走るの嫌いな僕でも汎用性の高い情報を知ったら10km走れた!

では、続きです。



前記事はこちら

情報には重要度があるって知ってた?諭吉5枚とうまい棒5000本で例えてみた!!



お金に相当する、情報。



それは、曖昧な情報です。

ふわっとしていて当たりどころが

ない。そんな情報です。



でも、すごく大事なんです。







僕が、これはまじで使えるという

汎用性の高い情報を1つお伝えします。







それが、



ハードルを下げる。

です。



スポンサーリンク




ハードル下げはまじでえげつないほど重要な知識!絶対おさえとくべき!



ハードルを下げる。



言葉で言えば。

たった、これだけです。







ですが、これまじで

えげつないですよ。



ほんとに。



僕のこれまでの実績は

ほぼ、これを意識したからこそ

達成できたといえます。



ブログ100記事とか。

富士山登頂とか。

ランニング10km走破。

9600文字の記事。



これらですね。







全て、ハードルを下げたから

できたんです。





なぜ、ハードルを下げるといいかというと

単純にやりやすくなるからです。



例えば、英単語を

1日100個覚えるのと、

1日1個覚えるのなら、

どちらができそうですか?





普通に考えれば1日1個の

ほうができそうですよね。





なぜ、1日1個だとできるのか?



それは、ハードルが低いからです。

たった1個なら楽々覚えれます。



でも、100個だときつい。



ハードルが高いんです。



100を1にすることで

ハードルを下げてるんですね。





ちなみに、

ハードルを下げるなどの

汎用性の高い情報を扱う時は

具体的な方法に落とし込む

必要があります。



なぜなら、汎用性が高いと

具体的になにをすべきかが

曖昧だからです。





英単語で言えば

1日100個ではなく1個覚える。

ですね。



ハードルを下げるという情報は

これだけみても実際に

何をすればいいかがよく

わからないんですね。



その理由は、

曖昧な表現だからです。



だから、具体的な方法を

考えなければいけません。



スポンサーリンク




走るの嫌いな僕が10km走れたのはハードルを下げたから!



では、今回は僕がランニングで10km

走ったときを例に考えてみます。



ランニングを10km走る時。

これをいきなりやるのはきついです。





僕はそもそも走るのが嫌いです。

特に長距離。





中学校や高校ではなぜか冬になると

体育で長距離を走るんですよね。



ほんと、やめてほしいです 笑

普通の体育の授業やってくれって

思います。





まあ、それは置いといて。



ランニングで、ハードルを下げるという

知識を活用してみます。





さっきの英単語の例と同じように、

数を少なくするのがよさそうですね。





いきなり10kmではなくまず

5kmもしくは1kmとかですね。





僕もランニングやったときは

最初1kmからやりました。



10kmが目標でしたけど、

体力なさすぎで

「どう考えても無理だろ」

って思ったからです。。



なんで、最初はハードル下げて

「1kmからやろー」と思ったんです。





で、1週間くらいずっと1km

ばっか走ってました。





すると、不思議なもので1kmを何度も

走ってると、「2kmもいけんじゃね?」

と思うんです。



1kmになれるんですね。

案の定2kmも走れました。

きついのはきついですけと。



人はうまくいくとすぐ調子にのります。

「あれ?おれ結構できんじゃね?」

「おれ、最強やわwwww」

と思うんですね。





でも、案外この調子のり思考が使えるんですよ 笑





で、さらに2kmを繰り返すと

「3kmもいけんじゃね?」

という気になります。





そして、走ってみたら

3kmもいけました。





僕はこのように少しづつ

走る距離を増やしていきました。



そうすると、5kmが走れ、

7kmが走れ、最終的に10kmを

走破することができました。





まあ、走れるとはいえ、

10kmはまじでしんどかった

ですけどね 笑



あしががくがくで

もう限界とっぱしてました。



でも、走れたんです。



最初は2〜3kmできつかった

そんな僕でさえも。走りきれました。





このように、ハードルを

下げるというのは難しい目標を

達成するうえでは非常に使える

考えかたです。



なので、なにかを途中でやめてしまった

経験がある方はハードルを下げるという

知識を使ってみるのがいいかと

思います。





ランニングの10km走破というのは、

ハードルを下げた1つの例です。





ハードルを下げるというのは

ランニングに限らず、さまざまな

場面で使えます。



勉強とか、仕事とか、掃除、

ダイエット、筋トレなどなど。



ハードルを下げる。



これをわかりやすく言えば、

簡単にする、

楽々こなせるようにする

ということです。



なので、どうすれば

簡単にできるか?というのを

考えることが大切なんですね。



これが、できるといろんな事が

達成できるようになります。





例え、多くのひとが無理だと

思うようなことでもです。





ハードル下げは

本当に使える知識ですので、

ぜひ活用してみて下さい。





と、今回のテーマは、

汎用性の高い情報についてでしたね。





ハードルを下げる、

というのは汎用性が高い情報だと

いうのがわかったでしょうか?



英単語の勉強でも使えますし、

ランニングでも使えます。



勉強でいえば、英国数理社どれでも

使えます。



やり方は考えないとだめですけどね。





このように、

ハードルを下げるという知識は

いろんなとこで使える

万能な知識なんです。



汎用性が高い知識です。





逆に汎用性の低い知識とは

英単語を1日100個ではなく1個覚える。

とかです。



具体的な方法のことですね。





これは、英単語を覚えるとき

しか使えません。









具体的な知識ではなく、

いろんな場面で使える

汎用性の高い知識を

得る。



ぜひ、意識してみて下さい。





超大事です。



スポンサーリンク





オンライン暗記塾はじめました!

