せんべい布団で腰痛が辛い!体や背中が痛いならマットレスで対策すべし!

せんべい布団で寝ると腰痛になったり、

体が痛くなったりしませんか?



実はそれは、人の体の構造的になって当たり前なんです。



僕は、いつもマットレスひいて寝てるんですけど、

あるとき、布団だけで寝たことがありました。

マットレスなしはせんべい布団に近い状態です。



そのときは、起きると体中バキバキで全身が痛かったです。

この時はじめてマットレスのありがたみを知りました。





そこで、今回は


  • せんべい布団で腰痛になる理由
  • 腰痛にならない寝方
  • 腰痛にならない布団選び


を紹介します。



スポンサーリンク


せんべい布団で腰痛が辛い!体や背中が痛いならマットレスで対策すべし!




そもそもせんべい布団で寝ると腰痛になる理由とはなんなのでしょうか?

せんべい布団で腰が痛くなるのは、寝るときに腰が浮いてしまい、背中がそってしまうからです。



人の背骨は、まっすぐではなくS字のカーブを描いています。

なので、せんべい布団のような硬い布団で寝ると、肩甲骨とお尻の部分があたり、その結果、腰が浮いてしまうんですね。

腰が浮くと、腰に負荷がかかるので腰痛の原因となります。



せんべい布団でねると腰に大きな負荷がかかってしまうことで、腰痛になるということです。

同様に、すのこベットに布団を敷いてる、または、フローリングに布団のみを敷いて寝ている場合も腰痛になりやすくなります。


今日からできる解消法

解消法としては、腰への負荷を軽減することです。

腰痛になるのは腰に負荷がかかりすぎていることが原因ですので、その負荷を和らげてあげることが大切になります。



負荷を和らげるには以下の方法があります。

ひざをたててひざの裏にクッションをはさむ

これをすると、浮いていた腰が地面と密着し、腰にかかっていた負荷を背中全体で支えることになります。
そうすることで、腰への負担が軽減され、腰痛がよくなるんですね。



ただ、これは対症療法なので、根本原因の解決にはいたりません。

そこで、重要なのが布団です。

腰痛の原因は布団にあるので、布団を変えることが必要になります。


マットレスを使う

せんべい布団で腰痛になる場合はマットレスを使うのがおすすめです。



マットレスには、体の圧力を分散させる働きがあります。そのため、腰だけに負荷がかかることを防ぎ、腰痛の解消に役立ちます。



マットレスはまじで重要です。



体痛くなりません。僕は敷布団とマットレスで寝てますが腰痛になったことないです。

そして、これまで、起きたら体痛いという経験がないです。



体痛くなるのはは、久々に運動していつも使わない筋肉使って、筋肉痛になったときくらいです。



僕の中では布団は、敷布団とマットレスでセットなんですね。

マットレスを引くと、床に寝てる感じも全くないです。ふかふかで、いい感じに布団が体を支えてくれてます。

逆に僕はマットレスなしで寝るのは辛いです。
前に、別の部屋で寝る時マットレスもってくるのめんどいから、敷布団だけでいいやー。と敷布団だけで寝たことがありました。

すると、翌朝、体がめっちゃ痛くなりました。
なんじゃこりゃーっ??て思いました。

マットレスってそんな大事なもんだったんかー!とその時初めて気がつきました。

敷布団とマットレスで寝るのが当たり前だったんで、マットレスがどれだけ重要な役割を果たしてるか知らなかったんです。



と、そんなわけで、せんべい布団でねてて朝起きたら腰痛とか、背中とか痛くなるならマットレスを敷くのがおすすめです。

そして、この機会にいっそのことせんべい布団も買い換えるのもありかもしれません。



ふかふかの敷布団とおニューのマットレスなら体の痛みを減って睡眠の質も上がるはずです。


マットレスはどれがいい?

マットレスがいいのはわかった。けど実際買うとなると何がいいかわからないですよね。

そこで、まずはマットレスの種類について見ていきたいと思います。

マットレスには2種類あり、それぞれ


  • 低反発マットレス
  • 高反発マットレス


となっています。なんとなく言葉だけは聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか?

しかし、実際のところこれらは何が違うのかよくわからないですよね。



なんとなく、低反発は柔らかくて、高反発は固そうみたいなイメージですよね。

では、低反発と高反発の何が違うかというとそれは、

寝心地と寝返りです。



続いてはこれらのマットレスの違いについて詳しく見ていきたいと思います。


低反発マットレス

低反発マットレスはもともとNASAで開発された技術をもとにしてるというから驚きです。
ロケットの打ち上げの際の宇宙飛行士にはものすごい衝撃がかかるのだそう。そして、その衝撃を和らげる目的でつくられた素材を応用して作ったのが低反発マットレスです。



低反発マットレスは衝撃の吸収力が高いため、高反発に比べて、反発がゆるやかです。



大きな圧力がかかったとしても、時間差でじわーっと元に戻る感じですね。

なので、寝たときにいったん沈んで、すぐに反発せず、時間をかけてゆっくりと元に戻ります。



そのため、いい感じに体にフィットするので、気持ちいいです。

体の形に合わせてマットレスが変化してくれるので、寝心地がよくなるんですね。



人は寝たときに、肩甲骨とお尻がでるようになっています。背骨がS字だからですね。

なので、硬い床などでねると肩甲骨とお尻に負荷がかかりすぎてしまうんですね。



低反発マットレスはそのゆるやかな反発力で、負荷のかかりやすい、肩甲骨とお尻に合わせて体にかかる圧力を体全体に分散させてくれるんです。



一か所だけに負荷がかかりすぎるのを防ぐ働きがあるんですね。



続いては高反発マットレスです。


高反発マットレス

高反発マットレスも低反発と同様に、体にかかる圧力を分散させてくれる働きがあります。

大きな違いは寝返りの打ちやすさです。



低反発マットレスは寝心地はいいのですが、衝撃を吸収してしまうので寝返りが打ちづらいんですね。

なので、寝返りするのに無駄なエネルギーがかかってしまいます。その結果、翌朝に疲れが残ってしまうこともあります。



高反発マットレスの場合は、低反発に比べやや固さはありますが、反発力が高いので、寝返りがしやすくなっています。なので、自然な寝返りを打ちやすいという特徴があります。



ただ、女性や子供など体重の軽い人だと、反発力が大きすぎて体がフィットしないこともあります。なので、高反発は男性や体ががっしりした人向けとなります。


高反発と低反発マットレスのまとめ

まとめると、

低反発マットレスは
寝心地がよくて、寝返りが打ちずらい

高反発マットレスは
寝心地は固いけど、寝返りが打ちやすい

ということですね。

マットレスはどれがいい?

僕が今使っているのはトゥルースリーパー プレミアムです。 トゥルースリーパーは低反発のマットレスとなっています。

僕のは敷布団の上に重ねて使うタイプで、 トゥルースリーパーに布団カバーをかけてその上で寝てます。

朝起きて体が痛いということもありませんし、腰痛になったこともありません。

ちなみに、僕の母親は以前は腰痛で悩んでいましたが、 トゥルースリーパーにしてから腰痛もなくなって、ぐっすり寝れるようになったといっていました。





トゥルースリーパーはこちら↓




睡眠の質を高めるためには寝具見直すのって大事だときづいた今日この頃です。



スポンサーリンク

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト

フォローする