るのも面倒ですよね。そういったときには次の方法でも深部体温を下げることができます。

足湯

足湯も原理的にはお風呂に入るのと同じで、足を暖めることで熱の放散を起こりやすくします。体の熱は手足から逃げやすいため、手や足を温めてあげることで効率よく深部体温も下げることができます。足湯の場合、お湯の温度はお風呂よりも少し高めの45度程度がおすすめです。時間の目安は10分程度で体がぽかぽかしてくるまでつかりましょう。足湯はお風呂ほど体温上昇が激しくないため、浸かるタイミングは寝る30〜1時間前がいいと思います。一度試してみて丁度いい時間を探してみるのがいいですね。足湯だとわざわざ服を脱ぐ必要もないので手軽にできます。時間のない社会人の方におすすめな方法です。

今回紹介したお風呂や足湯の温度、入るタイミングなどはあくまでも目安です。色々と試してみて自分にとって一番いい方法を探してみてください。

まとめ

深部体温を下げるには
深部体温を少し上げる

体をあたためると元に戻ろうとする
力が働くため、深部体温は低下する
(恒常性、ホメオスタシス)

深部体温は体の中の温度のこと
朝は低く日中に高くなる
夕方頃がピークで夜になるにつれ低下する

深部体温の変化
朝↗︎ 昼↗︎ 夕方→ 夜↘︎

深部体温を下げる方法



風呂
温度は39〜40度程度
入る時間は10〜15分程度
寝る1時間前に入る

足湯

温度は45度程度
入る時間は10分程度
寝る30〜1時間前に入る

風呂、足湯ともに入るタイミングや温度、時間
などは自分に適したものに変えていくと良い

高校生におすすめ!プロ教師の講義動画が見れるサイト!

 



スタディサプリはプロ講師の講義動画が

見れるサイトです。

 

5教科18科目1万本を超える講義動画が

パソコン、スマホで

視聴可能となっています。

 

↓詳細はこちら
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

限定公開!!勉強効率を圧倒的に高める3原則

 

「勉強しても成績があがらない」

「勉強してもすぐ忘れる」

「そもそもやる気がおきない」

「すぐスマホをいじってしまう」

「気づいたらヒカキンの動画を見てる」

 

これはまさに昔の僕のことです。

僕は中学生のころめちゃくちゃ頭が

悪かったんです。

 

特に英語がひどくて29点

とかでした 笑

公民は7点でしたね。

10点満点でなく、100点満点です。

 

そんな僕が高校に上がり、

家庭科のテストでクラス

1位の点数をとりました。

 

そして、総合成績でも3位をとり

その成績をいかして、

受験をせずに指定校推薦で

大学へ進学しました。

 

現在では、会社帰りの電車の中で

3000字以上の文章をぱぱっと

かけるまでになりました。

 

最近は栄養に興味がでてきて

タンパク質について調べまくりました。

 

さらに、勉強が嫌なものから

面白いものへ変わりました。

 

だから、今はどんどん知識を

いれまくっています。

 

勉強ができないとか

嫌いだと感じるのは

あなたがダメなのではなく

あたりまえといえます。

 

 

それは、「知らない」からです。

もっといえば「人間を知らない」からです。

 

「知らない」というのは本当に恐ろしいことです。

 

知らないだけで、何時間勉強しても

すべて忘れるということがおこります。

 

知らないだけで、やる気が起きないのは

自分がだめなんだと自己否定しつづけます。

 

知らないだけで、非効率な勉強のやり方を

ずっとやり続けいつまでも成績があがらない

ということが起こりえます。

 

しかし、知るだけで

頭はよくなりますし、

理解度もあがります。

 

記憶力もあがります。

勉強が面白くなるんです。

 

勉強が面白くなったらまじで

最強です 笑

 

やる気を起こすにも

記憶力を上げるにも

覚えたことを定着させるにも

 

すべて、原則があります。

本屋で売ってる勉強法の本では、

ただ勉強の仕方だけが

書いてあるだけでほとんど役に

たちません。

 

特にテクニックに偏ってるので、

使える場面が少なすぎます。

 

そして、体系的にまとまっていないので

結果がでずに読まなくなります。

 

勉強する上では、総合的に身に着けなければ

いけない知識が3つあります。

 

これらは、それぞれを学んでも意味がなく

3つすべてを総合することで初めてその

力を発揮します。

 

今回、その3つをまとめて学べる記事を

作成しました。これらは、より希少性の高い

知識となるので、メルマガ読者限定で

公開します。

 

登録者には限定の記事ページのURLと

パスワードを無料で公開します。

 

脳をアップデートして上の世界を

目指したいかたはどうぞ。

 

これは誰でもできます。

知ればいいだけですので。

 

 

無料メルマガ登録はこちらです↓

人間の仕組みに基づいた最強の勉強法が見れる無料メルマガはこちら

 

ちなみに、これは根源的に

僕が師としている学生起業家の

思考がベースにあります。

 

その方は、一般企業を

コンサルするほどのスキルを

持っています。

 

その方の思考が学べるに

近いので、かなり希少な情報と

なっています。

 

記事は公開をやめる可能性も

ありますので、知りたい方は

今のうちです。

 

スピード力って大事です。

その瞬間を逃すと気付いた

時にはもう、得られないそんな

ことがこの世界では日常茶飯時です。

 

スピード力、決断力、即行動力

これをつけましょう。


 

昔の僕は超ダメ人間でした。

 

人前での発表では過呼吸になり

声が震えてしゃべれない。

 

英語のテストは29点。不登校、人見知り。

コミュ症、ネガティブ、マイナス思考。

僕は頭脳、メンタルともに終わってました。

 

そんな、僕が「知った」たったそれだけで

本当に人生がかわりました。

 

 

まずはこちらの動画を見ていただきたいと

思います。自分で聞き返してめちゃくちゃ大事な

こと話してるな~と思いました。

 

 

情報には重要度があります。

しかし、今は情報がありすぎて、

それが隠されている状態です。

 

だから、重要な情報を判断し

引き上げる作業が必須です。

しかし、それも情報を持たざる者には

できないという現状。

情報がないと重要かどうかの判断が出来ないんです。

 

僕は、偶然その情報をを持つ人から

学ぶことができました。

 

僕は断言できます。

情報・知識は人を変える。人生を変える。

ということを。

 

だから、知らないのは

本当にヤバいです。

 

自分が嫌いで、自信がなかった

僕が自信をもてました。

 

これも、知識を得たからです。

 

これは、誰でもできます。

僕でさえできました。

 

僕が生まれ変われた本質といえる

知識を以下の記事で紹介しています

 

勉強、筋トレ、ダイエット、レポート作成

あらゆる分野で使える超汎用性の高い

重要な知識を公開します。

 

正直、無料で出すのはもったいない

くらいの知識をつめこんでます

 

詳しくはこちら

僕が数多くの実績を積み、超高速で行動できるようになった3つの行動原則

フォローする