 

ちなみに、僕は現在

オンライン暗記塾を運営してます。

 

主に、高校生向けに暗記のやり方を

教えてる感じですね。

 

これまで、指導した高校生は

2400人以上です。

 

 

 

 

教えてる高校生はバシバシ成績伸ばしてます。

 

 

 

僕が教えてるのは暗記のやり方です。

 

正直、テストは暗記ができれば

どの教科ででも点数取れます。

 

 

 

実際僕の教え子は

いろんな教科で高得点をとってます。

暗記のやり方教えてるだけにも

関わらずです。

 

 

ちなみに、

これまでもらったテスト結果報告はこれ

 

・生物 54点→80点

・英語 24点→41点

・英語 50点→98点

・社会 60点→90点

・日本史 81点

・世界史 94点

・世界史 97点

・英語表現 88点

 

 

他にも、

過去最高得点取れたとか

学内順位100位上がったという

人もいましたね。

 

最近だと

「テストができすぎて怖い」

という報告をもらいました 笑

 

そこまで効果あるものなのだな〜と

改めて暗記法の強さを知りました。

 

 

やはり、暗記力つよしですね。

 

しかも、本質的な知識なので

教科をまたいで成績上がります。

 

 

ちなみに、僕はもともと

成績良かったわけではなくて

普通にテストで7点とかとってました 笑

 

 

そんな頭悪い状態でしたけど、

暗記のやり方を知ってから

98点とか取れたんですよね。

 

自分でもビビりましたけど 笑

 

 

そっから、大学にも現役で受かって、

国家試験も1発で取れました。

 

 

 

 

暗記力知ってると

知らないではまじでその後の

結果が大きく変わります。

 

 

これを知らないのは

僕は恐怖です。

 

 

 

暗記のやり方知らないと、

まずテストで点取れないんですよね。

 

あと、恐ろしいことに

勉強した時間全て無駄になることも

あるんですよ。

 

 

何でかというと、暗記力って覚える力

何ですけどそれ知らないとどんだけ

やっても忘れるということが起きるからです。

 

 

 

暗記力ないと、10時間勉強しても

その内容全部忘れるんですよ。

 

 

 

すると、テストで思い出せないんで、

赤点で追試になります。

 

結果、最悪学年上がれず

後輩と一緒に授業受けることになったり。

 

これ、地獄ですよね。。。

 

 

 

 

暗記力ないのってそれだけ

恐ろしいことなんですよね。

 

努力が全て無駄になるんですよ。

 

実際、昔の僕もそんな感じで

やってもやっても点数上がらん状態でした。

 

 

 

僕は他から見ればかなり優等生でした。

超真面目で授業もちゃんと受けますし、

黒板も完璧にノートに写します。

 

にも関わらず、テストは

いっつも赤点なです。

 

やばくないですか?

 

 

 

真面目に授業受けてるのに

赤点なんですよ。

 

 

これも、暗記力なかったから

起こってしまったことなんですね。

 

 

結果、自分に自信なくなって

精神的に病んでうつになりました。

 

 

あの時は、地獄だったな。。。。

生きてる価値を感じられなかったです。

自分のクソさに嫌気がさしてました。

 

 

 

 

でも、それもただ暗記のやり方

知らなかっただけだったんですけどね。

 

 

 

でも、残念なことに暗記のやり方って

学校とか塾では教えてくれないんですよね。

 

 

暗記は、脳の知識なので、

学校や塾ではまず知ることが

できないんです。

 

彼らは自分の専門教科は超

詳しいんですけど、脳科学の

知識は全くないんですよね。

 

まあ、当たり前ですけど 笑

 

 

僕も偶然、慶應の大学生から教えてもらって

気が付いたんですけど、まじで

えぐいですよ。

 

 

暗記力知ったらテストでいい点取れるし、

大学にも受かります。

 

しかも、おまけに国家試験でも

使えるとう神知識です。

 

 

 

で、僕の場合は成績伸びた結果

自分に自信もつきました。

 

僕はコミュ障で、女の子と話すの超苦手

何でしたけど、最近デートもできました。

 

僕は今26歳ですけど、

24歳の看護師の女の子とか、

25歳の社会人の女の子とか、

29歳の医療系で働いてる子とかと

デートしました。

 

 

昔の自分からしたらまじで信じられないです。

年齢=彼女いない、目を見て話せないとか

そういうレベルの人だったんで。

 

 

成績上がると

自分に自信ついて行動力も上がります。

だから、積極的になれるんですよね。

 

 

慶應の師匠、暗記力教えてくれて

まじであざっす!って感じです。

 

 

 

他にも自信ついた結果

富士山も登れましたし、

ブログの記事を200記事もかけました。

 

最近では、20代で人雇ったり、

ブログ運営したり、Youtubeで

暗記法の動画とったりもしてます。

 

コミュ障でYoutuberみたいなこと

やっててまじで意味不明ですね 笑

 

昔の僕が今の僕を

見たらビビるでしょうね〜

 

 

ちなみに、僕は今暗記のやり方を

公式LINEで教えてたりします。

 

今はライン追加者も2000人以上になりました。

 

教える人増えすぎてるので

そろそろ教えるのやめようかなとか

思ってます。キャパ的に厳しいので 汗

 

なので、知りたいなら

今のうちですよ〜

 

詳しい内容はこちら

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ゆう@暗記サポート】

公式ライン登録者数2333人

(2019年5月15日時点)

成績がアップする高校生続出!?

 

慶應生から学んだある【勉強法】とは?

 

詳しくはこちら↓

なぜ暗記が超苦手で暗記科目のテストで7点を取っていた僕が期末テストで98点をとれたのか?その勉強法を教えた高校生が英語で50点から98点に上がった勉強法とは一体なんなのか??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー