16時間睡眠とうつとの関係とは?寝すぎてしまう理由とは?



うつ病になると睡眠に関する障害が起こることが多いとされています。1日16時間睡眠など、寝すぎてしまう場合も、うつ病が原因となっている可能性があります。今回は睡眠とうつとの関係や、長時間寝てしまう原因についてお伝えしていこうと思います。



スポンサーリンク


うつと睡眠障害は同時に起こりやすい?

うつになった方のほとんどの方は睡眠障害を抱えているとされます。うつと睡眠はニワトリと卵のような関係で、うつになることで睡眠が乱れ、睡眠の乱れによってさらにうつが進行するという状態になります。逆に言えば、長時間寝てしまうことで、うつ病になるとも言えます。

また、うつ病と同時に起こる睡眠障害としては、なかなかねれなくなる不眠症と、寝すぎてしまう過眠症があります。それぞれの割合は不眠症が8割、過眠症が2割程度と言われています。

16時間などの長時間睡眠になるのはなんで?

長時間寝てしまう人の特徴としては、マイナス思考型でストレスにあまり強くないということがあります。人はストレスを抱えすぎるとその、疲労を回復させるために長時間の睡眠をとるとされています。そのため、ストレスが主な原因とされるうつ病では、不眠になることもあるんですね。

うつ病における過眠症を治すには?

うつ病の原因は精神的や肉体的なストレスとされていますので、まずは十分な休息をとること必要になります。そのため、うつ病の初期段階では睡眠時間が長いことは悪いことではありません。たっぷりと睡眠をとって体を休ませることが大事です。

しかし、ずっと寝ていてばかりではよくはならないので、段階的に活動する時間を増やしていく必要があります。

うつ病の治療法として効果的なのが、次の2つです。


  • 太陽の光を浴びる
  • 適度な運動をする

太陽の光を浴びる

これは光治療とも呼ばれますが、朝日を浴びることによって体のリズムが整い、セロトニンの分泌も増やしてくれる効果があります。セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、セロトニンが増えることで精神が安定し、気持ちを落ち着かせてくれる効果があるとされます。

太陽の光は規則正しい生活を送り、睡眠のリズムを整えるためにも、重要なものです。1日の始まりには太陽光を浴びるよう心がけてみてください。

運動する

運動をすることで、気持ちが晴れて元気になるのは経験的に知っていると思います。運動が体に良いとうのは医学的にも証明されており、運動をすると脳が活性化したり、血流がよくなるからと言われています。

また、運動によって適度な疲労を体に与えることで、睡眠の質を深くなります。このような理由から、うつ病になった場合は適度に運動することが効果的な方法となっています。

まとめ

長時間睡眠とうつはニワトリと卵のような関係

強いストレスを感じると過眠症になることがある

うつの初期段階では休息が大切なため、
睡眠をとることは大切

その後徐々に活動時間を増やす

うつ病の改善方法には

・太陽光を浴びる
・運動する

がある。



僕は中学校のころ不登校でうつ状態でしたが、いまでは普通に生活することが出来ています。

僕がうつ状態から抜け出た理由はこちら↓

[A url=”http://kuririn007.net/archives/1058″]





スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする