[閲覧注意!!]ブラックペアン置き忘れに隠された真実とは!?

この記事ではブラックペアンに隠された本当の意味について書いています。

完全なネタバレですので、知りたくないかたは注意してください。



スポンサーリンク




[閲覧注意!!]ブラックペアン置き忘れに隠された真実とは!?

時は17年前・・・



渡海の父親である渡海一郎が医療技術導入のため

東城大学に赴任してきました。



当時の、東城大学の大林教授はその技術に否定的であったが、

佐伯教授はその技術の価値を認めたのです。



そして、佐伯と渡海の父親は良好な関係となりました。



とある日、佐伯が海外での学会発表のため、

渡海の父親に留守のフォローをしてもらうこととなりました。



すると、

佐伯が学会にいっている間に

急患で入ってきた患者が・・・・



渡海の父親はその患者の

X線をみて衝撃を受けました。



なんと、

その患者の体の中にはペアン(止血用鉗子)が

置き忘れられていたのです・・・



そして、

実はその患者の手術をした医師が佐伯である

ことを知ってしまいました・・・



つまり、ペアンを置き忘れたのは

佐伯教授だったのです。



渡海の父親はその件を大林教授に報告しました。



しかし、大林教授はなんと佐伯教授からその事実をすでに聞いており、

隠ぺいをしていたんです。







渡海の父はペアンを取り出そうとするが、佐伯から

「ペアンの摘出は行ってはいけない」という電報を受けました。



そして、ペアンが残っている事実を隠すために、渡海の父は

離島の病院に飛ばされてしまいました。









ドラマの第一話のラストででてきた

ペアンが残ったX線の写真と「渡海一郎」

という名前はこの17年前の過去を表すものだったんですね。



渡海の父親が飛ばされたことによって渡海征司郎(嵐の二宮和也)

は佐伯に対して自分を守るためなら、人の犠牲はいとわないという

人間だと思ってるんですね。







だから、今回、最新医療技術スナイプの導入をしようとした

高階権太(小泉孝太郎)が、渡海の父親に似ていて嫌っている。

そう渡海征司郎(嵐の二宮和也)は考えているんです。





しかし・・・・



事実は違いました。



スポンサーリンク




ブラックペアンの本当の意味とは?隠された真相はこれだ!!



時は現代に戻ります。



佐伯は病院の院長選挙のために出張することになります。



そして、佐伯の出張中に

腹部が痛むという患者が病院へ・・・



その患者のX線を見るとなんと腹部にペアンが写っていました。

そう、佐伯が手術を行った患者だったんです。



渡海征司郎(嵐の二宮和也)すぐさまその患者から

ペアンを取り除く手術を行おうとします。



渡海は患者の手術者が佐伯だと知り、電話で佐伯にその

ことを伝えます。



しかし、佐伯からはペアンを取り出してはいけない

と止められます。



渡海はその言葉を無視して手術を強行します。



そして、ペアンを取り除くことに成功しました・・・





・・・



・・・





・・・



しかし、



ペアンを取り除くと

大量の出血が。。。





その出血は渡海の腕をもってしても止めることは

できませんでした。



そして、急いで病院へ戻った佐伯が到着。

佐伯はいいました。



ペアンは置き忘れたのではなく

病む負えずに残したのだと・・・



仙骨前面の静脈をやぶったらペアンで止血するしか

方法はなかったんです。







つまり、

置き忘れたのではなく

外せなかったんです。



しかし、佐伯はその事実を患者や家族を納得させられる

自信がありませんでした。そして、その事実を隠したまま

患者を退院させました。



佐伯は、学会から帰った後に渡海の父親にそのことを

説明するつもりでした。



しかし、病院の教授などが佐伯の意図を勘違いして、

渡海の父親を飛ばすという行動にでてしまったんです。







そして、その後佐伯はブラックペアンを特注し手術道具として

使用するようになりました。



ブラックペアンは自分への戒めだったのです。

自分の手術技術に溺れないことができたのはブラックペアンの

存在があったからだったんです。



彼はブラックペアンを使ったとき、

それは自分が外科医をやめるとき

だと言いました。



そして。。。



今回、佐伯はブラックペアンを使い止血をしました。





佐伯は本当は渡海の父親に戻ってきてほしかった。

しかし、渡海の父親はそれを拒否しました。



佐伯はどうしても罪滅ぼしがしたくて渡海の父親にお願いしました。

そして、渡海の父親は佐伯に1つの頼みをしました。



その頼みとは、

自分の息子である渡海征司郎(嵐の二宮和也)を

1人前の外科医に育てあげてほしい

ということだったのです。



これが、ブラックペアンに隠された秘密です。



と、ここで1つ疑問が・・・



佐伯はブラックペアンを使うときは

外科医をやめるときだといっています。



しかし、「ブラックペアン普通に使ってるのでは?」

ということです。



ブラックペアンは使うことで手術の成功を

意味していました。



ですが、この場合の使うという意味は少し違います。



これは、ブラックペアンを止血のために

体内に残して置くという意味の使うです。



体内にブラックペアンを残す、それは自分の

医療技術のなさを意味するだと思います。



だからこそ、過去にやってしまった失敗を二度としない

という意味で、ブラックペアンを使ったときは

外科医をやめる時だといっているんですね。



そして、最後には止血のためブラックペアンを

使ってしまうこととなります。



ブラックペアンは特注のカーボン製なのですが

実は、このカーボンはレントゲンには写らず

火葬されたときも燃えてあとには残らないんです。



スポンサーリンク





天才外科にはなれなくても、思考を鍛えることは

できます。



思考を鍛えるのにお勧めな記事はこちら!
汎用性の高い情報についての記事です。



思考というのは非常に大切で、考え方一つで

結果は大きく変わるものなんです。



例えば、脳が記憶する仕組みを理解すれば

記憶力を上げることもできます。


やる気を出す方法を理解していれば、

意図的にやる気を起こすこともできます。


習慣化の法則を知っていれば、

普通だと続けられないもの、

例えば、勉強、ダイエット、筋トレ

などを継続できます。


こういったものは、すべて思考を

変えるだけでいいんです。



考え方を変えるだけで達成できてしまいます。



でも、ほとんどの人はそのことを知らないんです。



無知というのは本当に恐ろしいです。

僕は知識を得て人生が変わったからこそ

そのことが断言できます。



ぜひ、結果を出したい、今の現状を変えたい

かたは上の記事をみて考え方を変えてみてください。



知るだけでできますから。



僕は、主に思考の枠組みを変えるような

記事を書いていますので、

ぜひ、読んでみてください。

上位思考習得プロジェクト、ついに始動。

勉強ができないのはあなたの
能力がないからではない。

 

「知識」がないからだ。
ただ、「知らない」だけ。

 

上位思考プロジェクトとは、
簡潔に言えば、勉強法を学べる
メルマガです。

 

と言っても、お伝えするのは
学校では決して教えてくれない
情報です。

 

 

勉強するときは、

何を勉強するか? what
どうやって勉強するか? how

この2点が大事です。

 

 

しかし、学校で教えてくれるのは
whatのみ。

でも、本当に重要なのはhowの部分です。

 

そのhowとは何かと言うと・・・

続きはこちら↓

上位思考習得プロジェクト